トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石川智健

石川智健

石川智健さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石川 智健(いしかわ ともたけ、1985年 - )は、日本の小説家。神奈川県出身。兼業作家。
大学時代にアレクサンドル・デュマの作品と出会い作家を志す。2011年、『グレイメン』(応募時タイトル「gray to men」)で第2回ゴールデン・エレファント賞大賞を受賞。2012年、同作で小説家デビュー。
グレイメン(2012年2月 エイ出版社)
エウレカの確率シリーズ
*経済学捜査員 伏見真守(2014年3月 講談社 / 2016年5月 講談社文庫)
*経済学捜査員とナッシュ均衡の殺人(2015年2月 講談社)
**【改題】よくわかる殺人経済学入門(2016年9月 講談社文庫)
*経済学捜査員VS談合捜査(2016年9月 講談社)
もみ消しはスピーディーに(2014年9月 講談社)
60 tとfの境界線(2015年10月 講談社)
*【改題】60 誤判対策室(2018年3月 講談社文庫)
法廷外弁護士・相楽圭 はじまりはモヒートで(2016年5月 角川書店)
小鳥冬馬の心像(2017年6月 光文社)
*ため息に溺れる(2018年2月 中公文庫)
*キリングクラブ(2019年2月 幻冬舎)
*20 誤判対策室 (2019年8月 講談社)

石川智健新刊

  • 発売日
    2019年8月21日
  • 書名
    20 誤判対策室
  • 発売日
    2019年5月15日
  • 書名
    第三者隠蔽機関 (講談社文庫)

受賞歴

石川智健関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石川智健関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

honzuki_jp完全犯罪の目的とは! 『20 誤判対策室 60 誤判対策室/石川智健/講談社』 https://t.co/i3ECdQHurg #本が好き
ikegami990▼共同通信の連載で門井慶喜『定価のない本』(東京創元社)と石川智健『20-誤判対策室』(講談社)をとりあげました。GHQ占領下の神田古本街を舞台にした古書業界ミステリの前者、『60』(講談社文庫。解説は僕)に続くケレン味たっぷりの刑事と犯人のゲームを描く後者、どちらも面白い。
nekotunmamaアメブロを更新しました。 『石川智健』 #石川智健 #20https://t.co/fb0I78xgo8
kinrough<46%オフ・933円セール>「キリングクラブ」石川智健 (著) エリートサイコパスのみで構成される超高級社交クラブ。その会員が、何者かに次々と殺されていく。最注目の著者が放つ、伏線だらけのジェットコースター・ミステリー!… https://t.co/lBM03jJdLq
usausa5石川智健『20 誤判対策室』読了。警視庁を定年退職後、誤判対策室に採用された元刑事のもとに、殺人を犯し自首してきた元裁判官の男がゲームをしかけてきた。 「私の犯罪を証明し、起訴できなければ、あなたの娘を殺します」 見つからない… https://t.co/lowcN3oJzg
tkytky_kur0w1z帰りに本屋をチラ見してきたら、欲しい本が何冊か。貫井徳郎、湊かなえ、石川智健の新作あたり。加納朋子の『いつかの岸辺に跳ねていく』も気になった。しかし、お金下ろすの忘れて手持ちがなかったので今度に持ち越し。
jnb201920 : 誤判対策室 / 石川智健 著.東京 : 講談社, 2019.8.https://t.co/btnHQG78PJhttps://t.co/UK0m29sxIx
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
石川智健さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)