トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 古処誠二

古処誠二

古処誠二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

古処 誠二(こどころ せいじ、1970年3月10日 - )は、日本の小説家。
1970年、福岡県に生まれる。
高校卒業後、様々な職業を経て、航空自衛隊入隊。
2000年4月、自衛隊内部の事件を扱った『UNKNOWN』で第14回メフィスト賞を受賞、小説家デビュー。「2001 本格ミステリ・ベスト10」(原書房)において、『少年たちの密室』が第6位。
2001年、「インターネットで選ぶ日本ミステリー大賞2001(JMAI)」において、『少年たちの密室』が国内総合ランキング第1位、『UNKNOWN』が同第7位。「2002 本格ミステリ・ベスト10」(原書房)において、『未完成』が第4位。
2002年、「インターネットで選ぶ日本ミステリー大賞2002(JMAI)」において、『未完成』が国内総合ランキング第9位。
2003年、『ルール』で、第16回山本周五郎賞候補。
2004年、『接近』で第17回山本周五郎賞候補。
2005年、『七月七日』で第132回直木三十五賞候補。
2006年、『遮断』で第135回直木三十五賞候補。
2008年、『敵影』で第138回直木三十五賞候補。
2010年、『線』をはじめとする一連の執筆活動に対して第3回(池田晶子記念)「わたくし、つまりNobody賞」を授けられる。
2017年、『いくさの底』で第71回毎日出版文化賞受賞。
2018年、『いくさの底』で第71回日本推理作家協会賞受賞(長編および連作短編集部門)

受賞歴

古処誠二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

古処誠二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

asagihara_s⑥『いくさの底』古処誠二はどうしても推したい。『七月七日』と迷ったがここではより本格度の高い『いくさの底』を。古処誠二のストイシズムと可能な限りにおいてフラットな視点であろうとする意志と本格ミステリ出身であることで身についていた技術とが最も理想的な形で結実した傑作。
tirara0115#平成ミステリベスト多島斗志之『黒百合』古処誠二『少年たちの密室』七河迦南『アルバトロスは羽ばたかない』依井貴裕『夜想曲』麻耶雄嵩『螢』法月綸太郎『キングを探せ』古泉迦十『火蛾』殊能将之『キマイラの新しい城』三… https://t.co/j7FyZqjEhf
tapkalaそういうことが起こったとき人間はどう振る舞うのか、振る舞ったらいいのか、考える材料を集めたいというエゴに基づくものです。依存症や憎悪の伝達やホロコーストについて書かれたものを読んだり、古処誠二を読んだりするのと同じ理由です。
tatsumi_cover古処誠二「UNKNOWN」(2000)講談社ノベルス https://t.co/TutwqFWXYg
yurikawa_kwyr古処誠二さんの本、色々あって最近読めてなかったから無性に読みたくなって買いに行ったのに近所の本屋さんに置いていない悲しみよ…
Kamiya_Masanari@yatsuyaguruma @chitakko2 というか、昨日の会場でも話しましたが、浅田次郎さんとか稲葉稔さんがおられますからね……。第二次世界大戦も歴史小説と考えれば、そこに古処誠二さんが……。私の出る幕はございません(笑)。
m_youyouあと、ブックオフで古処誠二『敵影』の帯付きがあったから押さえておく。これまだ文庫化してないですよね。賞取った時にまとめて文庫化するかなと思ったけど、そこまで怒涛の勢いはなかった。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
古処誠二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)