トップページ > 作家名一覧 > にから始まる作家名一覧 > 西加奈子

西加奈子

西加奈子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

西 加奈子(にし かなこ、1977年5月7日 - )は、日本の小説家。イラン
・テヘラン生まれ。エジプト・カイロ、大阪府和泉市光明台育ち。大阪府立泉陽高等学校、関西大学法学部卒業。既婚。
『ぴあ』のライターを経て、出版社への持ち込み原稿であった『あおい』で2004年にデビューする。 2005年『さくら』が20万部を超えるベストセラーとなる。2012年5月、『きいろいゾウ』が、宮崎あおいと向井理出演で映画化され、2013年に公開された。
海外生活は、誕生から2歳までイラン・テヘラン、小学1年から5年までエジプト・カイロ。それ以降は大阪であり、性格的には根っからの大阪人である。
大阪に住んでいた頃からひそかに小説を書いては一人で悦に入っていたが、人に読ませたところ「技術はあるけど感情が無い」と言われ、「書きたくなるまで感情を溜めないとだめだ」と勧められるまま半年ほど断筆、その後に閃いたイメージから猛烈な勢いで一気に書き上げたのが『あおい』である。この作品に西はいたく愛着が湧き、「活字にせな」と思い立ち、いくつも仕事を掛け持ちして上京資金を貯め、「全部捨てんとアカン」とそれまでの大阪生活の全てを投げうって身一つで東京に移り住んだ。『あおい』は程なくして『世界の中心で、愛をさけぶ』の編集者の目にとまって出版にこぎつけ、西は文壇デビューを果たした。
直木賞受賞会見の席でも「プロレスから勇気をもらった」と語るほどの大のプロレスファン、特に新日本プロレスの棚橋弘至をひいきの選手に上げている。

西加奈子新刊

  • 発売日
    2017年1月17日
  • 書名
    うっとり、チョコレート (おいしい文藝)
  • 発売日
    2017年1月13日
  • 書名
    舞台 (講談社文庫)
  • 発売日
    2016年12月23日
  • 書名
    眠れなくなる 夢十夜 (新潮文庫)

受賞歴

西加奈子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

西加奈子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

PuMiyoko西加奈子さんの新刊 i 私にしては珍しく1日で一気に読了。今まで読んできた西さんの小説とは全く違った内容のもの。実際に世界中で起きた悲惨なテロや災害にも触れ現実味を帯びている。西さん自身テヘランで生まれカイロで育った経緯があるから… https://t.co/TW9LNJYocZ
yomogi_green西加奈子さんで好きな作品、めっちゃ迷うけどこんな感じです!「うつくしい人」はおすすめしたら良かったって言ってくださった方が多いかも。「漁港の肉子ちゃん」は登場人物みんな好き。「炎上する君」は初めて読んだ作品集で、衝撃を受けました。… https://t.co/nYCeQkSW4s
TakeChan2525レポート『柴崎友香、西加奈子による対談』(東京国際ブックフェア)♪───O(≧∇≦)O────♪ブログ!『竹ちゃん書林《電子出版のすすめ》』https://t.co/jvUgPzwFAjhttps://t.co/QomDwDx5Cv
uraken07102017年28冊目。「あおい」。西加奈子。西加奈子のデビュー作。ほんと西加奈子の描く物語はシンプルでリアルだなぁ。恋人と、友達と、ぐらいとしか繋がってない世界があって、そこから出た時にはじぶんじゃなくなるかのような、そんな世界のお… https://t.co/hdfvuOnv0L
gacky37西加奈子著「i」を読んだ。これがよくできていて素晴らしかった。前作の「サラバ」と並んで非常にいい。主人公がシリア系米国人で、日本社会で生活していくストーリー。この作者はなぜ、こんなにも離れた世界のことをリアルに書けるのだろうか。。。次回作も楽しみ。
tetsu_akari金曜日から西加奈子ばっかり連続で読んでる。 https://t.co/cT9ZKmv15Y
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)