トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 雫井脩介

雫井脩介

雫井脩介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

雫井 脩介(しずくい しゅうすけ、1968年11月14日 - )は、日本の小説家・推理作家。愛知県生まれ。専修大学文学部卒業。
大学卒業後、出版社や社会保険労務士事務所などでの勤務を経て、1999年、内流 悠人(ないる ゆうと)名義で応募した『栄光一途』で第4回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞。2000年、同作でデビュー。その後推理小説を中心に発表し、2004年に刊行した『犯人に告ぐ』は、2004年版「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位に、2005年版「このミステリーがすごい!」で第8位に選ばれ、第26回吉川英治文学新人賞の候補となった。2005年、同作で第7回大藪春彦賞を受賞。2006年に刊行した『クローズド・ノート』以降は、恋愛小説や家族小説など作風を広げている。2016年、『望み』で第7回山田風太郎賞候補。

受賞歴

雫井脩介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

雫井脩介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

cinema_eiga『クローズド・ノート』2007年公開。日本の小説家・雫井脩介の小説をは原作とした日本映画。香恵の家には、その家の前の住人の忘れ物と思われる一冊のノートがあった。ふと寂しさに襲われた香恵はそのノートを読んでしまう・・・。 https://t.co/FWBolnN0eM
hit4boy雫井脩介『クローズド・ノート』自身の将来と恋に悩める主人公は、会ったこともない女性教師の言葉に励まされ勇気をもらいます。主人公と女性教師の謎の関係性は早々に判明します。それでもラストはぐぐっと感動し、著者のあとがきで涙するのです。https://t.co/TerD85K9tg
cordnamenameko雫井脩介さんの仮面同窓会読み終わった…もしかしてってところとえっ!?ってところも終盤にあって読み終えた感想は後味は悪いけどおもしろかった
wakam15917雫井脩介のおすすめ作品6選!読む人の心をとらえて放さない | ホンシェルジュ https://t.co/hhixLjUHv5 via @honcierge
asitanowa「犯罪小説家」雫井脩介 読了。待居がかいた【凍て鶴】という作品。それを小野川が映画化する事で始まった【凍て鶴】の原点探し。それに巻き込まれるライターの今泉。調べて行くうちに「 落花の会」という自殺系サイトにたどり着くが、、、とにかく作品後半の恐怖が凄い〜(ll゚ω゚)
novel_beginning「紀藤さん。昨日は結構遅かったんじゃないですか?」火の粉/雫井脩介
kazuha_m⑫『犯人に告ぐ』雫井脩介男児誘拐事件で被害者を救えなかった事からメディアに糾弾され左遷された主人公が、6年後に起こった連続男児殺人事件で現場に呼び戻され、今度は自らメディアを利用して犯人に呼びかける「劇場型捜査」をする…というストーリー。オチよりも途中経過が読み応えアリ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
雫井脩介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)