トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 柴崎友香

柴崎友香

柴崎友香さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

柴崎 友香(しばさき ともか、本名同じ、1973年10月20日 - )は、日本の小説家。
大阪府大阪市大正区出身。大阪府立市岡高等学校、大阪府立大学総合科学部国際文化コース人文地理学専攻卒業。
母は広島県呉市の出身で、祖父は『わたしがいなかった街で』に書かれた通り、広島市の原爆ドーム近くのホテルでコックとして働き、原爆投下の直前、呉市に移り難を逃れ、後に大阪に出た。
小学校4年生の国語の教科書で、"たった三行でわたしに小説を書き続けるエネルギーをくれたのはジャン・コクトーの「シャボン玉」という詩だった"庭は入れません
周囲(まわり)をくるくる回っています
同時に、コクトーが初めて書いた小説『ポトマック』もこの詩と同じ"世界のきらめきへの感動に満ちた眼差し"があるという。url= http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200703160291.html |title= 芸術選奨、文部科学大臣賞に森山良子さんら17人 |newspaper= asahi.com |publisher= 朝日新聞社 |date= 2007-03-16 |accessdate= 2018-05-09 url= https://www.cinra.net/news/2010/11/05/204832.php |title= 野間三賞の受賞作品がそれぞれ発表、野間文芸新人賞に柴崎友香と円城塔 |newspaper= CINRA.NET |publisher= 株式会社 CINRA |date= 2010-11-05 |accessdate= 2018-05-09 url= https://www.oricon.co.jp/news/2039912/full/ |title= 第151回「芥川賞」は柴崎友香氏の『春の庭』 「直木賞」は黒川博行氏『破門』 |newspaper= ORICON NEWS |publisher= oricon ME |date= 2014-07-17 |accessdate= 2018-05-09 url= http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170704-OHT1T50234.html |title= 東出昌大、主演映画「寝ても覚めても」で初の一人二役 ヒロインは唐田えりか |newspaper= スポーツ報知 |publisher= 報知新聞社 |date= 2017-07-05 |accessdate= 2018-04-05 url= https://news.walkerplus.com/article/143566/ |title= 是枝裕和&濱口竜介が、世界的名匠たちと競い合う!第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品決定 |newspaper= NewsWalker |publisher= KADOKAWA |date= 2018-04-12 |accessdate= 2018-05-09

受賞歴

柴崎友香関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.7.16 『文藝』86年ぶり2度目の3刷決定 韓国文学・フェミニズムを特集

    POPなポイントを3行で

  • 2018.10.3 【今週はこれを読め! エンタメ編】日本語の外での3か月〜柴崎友香『公園へ行かないか?火曜日に』

    日本語で考えて、日本語で話す。たぶん物心つく前から、特に意識することもなく行ってきたことだ。私が幼かった頃は海外旅行すら現在ほど一般的なものではなく、帰国子女の存在も少数だったし、英語を話すという行為自体をもっと特別なこととして受けとめる人も多かったと思う。しかしいまや日本人でも、日本語で考えて日本語で話すのと同じレベルで、英語で考えて英語で話すことができるという人も少なくない。夫の仕事の関係で9.11の直前くらいまで3年間カリフォルニアに住んでいたことがあったが、どんなにがんばっても私の英語は"英語で話しかけられる→それを日本語に置き換えて理解する→相手への返事を日本語で組み立てる→それを英語に置き換えて話す"というプロセスを省略することはできなかった。

  • 2016.8.15 71年目の戦争:模索する表現者 文学/上 日常の中に時代のきな臭さ

    戦後70年の節目が過ぎた後も、戦争をテーマに創作活動をする人たちがいる。戦争体験者は減り、取材したり着想を得たりするのが難しくなる中、なぜ戦争にこだわるのか。どんな苦労ややりがいがあるのか。各分野で模索する表現者たちを追う。

柴崎友香関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

planktontodiveTwitterも現実もあまりにも次々と考えが流される毎日だけど柴崎友香・岸政彦「大阪」読後でも、頭ん中の流されず残っている体験が脳味噌から溢れ出して考えることが止まらない。ひょっとして私柴崎さんとすれ違っていたかもな…なんて想像… https://t.co/YV3hrCdr0u
NeuBach20変な時間に目覚めて、なぜだかボタン付け(笑)
noconoco1213柴崎友香さんのラジオの影響で、Velvet、石橋英子、突然少年の流れで久々にじっくり音楽聴いてみたんだけど、Velvetはとにかく音がかっこいい、石橋英子は仕掛けや音の絡みが面白い。突然少年はボーカルの声と詞と若さがたまらん。
hirohiro778大衆小説には興味ないです。保坂和志さんのように「小説」そのもの、エクリチュールと闘ってる作家が好きです。柴崎友香さんの一文節で過去、違う場所に飛ぶのも良し。阿部和重さんのボストモダン後の脱構築をさらに脱構築した手法も好きです。
ngn7m夜のプレイリスト「MON」ROVO - NHK 小説家…柴崎友香 https://t.co/4pHUuq4cCV
gravityrainbows岸政彦・柴崎友香共著『大阪』を読んでいる。意識的にゆっくり読む。読み終わりたくない。ずっと読んで風景と自分のことを思い出したり気付いたりしていたい。岸さんが高槻に住んでいた話が冒頭にあって、僕はその頃、関大文学部の学生で岸さ… https://t.co/spOyP4O4I8
mmm_mmno離婚して1年、夫と暮らしたマンションから引越した36歳の砂羽。昼は契約社員として働く砂羽は夜毎戦争や紛争のドキュメンタリーを見続ける。映像の中で怯え逃げ惑う人々。何故そこにいるのが私ではなくて彼等なのか。私は誰かが生きた場所を生きている。【わたしがいなかった街で/柴崎友香】
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
柴崎友香さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)