トップページ > 作家名一覧 > にから始まる作家名一覧 > 西加奈子

西加奈子

西加奈子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

西 加奈子(にし かなこ、1977年5月7日 - )は、日本の小説家。イラン
・テヘラン生まれ。エジプト・カイロ、大阪府和泉市光明台育ち。和泉市立光明台中学校、大阪府立泉陽高等学校、関西大学法学部卒業。既婚。
『ぴあ』のライターを経て、出版社への持ち込み原稿であった『あおい』で2004年にデビューする。 2005年『さくら』が20万部を超えるベストセラーとなる。2012年5月、『きいろいゾウ』が、宮崎あおいと向井理出演で映画化され、2013年に公開された。
海外生活は、誕生から2歳までイラン・テヘラン、小学1年から5年までエジプト・カイロ。それ以降は大阪であり、性格的には根っからの大阪人である。
大阪に住んでいた頃からひそかに小説を書いては一人で悦に入っていたが、人に読ませたところ「技術はあるけど感情が無い」と言われ、「書きたくなるまで感情を溜めないとだめだ」と勧められるまま半年ほど断筆、その後に閃いたイメージから猛烈な勢いで一気に書き上げたのが『あおい』である。この作品に西はいたく愛着が湧き、「活字にせな」と思い立ち、いくつも仕事を掛け持ちして上京資金を貯め、「全部捨てんとアカン」とそれまでの大阪生活の全てを投げうって身一つで東京に移り住んだ。『あおい』は程なくして『世界の中心で、愛をさけぶ』の編集者の目にとまって出版にこぎつけ、西は文壇デビューを果たした。
直木賞受賞会見の席でも「プロレスから勇気をもらった」と語るほどの大のプロレスファン、特に新日本プロレスの棚橋弘至をひいきの選手に上げている。棚橋弘至とプロレスの良さをオードリーの若林正恭に飲んでる席で泣きながら勧めた。その後、若林はすぐに棚橋の本を買って読み、対談で感銘を受けた事を西に伝えたが、当の本人は酔っていて覚えてなかったという。

受賞歴

西加奈子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.7.16 『文藝』86年ぶり2度目の3刷決定 韓国文学・フェミニズムを特集

    POPなポイントを3行で

  • 2019.4.25 『漁港の肉子ちゃん』西加奈子

    私がこの横丁カフェで本をご紹介させていただくのも、今回で最後になりました。大好きな本をたくさん並べて、どの本を選ぼうか迷っていたら、本から「私を選んでくれたらええんやでっ!」という主人公の強烈な声が聞こえたような気がしたので、最後の1冊はこれに決めました。『漁港の肉子ちゃん』西加奈子(幻冬舎)です。

  • 2018.4.17 小説もエッセイも笑って泣ける感動作揃い! 西加奈子おすすめ12作品

    直木賞作家・西加奈子待望の短編集『おまじない』(筑摩書房)が2018年3月2日に出版される。自身も関西で育ち、人情や愛憎の色濃い関西を舞台としたものが多い作品の数々には、引き込まれるように笑って読み進めながらも、クライマックスで人々の深い愛情に触れ、思わず涙するものも多い。本ページでは、そんな中からおすすめ作品の魅力をぎゅっと絞って紹介したい。

西加奈子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

unryu7これは読みたい。西加奈子さんの絵が好きなので。 https://t.co/eJYu3FrUYw
YSTixdr5CWNyCo6若新さん、吾郎さんの男前度はトップ3に入るってトークから西加奈子さんが「吾郎さんの中身は芸術家たまたまめっちやハンサムやったからアイドルとして世に出ちゃった」って賛辞を思いだした☺️#THETRAD
Books91103843「字のないはがき」向田邦子さんの名エッセイを角田光代さんと西加奈子さんが絵本にしました。静かな反戦絵本です。晴天の奈良、青空と生駒山。 https://t.co/TO2UHbNvyx" target="_blank">https://t.co/TO2UHbNvyx>
KING_of_RIAKOI3日前の自分へ。日帰り遊びぴあはAぇ! group×こども本の森中之島っていう最高なロケーションだったよおめでとう!!読ファでも恩田陸さんと西加奈子さんの話してたり……正門くんの読書話たくさん聞きたいなあ〜〜〜 https://t.co/T5lIAED5n7
FrPm2LBoSTIOWdP『サラバ!』西加奈子「あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ。」いま、この物語に出会えてよかった。自分の中にも確かにある醜い部分も抉り出された。他人からの承認欲求。そんなんじゃなくて自分が絶対的に信じる化け物は何か。ノルウェイ越えたかも。
soumamachan『舞台』西加奈子(講談社文庫)#読了周りから自意識過剰と表現されそうな主人公葉太。変な奴って思ったけど、「趣味は読書です。」って言ったら意外と思われそうで恥ずかしいから読書垢でしか曝け出せない部分とか、私の中にも葉太の被る所があ… https://t.co/ilHBSbUyZS
55Daraneko【本棚登録】『サラバ! (上) (小学館文庫)』 西加奈子 https://t.co/9IfHrrjEvc #booklog
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)