トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 楊逸

楊逸

楊逸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

楊 逸(ヤン イー、本名:劉 莜(りゅう・ちょう、「ちょう」は草冠に「攸」)、1964年6月18日 - )は、日本の小説家である。中国ハルビン市出身。2008年、「時が滲む朝」で第139回芥川賞受賞。中国籍(当時)の作家として、また日本語以外の言語を母語とする作家として史上初めての受賞となった。2012年ごろ、日本国籍を取得。
父はハルビンの大学で漢文を教えていたが、1970年1月に文化大革命で蘭西県の農村に下放され、1973年9月にハルビンに戻る。中学生の頃、日本にいる親戚が送ってきた日本の都会の風景写真を見て日本に憧れる。ハルビンの大学に進学し、会計学を専攻するが、将来に不安を感じて卒業の半年前に中退。
1987年、留学生として来日。この時点では日本語が全くわからなかったため、パソコンの外枠の組み立て工場や、中華料理店での皿洗いなどの仕事をして授業料を稼ぎ日本語学校に通った。歌手の松田聖子が歌うカセットテープをゴミ捨て場から拾って、それを日本語の聞き取りの勉強に使ったりもした。お茶の水女子大学文教育学部地理学専攻卒業後、繊維関係の会社や在日中国人向けの新聞社勤務を経て2000年に中国語教師となる。この間、1991年に日本人と結婚して2児をもうけるが、2001年に離婚。
2005年頃から反日デモの影響で仕事が減ったため、小説を書き始める。2007年、「ワンちゃん」で第105回文學界新人賞を受賞し小説家としてデビュー。2008年、「ワンちゃん」で第138回芥川賞候補。同年、「時が滲む朝」で第139回芥川賞受賞。2009年より関東学院大学客員教授、2012年より日本大学芸術学部文芸学科非常勤講師、後に教授。
なお、主として無国籍の研究を行っている早稲田大学国際教養学部准教授・陳天璽とは従妹(陳天璽は、楊逸の母の兄の娘)になる。

受賞歴

楊逸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

楊逸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ikeya_kaoru【天安門事件30周年企画・池谷薫監督特集】6/17~14@ポレポレ東中野トークゲスト 6/7 楊逸(ヤン・イー)天安門事件に揺れる青春を描いた『時が滲む朝』で芥川賞 6/10 廖亦武(リャオ・イウ)事件後に『大虐殺』という長編… https://t.co/x6AVc19jQl
Wataru_nove楊逸『時が滲む朝』(文藝春秋)中国人青年の夢と現実の物語。革命欲求を抱えた青年たちが現実的生活に馴染んでいく様子は、なんとも儚げで美しい。随所に散りばめられた「詩」が非常に効果的な作品。「刃物のような隙間風をつまみに、瓶のままビ… https://t.co/Qs9LLgWPuc
akutagawa_syou中国の小さな村に生まれた梁浩遠と謝志強。大志を抱いて大学に進学した2人を天安門事件が待ち受けるー。“我愛中国”を合言葉に中国の民主化を志す学生たちの苦悩と挫折の日々。北京五輪前夜までの等身大の中国人を描ききった作品。芥川賞受賞作『時が滲む朝』楊逸
qma_pr_bot次のうち、作家・浅田次郎が書いた中国を舞台とする歴史小説を全て選びなさい(ライ多)正解選択肢:『蒼穹の昴』『中原の虹』(この2つのみ)×選択肢:『楊令伝』(北方謙三)『陋巷に在り』(酒見賢一)『時が滲む朝』(楊逸)※四文字のものを選べばOK
chinatown_cult「華都飯店」の親族には芥川賞を中国人で初めて受賞した楊逸(ヤンイー)がいる。 ##横浜中華街
bu_tan_0112天安門で思い出すのは、楊逸さんの『時が滲む朝』。あの時代のあの国の雰囲気の一端に触れることができる。面白かった。日本語作家なのに、昔近くの古書店に行ったら「外国人作家」の棚に置かれてたことがある。芥川賞作家で2012年には日本国籍も取得してるのに・・・(´・ω・`)
nishimura__「好書好日」 ◆朝日新聞5月4日付「売れてる本」に掲載、作家の楊逸(ヤン・イー)さんが寄せてくださった『すごいね!みんなの通学路』紹介文をお読みいただけます。山でも川でもものともせず 「すごいね! みんなの通学路」 https://t.co/l63Oy1adPd
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
楊逸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)