トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 佐々木譲

佐々木譲

佐々木譲さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

佐々木 譲(ささき じょう、1950年3月16日 - )は、日本の作家。本名は同じ漢字で、ささき ゆずると読む。東京農業大学客員教授。
北海道夕張市生まれ。北海道中標津町在住。北海道札幌月寒高等学校卒業。美術系大学への進学を断念したのち、京都や東京などで溶接工、自動車組立て工などのアルバイト生活を続ける。その後広告代理店や本田技研で広告関連の仕事に従事、1979年「鉄騎兵、跳んだ」で文藝春秋「オール讀物新人賞」を受賞し、作家デビュー。同作は映画化もされ評判となった。歴史や犯罪を主に題材に採り、ジュブナイル小説も手がけている。近年は電子絵本の制作や自作の舞台化にも積極的である。また、直木賞をはじめ数々の文学賞を受賞している。
1979年 『鉄騎兵、跳んだ』でオール讀物新人賞を受賞し、作家デビュー。
1989年 『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞長篇部門・日本冒険小説協会大賞・山本周五郎賞を受賞。
1994年 『ストックホルムの密使』で日本冒険小説協会大賞を受賞。
2002年 『武揚伝』で新田次郎文学賞を受賞。
2008年版『このミステリーがすごい!』で、『警官の血』が1位となる。
2010年『廃墟に乞う』で第142回直木賞受賞。高卒の作家としては6年ぶりの快挙であった。また、デビュー30年目の大ベテランによる受賞は32年目の白石一郎(第94回)に次ぐ記録であった。
2016年 第20回日本ミステリー文学大賞を受賞。

佐々木譲新刊

  • 発売日
    2019年10月29日
  • 書名
    沈黙法廷
  • 発売日
    2019年7月13日
  • 書名
    真夏の雷管 (ハルキ文庫)

受賞歴

佐々木譲関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

佐々木譲関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Headradio1991「日露戦争に敗戦してロシアに支配された日本」という設定もSFとして魅力的だし、この設定を「エトロフ発緊急電」等の戦時冒険小説の第一人者である佐々木譲が料理するとなれば期待するなという方が無理な話です
true_kiku大沢在昌の「漂砂の塔」。舞台は北方領土。ロシア、中国、そして日本それぞれの思惑。一気に読み終えました。佐々木譲の「エトロフ発緊急電」を思い出してた。こちらは第二次世界大戦終戦間際の話だけど。
ibahachiro_bot撤兵の訓練をフランス教官団にまかせたのも、こんな日のためだったはず。召募の歩兵二個連隊だけを京へ差し向けて、昔ながらの攻撃を命じるのでは、勝てるはずもない。  (佐々木譲『武揚伝』)
hirohiroto0701最近読んだ本・警官の条件 佐々木譲・廃墟に乞う・警察庁から来た男・警官の紋章道警シリーズ面白すぎて困るな…あと数冊、じっくり読もう。
seisatorec●録画終了:BSテレ東 2019/10/19 11:30 ~ 13:30 録画終了 Drops:0 Scrambles:0 土曜お昼のミステリー『佐々木譲サスペンス 警視庁特命刑事☆二人2』[字]
tak_昨日までに観測した本佐々木譲 の 夜を急ぐ者よ (集英社文庫) https://t.co/3PX7WrW3L8 読んでた人は、男性 スーツ 50,60代ぐらい?D3380
shincholive_bot『警官の条件(新潮文庫)』(佐々木譲)若き警部・安城和也の窮地、“悪徳警官”加賀谷の帰還。警察小説の最高峰。『警官の血』沸騰の続篇!! https://t.co/5PUHV7afi7 #電子書籍
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
佐々木譲さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)