トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石田千

石田千

石田千さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石田 千(いしだ せん、1968年6月4日- 、女性)は、日本のエッセイスト、小説家、東海大学教授。福島県生まれ、東京都育ち。國學院大學文学部卒業。
大学在学中から16年間に渡って、嵐山光三郎の助手を務める。2001年、『大踏切書店のこと』で第1回古本小説大賞を受賞。2011年、『あめりかむら』で第145回芥川賞候補。2012年、『きなりの雲』で第146回芥川賞候補、第34回野間文芸新人賞候補。2016年、『家へ』で第154回芥川賞候補、第38回野間文芸新人賞候補。古風な下町感覚のエッセイを書く。2016年より東海大学文学部文芸創作学科教授。
踏切への造詣が深く、各地の踏切を見聞している。踏切に関する著書もある。ただし、鉄道ファンではないと明言している。
=
*『月と菓子パン』(晶文社、2004年/ 新潮文庫、2007年)
*『踏切趣味』(筑摩書房、2005年)
*『屋上がえり』(筑摩書房、2006年)のち文庫 
*『ぽっぺん』(新潮社、2007年)
*『部屋にて』(角川書店、2007年)『野性時代』連載
*『しろい虹』(ベストセラーズ 2008年)
*『山のぼりおり』(山と渓谷社、2008年)
*『踏切みやげ』(平凡社、2008年)
*『店じまい』(白水社、2008年)
*『きんぴらふねふね』(平凡社、2009年)
*『平日』(文藝春秋、2009年 文春文庫、2012年)
*『並木印象』(平凡社、2011年) 
*『みなも』(角川書店、2011年)
*『あめりかむら』(新潮社、2011年)
クリ(『新潮』2004年10月号)
:カーネーション(『新潮』2006年6月号)
あめりかむら(『新潮』2011年2月号)
*『きなりの雲』(講談社、2012年)
*『役たたず、』(光文社新書、2013年)
*『バスを待って』小学館 2013 のち文庫 
*『きつねの遠足 石田千作文集』幻戯書房 2013
*『もじ笑う』芸術新聞社 2014
*『夜明けのラジオ』講談社 2014
*『唄めぐり』新潮社、2015 
*『家へ』講談社、2015年 
*『からだとはなす、ことばとおどる』白水社 2016年

石田千新刊

  • 発売日
    2017年5月24日
  • 書名
    箸もてば
  • 発売日
    2017年3月16日
  • 書名
    きなりの雲 (講談社文庫)

受賞歴

石田千関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石田千関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

qmabungaku【線結び】次の第145回芥川賞の候補となった小説と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい[A.ニキの屈辱|B.あめりかむら|C.ぬるい毒][1.山崎ナオコーラ|2.石田千|3.本谷有希子]→A-1、B-2、C-3
hiroizmjp残業の帰路、乗り継ぎ電車を待ちつつ読むのは石田千「バスを待って」。コーマック・マッカーシー好きには過酷なノホホンワールドで脳が溶解しそう。ある意味すごいっす #本 #文学 #読書… https://t.co/q2poliERwK
JJshinohara石田千さんの文章はあたたかい。やさしい。リズムがここちいい。漢字と仮名の選び方もすてきだ。PCで書くと、ついつい漢字に変換してしまう。それがない。一回読んでほっこりする。二回読むとうなる。 https://t.co/zQ6YooYN0n
sideY_Seigun#あなたの致命的な短所石田「私に短所という脆弱な物など無い‼︎」毛利「脆弱かどうかは別とし様が、貴様は短所の寄せ集めにしか見えぬが?」大谷「毛利よ、ぬしの短所は他の袋の尾を踏み千切る事よ。」黒田「お前さんらがもう少し慎重に歩けば、踏まずに済んだもんが沢山あったろうよ。」
namo804COLORFUL BOX / Animetic Love Letter :石田耀子/宮森あおい&安原絵麻&坂木しずか(cv.木村珠莉&佳村はるか&千菅春香) https://t.co/AWPtggp0eb #AmazonMusic
__ayu7_do【#拡散希望】*コレクションリフィール交換譲)グー 山木チョキ 秋山パー 生田 佐藤求)石田 全種*キスマイスクリーマーズゴム譲)千賀 二階堂 宮田 横尾求)玉森 https://t.co/Qa1BBGo8yQ
OxEQkLs8l39MBW1石田千さんは妙な中毒性があるよね。いたってほんわかしてるのに、隠し味に微妙な「苦味」があって、そこにやられちゃう気もするのでした。 https://t.co/iyBMJPYl7V
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)