トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 夏川草介

夏川草介

夏川草介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

夏川 草介(なつかわ そうすけ、1978年 - )は、日本の医師、小説家。大阪府出身。信州大学医学部医学科卒業。医師として勤務するかたわら、2009年に『神様のカルテ』で第10回小学館文庫小説賞を受賞しデビューした。同作は第7回本屋大賞候補作にも選ばれている(最終的には2位)。「夏川草介」はペンネームである。
=
*『神様のカルテ』(2009年8月、小学館)のち文庫 
*『神様のカルテ2』(2010年9月、小学館)
*『神様のカルテ3』(2012年8月、小学館)
*『神様のカルテ0』(2015年2月、小学館)
*『本を守ろうとする猫の話』(2017年2月、小学館)
*『新章 神様のカルテ』(2019年2月、小学館)
*『勿忘草の咲く町で 安曇野診療記』(2019年11月、KADOKAWA)

受賞歴

夏川草介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

夏川草介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

UOQrV4Esv0gFcbS夏川草介さんの「新章 神様のカルテ」読了。毎回思うけど、読了後は暖かい気持ちになる。内容は全く異なるけれど緑川ゆきさんの「夏目友人帳」と同じ読了感だなぁ。
bot_9836「バンザイをします!」言うなり、いきなり両手をあげて「バンザーイ」と叫んだ。その衝動が私には理解できた。ほかに我らに何ができよう。我らはただ、去り行く友に何かをおくりたいのだ。元気で、生きて、戻ってこいと。神様のカルテ/夏川草介
365toyou人は生きていると、前へ前へという気持ちばかり急いて、どんどん大切なものを置き去りにしていくものでしょう。本当に正しいことというのは、一番初めの場所にあるのかもしれませんね『神様のカルテ』夏川 草介
kshiman7一に止まると書いて、正しいという意味だなんて、この年になるまで知りませんでした。 人は生きていると、前へ前へという気持ちばかり急いて、どんどん大切なものを置き去りにしていくものでしょう。本当に正しいことというのは、一番初めの場所にあるのかもしれません。 by神様のカルテ、夏川草介
miki_kkナイス 【新章 神様のカルテ/夏川草介】栗原一止が大学病院に移って2年が過ぎ、娘にも恵まれている。しかし市井の病院とは違い、複雑な症例に加えて死を目前にした患者とも向かい合わなければならない。一… → https://t.co/Likr0ZcMFp #bookmeter
yrsk05_ghoul #名刺代わりの小説10選 「神様のカルテ」 夏川草介「物語シリーズ」 西尾維新「羊と鋼の森」 宮下奈都「線は、僕を描く」 砥上裕將「人間失格」 太宰治「青の炎」、「悪の教典」 貴志祐介「君の膵臓をたべたい」 住野よ… https://t.co/qvYoQnHt0o
fujisaki0705#名刺代わりの小説10選柳澤桂子「すべてのいのちが愛おしい 生命科学者から孫への手紙」夢枕獏「陰陽師」甲田学人「Missing」ハセガワケイスケ「しにがみのバラッド。」村上龍「限りなく透明に近いブルー」夏川草介「神様の… https://t.co/PUOSQdAJap
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
夏川草介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)