トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 古処誠二

古処誠二

古処誠二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

古処 誠二(こどころ せいじ、1970年3月10日 - )は、日本の小説家。
1970年、福岡県に生まれる。
高校卒業後、様々な職業を経て、航空自衛隊入隊。
2000年4月、自衛隊内部の事件を扱った『UNKNOWN』で第14回メフィスト賞を受賞、小説家デビュー。「2001 本格ミステリ・ベスト10」(原書房)において、『少年たちの密室』が第6位。
2001年、「インターネットで選ぶ日本ミステリー大賞2001(JMAI)」において、『少年たちの密室』が国内総合ランキング第1位、『UNKNOWN』が同第7位。「2002 本格ミステリ・ベスト10」(原書房)において、『未完成』が第4位。
2002年、「インターネットで選ぶ日本ミステリー大賞2002(JMAI)」において、『未完成』が国内総合ランキング第9位。
2003年、『ルール』で、第16回山本周五郎賞候補。
2004年、『接近』で第17回山本周五郎賞候補。
2005年、『七月七日』で第132回直木三十五賞候補。
2006年、『遮断』で第135回直木三十五賞候補。
2008年、『敵影』で第138回直木三十五賞候補。
2010年、『線』をはじめとする一連の執筆活動に対して第3回(池田晶子記念)「わたくし、つまりNobody賞」を授けられる。
2017年、『いくさの底』で第71回毎日出版文化賞受賞。

受賞歴

古処誠二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

古処誠二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

novelist_debut●古処誠二 『UNKNOWN』 (2000年)
tapkala沖縄の軍属の少年兵の話だと古処誠二の「遮断」がそうだった気がするけど、少年であることが罪を担保することを約束された話ではななかったので、あれはあれでしんどい。
vamosshogi古処誠二「いくさの底」読了。初めての作家さんだったが評判通りの一気読み。極限状態で生きる登場人物の想いが滲み出てくるような文章。
rei_f_rei_fいくさの底/古処誠二ビルマの駐屯村で起きた二つの殺人。誰が─なぜ?上から下までどこを輪切りにしたって戦争は悲惨。それは人類の共通認識。…なら、この作中の悲劇は?“底”にはきっと、歴史から打ち捨てられた悲しみが… https://t.co/84CbMdAlVe
tasaoka1古処誠二『アンノウン』発見された盗聴器は一体誰が何のために仕掛けたものか?調査するのは若い隊員と派遣されてきたエリート自衛隊という日本にしかない特殊な組織をどこかユーモラスに描く、ちょっとしたミステリー様々な意味を含んだタ… https://t.co/nuHjfuQn5R
tatsumi_cover古処誠二「未完成」(2001)講談社ノベルス https://t.co/4YGjOjxqIV
QMA_Mys_Bot2[エフェ](問題文失念)「古処誠二」 → こどころせいじ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
古処誠二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)