トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 佐々木譲

佐々木譲

佐々木譲さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

佐々木 譲(ささき じょう、1950年3月16日 - )は、日本の作家。本名は同じ漢字で、ささき ゆずると読む。東京農業大学客員教授。
北海道夕張市生まれ。北海道中標津町在住。北海道札幌月寒高等学校卒業。美術系大学への進学を断念したのち、京都や東京などで溶接工、自動車組立て工などのアルバイト生活を続ける。その後広告代理店や本田技研で広告関連の仕事に従事、1979年「鉄騎兵、跳んだ」で文藝春秋「オール讀物新人賞」を受賞し、作家デビュー。同作は映画化もされ評判となった。歴史や犯罪を主に題材に採り、ジュブナイル小説も手がけている。近年は電子絵本の制作や自作の舞台化にも積極的である。また、直木賞をはじめ数々の文学賞を受賞している。
1979年 『鉄騎兵、跳んだ』でオール讀物新人賞を受賞し、作家デビュー。
1989年 『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞長篇部門・日本冒険小説協会大賞・山本周五郎賞を受賞。
1994年 『ストックホルムの密使』で日本冒険小説協会大賞を受賞。
2002年 『武揚伝』で新田次郎文学賞を受賞。
2008年版『このミステリーがすごい!』で、『警官の血』が1位となる。
2010年『廃墟に乞う』で第142回直木賞受賞。高卒の作家としては6年ぶりの快挙であった。また、デビュー30年目の大ベテランによる受賞は32年目の白石一郎(第94回)に次ぐ記録であった。
2016年 第20回日本ミステリー文学大賞を受賞。

佐々木譲新刊

  • 発売日
    2017年11月22日
  • 書名
    武揚伝 - 決定版(上) (中公文庫 さ 45-11)
  • 発売日
    2017年11月22日
  • 書名
    武揚伝 - 決定版(中) (中公文庫 さ 45-12)
  • 発売日
    2017年11月22日
  • 書名
    武揚伝 - 決定版(下) (中公文庫 さ 45-13)

受賞歴

佐々木譲関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

佐々木譲関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yamiko0903【制服捜査 (新潮文庫)/佐々木 譲】道警シリーズのスピンオフものかと思ったが全く別のシリーズだった。時期的には重なるのかな。短編だが、時系列としては連続している。重い話が多いが、逆に主人公の… → https://t.co/TdGhl0hqcb #bookmeter
ohno_hiroshi196佐々木譲 の 真夏の雷管 を Amazon でチェック! https://t.co/bPpCeijbMk @さんから
raisen_bot_qmaNo.346 次の警察・検察を舞台にした小説と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒制服捜査―佐々木譲、隠蔽捜査―今野敏、検察捜査―中嶋博行
ken_g_5963うおおお隣のじじい佐々木譲読んでる!!!
seisyunadvroad絶対に落ちない城を作りたい。不落の城。石積み職人・市郎太の悲願はかなうのか叶うのか。~ 天下城 原作:佐々木譲(青春アドベンチャー) ~ https://t.co/DtxQczJXyM
silverfaxx「朝廷の蝦夷地支配に異議あり候。そもそも王政は唯強藩の策士ら、己が身を利するが為に設けしもの也。何ら天下統治の大義なし。まして蝦夷地に於いてをや。王政復古ありしより、未だ蝦夷地に所謂維新の美政を見ず、非道この地に蔓延、土民益々窮迫せり/佐々木譲『五稜郭残党伝』」
gokunif「日本で一番悪いやつ」佐々木譲著「警官の血」三部と同じく北海道警の話。仁義なき戦い、冷たい熱帯魚、何はともあれ、悪い人たちの生態を見るのはとても楽しい。「凶悪」の白石和彌監督作品、期待超えの快作でした。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
佐々木譲さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)