トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 楊逸

楊逸

楊逸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

楊 逸(ヤン イー、本名:劉 莜(りゅう・ちょう、「ちょう」は草冠に「攸」)、1964年6月18日 - )は、日本の小説家である。中国ハルビン市出身。2008年、「時が滲む朝」で第139回芥川賞受賞。中国籍(当時)の作家として、また日本語以外の言語を母語とする作家として史上初めての受賞となった。2012年ごろ、日本国籍を取得。
父はハルビンの大学で漢文を教えていたが、1970年1月に文化大革命で蘭西県の農村に下放され、1973年9月にハルビンに戻る。中学生の頃、日本にいる親戚が送ってきた日本の都会の風景写真を見て日本に憧れる。ハルビンの大学に進学し、会計学を専攻するが、将来に不安を感じて卒業の半年前に中退。
1987年、留学生として来日。この時点では日本語が全くわからなかったため、パソコンの外枠の組み立て工場や、中華料理店での皿洗いなどの仕事をして授業料を稼ぎ日本語学校に通った。歌手の松田聖子が歌うカセットテープをゴミ捨て場から拾って、それを日本語の聞き取りの勉強に使ったりもした。お茶の水女子大学文教育学部地理学専攻卒業後、繊維関係の会社や在日中国人向けの新聞社勤務を経て2000年に中国語教師となる。この間、1991年に日本人と結婚して2児をもうけるが、2001年に離婚。
2005年頃から反日デモの影響で仕事が減ったため、小説を書き始める。2007年、「ワンちゃん」で第105回文學界新人賞を受賞し小説家としてデビュー。2008年、「ワンちゃん」で第138回芥川賞候補。同年、「時が滲む朝」で第139回芥川賞受賞。2009年より関東学院大学客員教授、2012年より日本大学芸術学部文芸学科非常勤講師、後に教授。
なお、主として無国籍の研究を行っている早稲田大学国際教養学部准教授・陳天璽とは従妹(陳天璽は、楊逸の母の兄の娘)になる。

楊逸新刊

  • 発売日
    2020年3月26日
  • 書名
    季刊文科 80号 特集・国境を越えた私小説 対談・リービ英雄×佐藤洋二郎

受賞歴

楊逸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

楊逸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

jinzhousoba楊逸ねえさんの本、半分くらい読み進んだ。中共の恐ろしさがとくとくと書かれている。国家を会社にたとえれば、監視と密告で成り立ってる会社がよ、一時的に伸びることがあっても、続伸はあり得ない。だって社員は監視されて渋々働いてるだけだもの。今の中国がそれよ
EssayNew『わが敵「習近平」(仮)』 楊逸 発売日:2020-06-20 https://t.co/4Wbuk72WGL
KanKanKAWAI#本 】わが敵「習近平」/楊逸日本に帰化した芥川賞作家による中国共産党が目論む世界支配への言及。特に噂の範疇を超える新型コロナウィルスに対する疑いは徹底している。個人的な中国共産党への恨みと同時に、自らの危険を顧みず訴え… https://t.co/8NQAzacmFs
ajMCcsk0u2qa5YE40歳からは食べ方を変えなさい!―――「体の糖化」に気をつければ、若くなる! (知https://t.co/Qt1yYfMo75セントルイス?カージナルス ジム?レドモン 七回死んだ男 楊逸 宮澤勇樹 ぬ 夢野久作 あずみ… https://t.co/hQ9RXnK9nB
ONASrexZN3IYOwP謎解き 超常現象4https://t.co/wGa84A2Znx楊逸 飯野秀樹 池辺巌 山本大輔 武豊 齊藤隆成 アルジャーノンに花束を 愛知県 料理少年Kタロー 八木孝 太城大学 麻里圭子 黄金 佐藤光信 仁村徹 アメリ… https://t.co/qH88NPVu84
sunsetrubdown22アメブロを更新しました。 『中国人で芥川賞作家の楊逸氏は、最近、『わが敵「習近平」』を出版し、「武漢ウイルスは生物兵器だ」と』 #月刊誌 #生物兵器https://t.co/Jad9reDYcJ
akutagawa_syou中国の小さな村に生まれた梁浩遠と謝志強。大志を抱いて大学に進学した2人を天安門事件が待ち受けるー。“我愛中国”を合言葉に中国の民主化を志す学生たちの苦悩と挫折の日々。北京五輪前夜までの等身大の中国人を描ききった作品。芥川賞受賞作『時が滲む朝』楊逸
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
楊逸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)