トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 古処誠二

古処誠二

古処誠二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

古処 誠二(こどころ せいじ、1970年3月10日 - )は、日本の小説家。
1970年、福岡県に生まれる。
高校卒業後、様々な職業を経て、航空自衛隊入隊。
2000年4月、自衛隊内部の事件を扱った『UNKNOWN』で第14回メフィスト賞を受賞、小説家デビュー。「2001 本格ミステリ・ベスト10」(原書房)において、『少年たちの密室』が第6位。
2001年、「インターネットで選ぶ日本ミステリー大賞2001(JMAI)」において、『少年たちの密室』が国内総合ランキング第1位、『UNKNOWN』が同第7位。「2002 本格ミステリ・ベスト10」(原書房)において、『未完成』が第4位。
2002年、「インターネットで選ぶ日本ミステリー大賞2002(JMAI)」において、『未完成』が国内総合ランキング第9位。
2003年、『ルール』で、第16回山本周五郎賞候補。
2004年、『接近』で第17回山本周五郎賞候補。
2005年、『七月七日』で第132回直木三十五賞候補。
2006年、『遮断』で第135回直木三十五賞候補。
2008年、『敵影』で第138回直木三十五賞候補。
2010年、『線』をはじめとする一連の執筆活動に対して第3回(池田晶子記念)「わたくし、つまりNobody賞」を授けられる。
2017年、『いくさの底』で第71回毎日出版文化賞受賞。

古処誠二新刊

  • 発売日
    2017年8月8日
  • 書名
    いくさの底
  • 発売日
    2017年7月25日
  • 書名
    中尉 (角川文庫)

受賞歴

古処誠二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

古処誠二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

novelist_debut●古処誠二 『UNKNOWN』 (2000年)
naokisho_senpyo[135N] 落選● 古処誠二『遮断』 - 評・渡辺淳一「濃い絵の具を塗りつぶしたような書き方が、ワンパターンで興を殺ぐ。」 https://t.co/A4BrqeJgZ9
KOROPPY古処誠二『いくさの底』第二次世界大戦中、軍隊の話でありながら、普通の戦争物とはちょっと違う。独特の味わいを持つ作品。対立する日本軍と重慶軍。その間にはさまれる、現地ビルマ人。危ういバランスの人間関係が描かれていて、ノンフィクションのような雰囲気も。
tirara0115古処誠二、よくよく見れば明らかな事実を隠すのがもう本当に上手くて、情報を得るごとに組み上げるロジックでサプライズを演出しているのが本当にいい
mahiro_megane今年は予定通り、『事件』と古処誠二を推していくことにします
theouls古処誠二さんの『いくさの底』、ものすごく不思議な味わいだった第二次世界大戦中、ビルマの日本軍基地で殺人事件が発生する…という話なんだけど、泥臭さがまったくない…起こっていることは血腥いのに、この本は終始清涼で不思議だった 新しいなあ
hideoharada今日の旅のお供は、古処誠二「いくさの底」(KADOKAWA)。マイ・フェイバリットな作家さんですが、昨年夏発売の本書は見逃していました。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
古処誠二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)