トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 北村薫

北村薫

北村薫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

北村 薫(きたむら かおる、本名:宮本 和男、1949年12月28日 - )は、日本の小説家、推理作家。埼玉県北葛飾郡杉戸町生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
早稲田大学在学中はワセダミステリクラブに所属。卒業後、母校である埼玉県立春日部高等学校の国語教師をしながら(1980年 - 1993年)、創元推理文庫の「日本探偵小説全集」を編集。1989年、覆面作家として東京創元社「鮎川哲也と十三の謎」の1冊『空飛ぶ馬』でデビュー。1991年に『夜の蝉』で第44回日本推理作家協会賞(連作短篇集賞)を、2006年に『ニッポン硬貨の謎』で第6回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)・2006年版バカミス大賞を受賞する。代表作『スキップ』等で、直木賞最終候補作に6度選ばれている。また、本格ミステリ作家クラブ設立時の発起人の一人であり、初代事務局長を務める。2005年、同クラブの会長に就任する。また同年より翌2006年度まで、早稲田大学文学学術院客員教授として教壇に上る。2009年、『鷺と雪』で第141回直木賞を受賞する。同年彩の国功労賞を受賞。2013年度より再度早稲田大学にて文学学術院文化構想学部教授に着任。
国語教師時代の教え子にラーメンズの片桐仁、演劇集団キャラメルボックスの西川浩幸がいる。片桐は偶然『スキップ』を読み、自分が受けた授業が描かれていて感動した、と語っている。西川は舞台化された『スキップ』に出演した。
推理小説の執筆だけではなく、推理小説に関する評論やエッセイも多い。また、鮎川哲也の短編集(『五つの時計』・『下り“はつかり” 』-ともに創元推理文庫、1999年)の編集を行なったり、自らアンソロジーを編んだりと、編集の分野でも活動している。
また、高校・大学を通しての後輩である、同じく推理作家の折原一との親交が深く、北村薫のデビューも、折原一に刺激されてのものだった。折原は覆面作家時代の北村をモデルにした“西村香”というキャラクターが主人公の『ファンレター』という作品を執筆している。
歌人の藤原龍一郎はワセダミステリクラブの後輩にあたり、宝島社のムック本 『静かなる謎 北村薫』には、藤原との対談記事が載せられている。自身も詩歌に通じており、『詩歌の待ち伏せ』など詩歌論の著書がある。歌人の天野慶との交流もある。

北村薫新刊

  • 発売日
    2018年9月4日
  • 書名
    中野のお父さん (文春文庫)
  • 発売日
    2018年7月28日
  • 書名
    だから見るなといったのに: 九つの奇妙な物語 (新潮文庫 し 21-103 nex)
  • 発売日
    2018年5月24日
  • 書名
    皆川博子の辺境薔薇館: Fragments of Hiroko Minagawa
  • イラストレーター
    林由紀子

受賞歴

北村薫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

北村薫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

koino_izumi男と女は、元々ひとつだったもの。それがこの世に生まれる時、分かれたから、失った片方を捜し求めるのだ。- 北村薫 -#恋の泉
ayimema_asakust時折は鯖の味噌煮に地位譲る月の砂漠のラクダの一群『 ラクダ 』 雨宮 司 #うたの日 #tanka https://t.co/Y9BrfmdNij音符を頂く。ありがとうございます。北村薫の作品が頭から離れなくて、こんな短歌になってしまいました。
tsubamexx11月の楽しみ。マリノス戦。北村薫先生と西南大生のなにか。
nuenonamae店の高いところに、硝子の大きな瓶が二つか三つ並んでたの。中に、値段の高い、普通じゃ買えないお菓子が入って、こっちを見下ろしてた。横文字の書いてある、クッキーの袋とかね。その中に、ほかで見たことない、大きなチョコレートが、一枚入っていたの。北村薫「大きなチョコレート」チョコレート
qma_lsjnat_bot北村薫の小説「円紫さん」シリーズを刊行順⇒空飛ぶ馬→夜の蝉→秋の花→六の宮の姫君→朝霧
chica_osanpo北村薫さんの「六の宮の姫君」を休憩時間に読んでいました。7章に入ったところで「キタキタキタ!ここから核心くるぞ…」と思ったら、菊池寛さんを大好きな友人も読み終えるまで待たなきゃ、という謎の使命感に駆られて読むのをストップしたので、該当する友人は早く読んで下さい。(無茶振り)
utataneko57577北村薫先生の短篇で「くらげ」(『水に眠る』収録、大好きな一冊!!)というお話があるのですが、ドローンが進化してゆくのをみていると、いつかあの「くらげ」が開発されて、さみしい世界が始まってしまうのかもしれない、と思う。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
北村薫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)