トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 古処誠二

古処誠二

古処誠二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

古処 誠二(こどころ せいじ、1970年3月10日 - )は、日本の小説家。
1970年、福岡県に生まれる。
高校卒業後、様々な職業を経て、航空自衛隊入隊。
2000年4月、自衛隊内部の事件を扱った『UNKNOWN』で第14回メフィスト賞を受賞、小説家デビュー。「2001 本格ミステリ・ベスト10」(原書房)において、『少年たちの密室』が第6位。
2001年、「インターネットで選ぶ日本ミステリー大賞2001(JMAI)」において、『少年たちの密室』が国内総合ランキング第1位、『UNKNOWN』が同第7位。「2002 本格ミステリ・ベスト10」(原書房)において、『未完成』が第4位。
2002年、「インターネットで選ぶ日本ミステリー大賞2002(JMAI)」において、『未完成』が国内総合ランキング第9位。
2003年、『ルール』で、第16回山本周五郎賞候補。
2004年、『接近』で第17回山本周五郎賞候補。
2005年、『七月七日』で第132回直木三十五賞候補。
2006年、『遮断』で第135回直木三十五賞候補。
2008年、『敵影』で第138回直木三十五賞候補。
2010年、『線』をはじめとする一連の執筆活動に対して第3回(池田晶子記念)「わたくし、つまりNobody賞」を授けられる。
2017年、『いくさの底』で第71回毎日出版文化賞受賞。
2018年、『いくさの底』で第71回日本推理作家協会賞受賞(長編および連作短編集部門)

受賞歴

古処誠二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

古処誠二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tukasadoru1999古処誠二『中尉』を読んだのだけれど、登場する軍曹の「女に月経と出産の苦しみがあるならば男に入営と出征の苦しみがなければ不公平だとも思っていた」ということばが印象深かったですね 現代でこんな考えを持っているひとがいれば、ぼくは無条件で畏敬の念を抱くだろう
robita00【ルール】古処 誠二 著自分が読んだ戦争物の小説ではベスト3に入る、心にずっと残ってる作品。たまに「こんなんなら最悪戦争も已む無しと考えていくべきか…」と思うこともあるけど、そんな時にこれが「やっぱり戦争は絶対にイカン!」と… https://t.co/c3qvqq032k
hw_ttaggg古処誠二『七月七日』全然読み終わらなかった。
motoka84548926「少年たちの密室」古処誠二 を読了。初期の頃の宮部みゆき氏を彷彿させるようなテーマと完成度だった。終盤に向かっての加速度が凄かった。テーマに対する回答がここまで明確に示されているのは珍しいかも。
ezukodeoyogu古処誠二著『敵影』敗戦前後の沖縄捕虜収容所では、敵前逃亡した上官への仇討ちに血眼になっている者、怯えながらも投げやりな元将校達がそれぞれの柵に囲まれて同居していた。彼等が甘える従軍女学生看護婦は母なのか恋人なのか。劣勢の沖縄戦とその後の日本兵を見つめた深い作品。 #本
tatsumi_cover古処誠二「UNKNOWN」(2000)講談社ノベルス https://t.co/TutwqFWXYg
QMA_Mys_Bot2[エフェ](問題文失念)「古処誠二」 → こどころせいじ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
古処誠二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)