トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 古処誠二

古処誠二

古処誠二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

古処 誠二(こどころ せいじ、1970年3月10日 - )は、日本の小説家。
1970年、福岡県に生まれる。
高校卒業後、様々な職業を経て、航空自衛隊入隊。
2000年4月、自衛隊内部の事件を扱った『UNKNOWN』で第14回メフィスト賞を受賞、小説家デビュー。「2001 本格ミステリ・ベスト10」(原書房)において、『少年たちの密室』が第6位。
2001年、「インターネットで選ぶ日本ミステリー大賞2001(JMAI)」において、『少年たちの密室』が国内総合ランキング第1位、『UNKNOWN』が同第7位。「2002 本格ミステリ・ベスト10」(原書房)において、『未完成』が第4位。
2002年、「インターネットで選ぶ日本ミステリー大賞2002(JMAI)」において、『未完成』が国内総合ランキング第9位。
2003年、『ルール』で、第16回山本周五郎賞候補。
2004年、『接近』で第17回山本周五郎賞候補。
2005年、『七月七日』で第132回直木三十五賞候補。
2006年、『遮断』で第135回直木三十五賞候補。
2008年、『敵影』で第138回直木三十五賞候補。
2010年、『線』をはじめとする一連の執筆活動に対して第3回(池田晶子記念)「わたくし、つまりNobody賞」を授けられる。
2017年、『いくさの底』で第71回毎日出版文化賞受賞。
2018年、『いくさの底』で第71回日本推理作家協会賞受賞(長編および連作短編集部門)

受賞歴

古処誠二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

古処誠二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tatsumi_cover古処誠二「少年たちの密室」(2000)講談社ノベルス https://t.co/9G8riXEY1p
kyusuke_namiki古処誠二さんのインタビュー載ってるから『小説 野性時代8月号』買ってきた。
asagihara_s(『いくさの底』が賞獲って高評価されても『遮断』『敵影』『ニンジアンエ』あたりが文庫化される気配も初期作品に増刷がかかる気配もないし、今月出る『生き残り』が傑作だったら11月の文フリ合わせで『ミステリ読者のための古処誠二全作品ガイド【2018年版】』でも作ろうかな……)
InfoJunktion古処誠二『敵影』(新潮社、2007)古処誠二『メフェナーボウンのつどう道』(文藝春秋、2008)古処誠二『ふたつの枷』(集英社、2010)古処誠二『死んでも負けない』(双葉社、2012)立松和平『日光』(勉誠出版、2009)谷崎由依『舞い落ちる村』(文藝春秋、2009)
novelist_debut●古処誠二 『UNKNOWN』 (2000年)
divanyan1角川、去年古処誠二の『いくさの底』を出して、今年ヌルッと浅田次郎の『長く高い壁』を出してたの、抜け目がなさすぎる。どちらも戦争状況下で起こる殺人事件を扱った作品で、前者はもはや熟達の域に達した謎解きの鋭さがあり、後者はベテランが生真面目にミステリーを書き上げ、いぶし銀の魅力を放つ
noriko_cちなみに私は古処誠二『七月七日』が大好きです。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
古処誠二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)