トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 木内昇

木内昇

木内昇さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

木内 昇(きうち のぼり、女性 1967年 - )は日本の作家、編集者。
東京都出身。東京都立国分寺高等学校、中央大学文学部哲学科心理学専攻卒業。出版社勤務を経て独立し、インタヴュー雑誌『Spotting』を主宰するなど、フリーランスの編集者、ライターとして活躍。2004年に『新選組幕末の青嵐』で小説家としてもデビューし、2008年の『茗荷谷の猫』を執筆した。2009年、第2回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞受賞。2011年、『漂砂のうたう』で第144回直木賞受賞。2014年、『櫛挽道守』で第9回中央公論文芸賞、第27回柴田錬三郎賞、第8回親鸞賞を受賞。

木内昇新刊

  • 発売日
    2019年9月21日
  • 書名
    光炎の人 上 (角川文庫)
  • 発売日
    2019年9月21日
  • 書名
    光炎の人 下 (角川文庫)
  • 発売日
    2019年9月21日
  • 書名
    光炎の人【上下 合本版】 (角川文庫)

受賞歴

木内昇関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

木内昇関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sojiokita_botなぜです。せっかくここまで来たのに【幕末の青嵐/木内昇】
bjakira2004木内昇さんの新連載スタート!またまた凄いところに目をつけていますな── https://t.co/eKEs56yVAh
Alha31木内昇著『化物蝋燭』を読んだ。短編集なんだけど、「幼馴染み」は薄ら寒くて凄く怖かった。お咲は与える側に立ちたかったのかな。おのぶにずっと付きまとうのかしら。ターゲットを変えるのかしら。前者なら何もかも捨てて江戸を離れるくらいしないと逃げられないよね。人間の方がコワ…
nekotan__木内昇先生 化物蝋燭みんなあったかいお話で、やさしい江戸言葉もふるふる沁みる疲れた金曜日にぴったりだったありがとうございます
qozop木内昇「みちくさ道中」読了。著者の人となりが伝わる日々の風景、書評、直木賞受賞にまつわるあれこれ… 日常と脱日常でもある書物への沈殿、受賞という非日常とそこからの回復という著者の生活を書いたエッセイ集。とにかくその視点が面白くて一… https://t.co/R31bv2G1M7
kiyomidosuアメブロを更新しました。 『笑い三年、泣き三月。〜木内昇 著』 #栄養失調 #お笑いhttps://t.co/TlFVr8vIwn
mc06201「小説すばる」で木内昇さんの「剛心」(ごうしん)、新連載開始です!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
木内昇さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)