トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石田衣良

石田衣良

石田衣良さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石田 衣良(いしだ いら、1960年3月28日 - )は、日本の小説家。本名は石平庄一(いしだいらしょういち)。ペンネームの由来は本名「石平(いしだいら)」を分割したもの。
1960年(昭和35年)生まれ。東京都江戸川区出身。姉が2人いる。子どものころから本を読むことが好きで、近所の3つの図書館から毎週4冊ずつ本を借りて読み、それでも足りなくて、文庫本を購入していたという。特に好きであったのはハヤカワ文庫や東京創元社のSF・ミステリで、アーサー・C・クラークやアイザック・アシモフが好きだったという。1978年、成蹊大学経済学部に入学、1983年に卒業した。
大学卒業後はフリーター生活を送っていたが、母親の他界をきっかけに就職を決意し、広告制作プロダクション・広告代理店にコピーライターとして勤務した後、33歳の時にフリーのコピーライターとなる。
36歳の時に小説家になることを決意し、数々の新人賞に応募。1997年、それまで応募したことのなかったミステリーの賞に応募したところ、第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞。そのデビュー作が「池袋ウエストゲートパーク」である。以後、『4TEEN フォーティーン』で第129回(2003年上半期)直木賞を、2006年、『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞を受賞する。同年、映画『LOVE MY LIFE』に出演した。
時事問題や社会的に問題となった事件などに触発されて執筆を決意することが多く、『うつくしい子ども』は神戸連続児童殺傷事件が、『約束』は大阪教育大学附属池田小学校児童殺傷事件が、『ブルータワー』はアメリカ同時多発テロ事件が、それぞれ執筆のきっかけとなっている。
2013年8月、雷田四位(らいだしい)というペンネームを使って初の電子書籍限定書き下ろしライトノベル作品『SAKASHIMA -東島進駐官養成高校の決闘』を書籍投稿サイト「E★エブリスタ」で9月11日から半年間連載することを発表した。
2015年、有料メルマガを配信する「夜間飛行」より、月2回、第2・4金曜日に小説やエッセイなどを配信するウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊。

石田衣良新刊

  • 発売日
    2017年5月19日
  • 書名
    人間は愛でできている 石田衣良の恋愛相談対決 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
  • 発売日
    2017年2月15日
  • 書名
    LAST
  • 発売日
    2017年2月15日
  • 書名
    SEX セックスお悩み相談室Q&A

受賞歴

石田衣良関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石田衣良関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

onthepaper_botぼくは真実も深部も見たくはない。表面を飾ろうとする気もちだけで、ぼくにはどの女性も魅力的に思えた。悪趣味でちぐはぐな衣装だと人をあざけることは、ほんとうは誰にもできないはずなのだ。(娼年 石田衣良)
kotonoha0127今のぼくにはセックスは手順の決まった面倒な運動だった。夏の朝のラジオ体操と同じだ。実際におこなえばそれなりに気もちはいいが、寝心地のいいひとりきりのベッドを抜けだしてまで試す価値はない。(『娼年』石田衣良)
tomoyukintoki石田衣良氏の池袋ウエストゲートパークシリーズを読んでいた。池袋の最近の実情と、この地に彷徨する犯罪と暗躍する裏社会のなかで、マコトが池袋の生活の安全と治安の維持のために奮闘する。池袋を守り、裏社会を知り尽くして事件の真相を追及するマコトを見習って、今日も頑張るか。
magicianwizbot問3479 ドラマ化もされた小説新宿鮫シリーズで知られるハードボイルド作家は誰答 大沢在昌(石田衣良:4TEEN フォーティーン 渡辺淳一:光と影)
twi2nakayamaジャンケンのように人はどこかで負けて、どこかで勝つ。(カンタ、石田衣良)
bl_fjoshi【BLの香りがする小説】石田衣良「娼年」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
石田衣良さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)