トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 佐々木譲

佐々木譲

佐々木譲さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

佐々木 譲(ささき じょう、1950年3月16日 - )は、日本の作家。本名は同じ漢字で、ささき ゆずると読む。東京農業大学客員教授。
北海道夕張市生まれ。北海道中標津町在住。北海道札幌月寒高等学校卒業。美術系大学への進学を断念したのち、京都や東京などで溶接工、自動車組立て工などのアルバイト生活を続ける。その後広告代理店や本田技研で広告関連の仕事に従事、1979年「鉄騎兵、跳んだ」で文藝春秋「オール讀物新人賞」を受賞し、作家デビュー。同作は映画化もされ評判となった。歴史や犯罪を主に題材に採り、ジュブナイル小説も手がけている。近年は電子絵本の制作や自作の舞台化にも積極的である。また、直木賞をはじめ数々の文学賞を受賞している。
1979年 『鉄騎兵、跳んだ』でオール讀物新人賞を受賞し、作家デビュー。
1989年 『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞長篇部門・日本冒険小説協会大賞・山本周五郎賞を受賞。
1994年 『ストックホルムの密使』で日本冒険小説協会大賞を受賞。
2002年 『武揚伝』で新田次郎文学賞を受賞。
2008年版『このミステリーがすごい!』で、『警官の血』が1位となる。
2010年『廃墟に乞う』で第142回直木賞受賞。高卒の作家としては6年ぶりの快挙であった。また、デビュー30年目の大ベテランによる受賞は32年目の白石一郎(第94回)に次ぐ記録であった。
2016年 第20回日本ミステリー文学大賞を受賞。

受賞歴

佐々木譲関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

佐々木譲関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

richuga_次は 初読み作家さん。ジャケ買いした佐々木譲さんの「図書館の子」。短編集でまだ1編しか読んでないけど、面白い!世界に引き込まれた!続きが楽しみo(^o^)o ワクワク
jpub_news『図書館の子』著者インタビュー|佐々木譲「今なお作風の幅を広げ、時間ものSFに挑む理由とは?」(本がすき。) - Yahoo!ニュース https://t.co/Kf662G2tHm
raisen_bot_qmaNo.346 次の警察・検察を舞台にした小説と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒制服捜査―佐々木譲、隠蔽捜査―今野敏、検察捜査―中嶋博行
JMSA4999_【書評】太平洋戦争前夜の日米諜報戦を描いた傑作:佐々木譲著『エトロフ発緊急電』(https://t.co/ehV3TlGs5z) - Yahoo!ニュース https://t.co/ZfrEYoprwQ
preludeing佐々木譲「図書館の子」(2020、光文社)を読んだ。「砂の街路図」を読んだ時少し幻想的な雰囲気があって好きだったのだが、今作も同様。6つの短編集だけど共通した仕掛けがあって読ませる。そして結末がそれぞれ工夫されていて楽しい。 https://t.co/YE17kWrPBq
nitakaha佐々木譲著「地層捜査」読了。出身が北海道の人。昔「エトロフ発緊急電」という彼の本を読んだ。連合艦隊はエトロフ島に集結して真珠湾を目指した。「地層捜査」は警察小説、殺人事件の再調査。どう殺人者を見つけますか?生きる上で必要な小説とも思えないが面白かった。ブックオフで偶然手にする
tawarayat『図書館の子』著者インタビュー|佐々木譲「今なお作風の幅を広げ、時間ものSFに挑む理由とは?」https://t.co/hXk7fUobL5
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
佐々木譲さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)