トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 古処誠二

古処誠二

古処誠二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

古処 誠二(こどころ せいじ、1970年3月10日 - )は、日本の小説家。
1970年、福岡県に生まれる。
高校卒業後、様々な職業を経て、航空自衛隊入隊。
2000年4月、自衛隊内部の事件を扱った『UNKNOWN』で第14回メフィスト賞を受賞、小説家デビュー。「2001 本格ミステリ・ベスト10」(原書房)において、『少年たちの密室』が第6位。
2001年、「インターネットで選ぶ日本ミステリー大賞2001(JMAI)」において、『少年たちの密室』が国内総合ランキング第1位、『UNKNOWN』が同第7位。「2002 本格ミステリ・ベスト10」(原書房)において、『未完成』が第4位。
2002年、「インターネットで選ぶ日本ミステリー大賞2002(JMAI)」において、『未完成』が国内総合ランキング第9位。
2003年、『ルール』で、第16回山本周五郎賞候補。
2004年、『接近』で第17回山本周五郎賞候補。
2005年、『七月七日』で第132回直木三十五賞候補。
2006年、『遮断』で第135回直木三十五賞候補。
2008年、『敵影』で第138回直木三十五賞候補。
2010年、『線』をはじめとする一連の執筆活動に対して第3回(池田晶子記念)「わたくし、つまりNobody賞」を授けられる。
2017年、『いくさの底』で第71回毎日出版文化賞受賞。
2018年、『いくさの底』で第71回日本推理作家協会賞受賞(長編および連作短編集部門)

古処誠二新刊

  • 発売日
    2018年7月27日
  • 書名
    生き残り

受賞歴

古処誠二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

古処誠二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

uakannon#名刺代わりの小説10選ハインライン『夏への扉』福井晴敏『亡国のイージス』今野敏『同期』神林長平『膚の下』古処誠二『ルール』稲見一良『セントメリーのリボン』風間一輝『男たちは北へ』桑原水菜『炎の蜃気楼』森博嗣『… https://t.co/Nw6vzAx8Li
miharu_g古処誠二「生き残り」読了。伍長の刺突遺体を皮切りに、ひとり、またひとりと死んでゆく戦友たち。自決か他殺か…。ビルマを舞台に戦場の閉塞感、疑心暗鬼、サスペンスを上演。これも「いくさの底」同様再読したくなる戦場ミステリー。
unapnea義宗が投降勧告におもむいた話も耳にしているらしく、「その後調子はどうですか」と興味深そうな顔をした。4.敵影/古処誠二私にはそれが、洞窟内で見た両性具有者であることが径ちに推せられたからである。5.日蝕/平野啓一郎
nezu_hituji古処誠二「生き残り」ひとりの兵隊がどのようにしてゲリラが対岸を囲む中州から脱出し安全圏へたどり着いたのか。戦場下の心理状態が細かく描写された上での真相は心苦しい。謎を提示した展開が緊張感を生んで、ミステリーとしても良かったです。
aki_ms古処誠二『死ぬまで負けない』読了。太平洋戦争についてずっと描き続けてきた古処誠二だが、これはまた…。祖父から父、子が主役だからこその家族が語る戦争ものであり、だからこそのこの構造。戦争の見方が変わるな…
drog_for_kyopro@_polarbear08 さっきのは古処誠二さんの「少年たちの密室」を読んで感じたことを呟きました。胸糞なので素直にオススメとは言いづらいですが…
mahiro_megane17古処誠二『少年たちの密室』物語は密室の中で起こり、密室の中で解決する。そして密室の外に出ると、物語は今まで知らなかった顔を読者に見せるのだ。この作品に欠点があるとすれば、これを気に入った人に次の古処誠二を薦めにくいところくらい
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
古処誠二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)