トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 木内昇

木内昇

木内昇さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

木内 昇(きうち のぼり、女性 1967年 - )は日本の作家、編集者。
東京都出身。東京都立国分寺高等学校、中央大学文学部哲学科心理学専攻卒業。出版社勤務を経て独立し、インタヴュー雑誌『Spotting』を主宰するなど、フリーランスの編集者、ライターとして活躍。2004年に『新選組幕末の青嵐』で小説家としてもデビューし、2008年の『茗荷谷の猫』を執筆した。2009年、第2回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞受賞。2011年、『漂砂のうたう』で第144回直木賞受賞。2014年、『櫛挽道守』で第9回中央公論文芸賞、第27回柴田錬三郎賞、第8回親鸞賞を受賞。

木内昇新刊

  • 発売日
    2017年11月9日
  • 書名
    あやかし 〈妖怪〉時代小説傑作選 (PHP文芸文庫)
  • 発売日
    2017年7月20日
  • 書名
    みちくさ道中 (集英社文庫)
  • 発売日
    2017年5月31日
  • 書名
    球道恋々

受賞歴

木内昇関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

木内昇関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sojiokita_botいる、って分かってれば大丈夫なんです。 【幕末の青嵐/木内昇】
toudou_heisuke_いや、あのふたりは何をするか知れない。ひとりで行くのはどう考えても穏やかではありません【新選組幕末の青嵐・木内昇】
hiranodept最近お気に入りの本。木内昇 幕末の青嵐。また幕末関連にハマってる。自分でも理由が分からないのだけど幕府側の話が好き。新撰組とか河井継之助とか。きっと前世がそちら側だったのでしょう。週末は土方歳三記念館に行きたい(ちょうど開館してる)。来週末は会津の如来堂へ行きたい。
wlb922『幕末の青嵐』木内昇/新選組隊士の結成前から、鳥羽伏見の戦いまでを隊士たちそれぞれの目線で描かれる。しかしながら読みづらさもない。切なくて切なくて、だけど爽やかな青春小説!!
naokisho_senpyo[144N] 受賞☆ 木内昇『漂砂のうたう』 - 評・阿刀田高「圓朝の卓越した話芸が速記術の普及に乗って大衆に広がったのは史実であり、ヒロイン小野菊の末尾近くのせりふは、この先の展開を暗示して、おもしろい。」 https://t.co/A4BrqeJgZ9
misty42169新選組が好きな人は木内昇先生の「幕末の青嵐」を見てほしい…時代は違うけれど今にも通ずるものってあると思う。結末を知ってるだけに涙無しでは見られなかったけど、最後はきっとそんな風に生きたかったって思わずにはいられない作品。
wa_waa_waaa直木賞- 道尾秀介(月と蟹)、木内昇(漂砂のうたう)芥川賞- 西村賢太(苦役列車) https://t.co/XKLog2W8GI
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
木内昇さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)