トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石田千

石田千

石田千さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石田 千(いしだ せん、1968年6月4日- 、女性)は、日本のエッセイスト、小説家、東海大学教授。福島県生まれ、東京都育ち。國學院大學文学部卒業。
大学在学中から16年間に渡って、嵐山光三郎の助手を務める。2001年、『大踏切書店のこと』で第1回古本小説大賞を受賞。2011年、『あめりかむら』で第145回芥川賞候補。2012年、『きなりの雲』で第146回芥川賞候補、第34回野間文芸新人賞候補。2016年、『家へ』で第154回芥川賞候補、第38回野間文芸新人賞候補。古風な下町感覚のエッセイを書く。2016年より東海大学文学部文芸創作学科教授。
踏切への造詣が深く、各地の踏切を見聞している。踏切に関する著書もある。ただし、鉄道ファンではないと明言している。
=
*『月と菓子パン』(晶文社、2004年/ 新潮文庫、2007年)
*『踏切趣味』(筑摩書房、2005年)
*『屋上がえり』(筑摩書房、2006年)のち文庫 
*『ぽっぺん』(新潮社、2007年)
*『部屋にて』(角川書店、2007年)『野性時代』連載
*『しろい虹』(ベストセラーズ 2008年)
*『山のぼりおり』(山と渓谷社、2008年)
*『踏切みやげ』(平凡社、2008年)
*『店じまい』(白水社、2008年)
*『きんぴらふねふね』(平凡社、2009年)
*『平日』(文藝春秋、2009年 文春文庫、2012年)
*『並木印象』(平凡社、2011年) 
*『みなも』(角川書店、2011年)
*『あめりかむら』(新潮社、2011年)
*クリ(『新潮』2004年10月号)
*カーネーション(『新潮』2006年6月号)
*あめりかむら(『新潮』2011年2月号)
*『きなりの雲』(講談社、2012年)
*『役たたず、』(光文社新書、2013年)
*『バスを待って』小学館 2013 のち文庫 
*『きつねの遠足 石田千作文集』幻戯書房 2013
*『もじ笑う』芸術新聞社 2014
*『夜明けのラジオ』講談社 2014
*『唄めぐり』新潮社、2015 
*『家へ』講談社、2015年 
*『からだとはなす、ことばとおどる』白水社、2016年
*『箸もてば』新講社 2017年

受賞歴

石田千関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石田千関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

wasyoi_hyoga千空クン!星がキレイですね!…でも、君のほうがキレイですよ…なんて、へへ!あ……いない…!(cv.石田彰)
moyoco【きつねの遠足/石田千】を読んだ本に追加 → https://t.co/DoDLhML6gs #bookmeter
M03SLmEk95NI5C7@inoueyusuke 今日ご飯食べた☺️明日ね土曜日夜は8時YouTubeいいですよでも今日田代くんが夜は8時公衆電話から園木自宅お母さんから変わってから千絵の電話するっておもう今日家にいるぁ大丈夫かな?もう少しNON ST… https://t.co/irpwzoF1t1
kataoka_comご自宅では日本酒は飲まないという、作家・エッセイストの石田千さん。では今回のサブタイトルでもある「〆の正一合」は何を飲まれるのでしょうか? そしてその「正一合」を測るためのカップはとは……?「お勝手に、」第4回『〆の正一合』… https://t.co/jro0ZVmRQp
minamiayakoお勝手に、第4回「〆の正一合」石田千さんのエッセイカバーを担当させていただきました。【片岡義男.com】 https://t.co/W2cr4J5AN7 https://t.co/4Iuh3d60h7
vegeMoko1@HRKoWFCDlq8hZFn 石田千のエッセイが大好きで!こんなふうに文章を書けるヒトに憧れつつ、少しジェラシーを感じるほどです(笑)
HRKoWFCDlq8hZFn今朝はちょうど良いなみなみ感「箸もてば」を読もう石田千は嵐山光三郎のところで15年間スタッフを務めてて、嵐山光三郎のエッセイにチエちゃんという名前でたびたび登場してるみたいだ嵐山光三郎の本って読んだことがないんだけど、連休の… https://t.co/RUXIlHmunc
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)