トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 古処誠二

古処誠二

古処誠二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

古処 誠二(こどころ せいじ、1970年3月10日 - )は、日本の小説家。
1970年、福岡県に生まれる。
高校卒業後、様々な職業を経て、航空自衛隊入隊。
2000年4月、自衛隊内部の事件を扱った『UNKNOWN』で第14回メフィスト賞を受賞、小説家デビュー。「2001 本格ミステリ・ベスト10」(原書房)において、『少年たちの密室』が第6位。
2001年、「インターネットで選ぶ日本ミステリー大賞2001(JMAI)」において、『少年たちの密室』が国内総合ランキング第1位、『UNKNOWN』が同第7位。「2002 本格ミステリ・ベスト10」(原書房)において、『未完成』が第4位。
2002年、「インターネットで選ぶ日本ミステリー大賞2002(JMAI)」において、『未完成』が国内総合ランキング第9位。
2003年、『ルール』で、第16回山本周五郎賞候補。
2004年、『接近』で第17回山本周五郎賞候補。
2005年、『七月七日』で第132回直木三十五賞候補。
2006年、『遮断』で第135回直木三十五賞候補。
2008年、『敵影』で第138回直木三十五賞候補。
2010年、『線』をはじめとする一連の執筆活動に対して第3回(池田晶子記念)「わたくし、つまりNobody賞」を授けられる。
2017年、『いくさの底』で第71回毎日出版文化賞受賞。
2018年、『いくさの底』で第71回日本推理作家協会賞受賞(長編および連作短編集部門)

古処誠二新刊

  • 発売日
    2018年7月27日
  • 書名
    生き残り

受賞歴

古処誠二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

古処誠二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tatsumi_cover古処誠二「未完成」(2001)講談社ノベルス https://t.co/4YGjOjfPRn
suzukiYue #今まで読んだ中で一番こわい短編小説 のタグを読んでて(?)思い出したんだけど。古処誠二「ルール」読んで泣いて。その後に祖母(戦前生まれ)に何か読む本無いか?と渡すしたら姉に、そのテの本は読ますな!って怒られた。ごめん、ばあちゃん。#言われてから気づく
ko_call衝撃を受けたといえば古処誠二の『ルール』、何だろうな…生きるために食べることは必須で、戦場でもそれは同じで、けれど食べるものが尽きたときの極限。死体を食べるのが行き着く所というお話が多いけれども、この小説はそれすら踏み越えた感情の極限を見せ付けて来る。ハードカバーの装幀が秀逸。
_omomomo日本陸軍を舞台にした小説だと、戦後の作家だけど古処誠二さんは本当にすごいと思う。一冊目は『ルール』がおすすめ
Kurokawanushi11古処誠二著『生き残り』を読んだ。
95Kogikuna古処誠二『中尉』/最後まで読んだ。良い。良かったぞー。
tapkala従軍看護婦は「メフェナーボウンのつどう道」だし、沖縄の兄弟(タイトル失念)は「七月七日」じゃん、て思った記憶が。古処誠二はよいですよ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
古処誠二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)