トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 佐々木譲

佐々木譲

佐々木譲さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

佐々木 譲(ささき じょう、1950年3月16日 - )は、日本の作家。本名は同じ漢字で、ささき ゆずると読む。東京農業大学客員教授。
北海道夕張市生まれ。北海道中標津町在住。北海道札幌月寒高等学校卒業。美術系大学への進学を断念したのち、京都や東京などで溶接工、自動車組立て工などのアルバイト生活を続ける。その後広告代理店や本田技研で広告関連の仕事に従事、1979年「鉄騎兵、跳んだ」で文藝春秋「オール讀物新人賞」を受賞し、作家デビュー。同作は映画化もされ評判となった。歴史や犯罪を主に題材に採り、ジュブナイル小説も手がけている。近年は電子絵本の制作や自作の舞台化にも積極的である。また、直木賞をはじめ数々の文学賞を受賞している。
1979年 『鉄騎兵、跳んだ』でオール讀物新人賞を受賞し、作家デビュー。
1989年 『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞長篇部門・日本冒険小説協会大賞・山本周五郎賞を受賞。
1994年 『ストックホルムの密使』で日本冒険小説協会大賞を受賞。
2002年 『武揚伝』で新田次郎文学賞を受賞。
2008年版『このミステリーがすごい!』で、『警官の血』が1位となる。
2010年『廃墟に乞う』で第142回直木賞受賞。高卒の作家としては6年ぶりの快挙であった。また、デビュー30年目の大ベテランによる受賞は32年目の白石一郎(第94回)に次ぐ記録であった。
2016年 第20回日本ミステリー文学大賞を受賞。

佐々木譲新刊

  • 発売日
    2018年11月11日
  • 書名
    砂の街路図 (小学館文庫)
  • 発売日
    2018年11月6日
  • 書名
    砂の街路図 (小学館文庫 さ 2-3)
  • 発売日
    2018年11月1日
  • 書名
    制服捜査 上 (大活字本シリーズ)

受賞歴

佐々木譲関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

佐々木譲関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Youka_Izumieshi「エトロフ発緊急電」は、佐々木譲の第二次大戦三部作の一つで、スパイ小説なんですが、とても良かったです。表紙の機動艦隊の絵が迫力満点でした。当時の択捉島の描写なども細かく、スパイものとしての緊張感も迫真に迫った素晴らしいものでした。まだの方は、ぜひ読んでみてください。
raisen_bot_qmaNo.403 次の文字列を組み合わせて作家・佐々木譲の作品のタイトルにしなさい⇒ストックホルム―の密使、ベルリン―飛行指令、
jamyan_bot『地下の権威』→『警官の血』佐々木譲
bancho1000いただいたギャラのうち10%は本の購入にあてている。つぎの仕事のための投資。届いたと思った瞬間、それは入口にすぎなかったのは孫悟空でもよくある話。直木賞作家の佐々木譲さんにオススメして頂いた本を一冊、ノーベル賞受賞作家の本を一冊。きょうは読む日。
funaq五木寛之『メルセデスの伝説』は佐々木譲『ベルリン飛行指令』の雛型じゃないか?車と飛行機、ドイツから贈ったか、日本から贈ったかの違いはあっても、戦後、日本人がドイツを訪れ、見知らぬ地元の老人から聞かされた話が、戦前の謎解きの出発点という導入部がそっくり。
tsufutei佐々木譲『牙のある時間』ハルキ文庫、読了。 著者にしては異色のホラーミステリー。最後に提示される真相らしきものがスッキリしないという感想もあろうが、複数の解釈の余地を残していて、いろいろ想像するのが楽しい。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
佐々木譲さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)