トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 雫井脩介

雫井脩介

雫井脩介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

雫井 脩介(しずくい しゅうすけ、1968年11月14日 - )は、日本の小説家・推理作家。愛知県生まれ。専修大学文学部卒業。
大学卒業後、出版社や社会保険労務士事務所などでの勤務を経て、1999年、内流 悠人(ないる ゆうと)名義で応募した『栄光一途』で第4回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞。2000年、同作でデビュー。その後推理小説を中心に発表し、2004年に刊行した『犯人に告ぐ』は、2004年版「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位に、2005年版「このミステリーがすごい!」で第8位に選ばれ、第26回吉川英治文学新人賞の候補となった。2005年、同作で第7回大藪春彦賞を受賞。2006年に刊行した『クローズド・ノート』以降は、恋愛小説や家族小説など作風を広げている。2016年、『望み』で第7回山田風太郎賞候補。

受賞歴

雫井脩介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

雫井脩介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

arinkoyuichi内容(「BOOK」データベースより)警察、犯人、被害者家族―前代未聞の騙し合いが始まる!巧妙に仕組ま...『犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼』雫井 脩介 ☆3 https://t.co/YrgVUOdbCW
tomoyukintoki雫井脩介氏「検察側の罪人」を読んだ。時効事件の容疑者をめぐり、若手検事は、上司にあたるベテラン検事の強引な捜査方法により、対立し、事件の不審点を洗いなおしてゆく。検察の在り方、正義の在り方を問われ、興味深いリーガル・サスペンスといえる。
yuki915523雫井脩介の『検察側の罪人』読み始めました。最初、キラキラしすぎと思ったけど、諏訪部登場で楽しくなってきた。二宮くんと松重さんかあ、と、改めて楽しみ。
rough_kindle「検察側の罪人(上)」雫井脩介 (著)木村拓哉・二宮和也で映画化!人が人を裁くとは?最上に心酔する若手検事の沖野は厳しい尋問で松倉を締め上げるが、最上の強引なやり方に疑問を抱くようになる。正義のあり方を根本から問う、雫井… https://t.co/g1qUUocwAB
toriiro_bot「だいたい、息子に言わせると、映像の世界じゃ捏造と演出は同義語らしいですよ」(雫井脩介「犯人に告ぐ」)
shousetsuzukiナイス 【犯人に告ぐ 下 (双葉文庫)/雫井 脩介】面白くなかった。 → https://t.co/9ionXnAgAR #bookmeter
sevenswell_777@yuma_anison 森博嗣さん『スカイ・クロラ』雫井脩介さん『犯人に告ぐ』天沢退二郎さん『光車よ、まわれ!』大石圭さん『1303号室』貴志祐介さん『黒い家』恒川光太郎さん『雷の季節の終わりに』ぱっと浮かんだのはこんなとこです
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
雫井脩介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)