トップページ > 作家名一覧 > にから始まる作家名一覧 > 西加奈子

西加奈子

西加奈子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

西 加奈子(にし かなこ、1977年5月7日 - )は、日本の小説家。イラン
・テヘラン生まれ。エジプト・カイロ、大阪府和泉市光明台育ち。和泉市立光明台中学校、大阪府立泉陽高等学校、関西大学法学部卒業。既婚。
『ぴあ』のライターを経て、出版社への持ち込み原稿であった『あおい』で2004年にデビューする。 2005年『さくら』が20万部を超えるベストセラーとなる。2012年5月、『きいろいゾウ』が、宮崎あおいと向井理出演で映画化され、2013年に公開された。
海外生活は、誕生から2歳までイラン・テヘラン、小学1年から5年までエジプト・カイロ。それ以降は大阪であり、性格的には根っからの大阪人である。
大阪に住んでいた頃からひそかに小説を書いては一人で悦に入っていたが、人に読ませたところ「技術はあるけど感情が無い」と言われ、「書きたくなるまで感情を溜めないとだめだ」と勧められるまま半年ほど断筆、その後に閃いたイメージから猛烈な勢いで一気に書き上げたのが『あおい』である。この作品に西はいたく愛着が湧き、「活字にせな」と思い立ち、いくつも仕事を掛け持ちして上京資金を貯め、「全部捨てんとアカン」とそれまでの大阪生活の全てを投げうって身一つで東京に移り住んだ。『あおい』は程なくして『世界の中心で、愛をさけぶ』の編集者の目にとまって出版にこぎつけ、西は文壇デビューを果たした。
直木賞受賞会見の席でも「プロレスから勇気をもらった」と語るほどの大のプロレスファン、特に新日本プロレスの棚橋弘至をひいきの選手に上げている。

西加奈子新刊

  • 発売日
    2018年2月28日
  • 書名
    おまじない (単行本)
  • 発売日
    2017年10月6日
  • 書名
    サラバ! 上 (小学館文庫)
  • 発売日
    2017年10月6日
  • 書名
    サラバ! 中 (小学館文庫)

受賞歴

西加奈子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

西加奈子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

horuse6西加奈子さん好きだー!!(サラバ読了)
wordsinbooksbot忘れてた。アレチさんのチャックは、やっぱりぽっかりと開いていた。(西加奈子著、きいろいゾウ)
ainntakko【ご本、出しときますね?/ 】毎回二人の作家さんと若林さんの対談。対談の終わりの今日のまとめみたいに本を紹介してくれる。朝井りょうさんや西加奈子さん羽田さんなどくせのある作家さんばかりで楽しかっ… → https://t.co/SQp2MJxRDZ #bookmeter
ericat00「さくら」西加奈子あんまり丁寧に、丁寧に丁寧に家族が描かれるから、自分がその一員だと思えてきて、家族が欠けたときの悲しみをくらってしまう。でもそれ以上に一人が欠けてショックを受けている家族の悲しみに共感して。特に最後の章のミキの言葉。痛くて優しい。『家族』が凝縮されてる。
2m0rita3西加奈子『さくら』読了
kakidasibot僕の手には今、一枚の広告がある。色の褪せたバナナの、陰鬱な黄色。折りたたみ自転車の、なんだか胡散臭いブルー。そして何かの肉の、その嫌らしい赤と、脂肪の濁った白。「さくら」西加奈子
ritonotori2「天才は産まれたときから天才だし、ずっと努力しつづけてるから、どんどん差が開いちまうんだ。おいらたちは、少なくとも、おいらは、その差を分かった上で、もう猪木さんにはなれねぇって分かった上で、その世界を生きていかなくちゃならねぇ」/西加奈子『ふくわらい』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)