トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石川智健

石川智健

石川智健さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石川 智健(いしかわ ともたけ、1985年 - )は、日本の小説家。神奈川県出身。兼業作家。
大学時代にアレクサンドル・デュマの作品と出会い作家を志す。2011年、『グレイメン』(応募時タイトル「gray to men」)で第2回ゴールデン・エレファント賞大賞を受賞。2012年、同作で小説家デビュー。
グレイメン(2012年2月 エイ出版社)
エウレカの確率シリーズ
*経済学捜査員 伏見真守(2014年3月 講談社 / 2016年5月 講談社文庫)
*経済学捜査員とナッシュ均衡の殺人(2015年2月 講談社)
**【改題】よくわかる殺人経済学入門(2016年9月 講談社文庫)
*経済学捜査員VS談合捜査(2016年9月 講談社)
もみ消しはスピーディーに(2014年9月 講談社)
60 tとfの境界線(2015年10月 講談社)
法廷外弁護士・相楽圭 はじまりはモヒートで(2016年5月 角川書店)
小鳥冬馬の心像(2017年6月 光文社)

石川智健新刊

  • 発売日
    2017年6月16日
  • 書名
    小鳥冬馬の心像

受賞歴

石川智健関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石川智健関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

namaketar0u石川智健「小鳥冬馬の新像」(光文社)購入。「宝石 ザ ミステリー Blue」掲載分が面白かったので単行本が出たら読みたいと思っていたのに、6月に刊行されていたのを見逃していました。安楽椅子探偵ならぬ不安椅子探偵という名称が気に入っ… https://t.co/aVdz76dO3y
blackmoon528『エウレカの確率 経済学捜査員VS.談合捜査』(石川智健)損得勘定で起こる合理的殺人を経済学の観点から捜査する特別捜査官伏見真守が、談合、裏金、建築偽装が絡む建設業界の黒い裏側を暴く作品。シリーズ3作目も楽しめたhttps://t.co/B5X2pN4oa1 #最近読んだ本
m14oSeiG1w0ミステリー2冊。まず石川智健さんの「小鳥冬馬の心像」坂木司さんの引きこもり探偵がもう少し病んだ感じ。同級生刑事とのバデイなやりとりが面白かった。次はラグナル・ヨナソンのアイスランドもの「雪盲」恋愛に煮え切らない主人公にイラッとする… https://t.co/pAg8dT9tec
Kinoppy_Store《夏☆電書》【真夏のエンタメ・ミステリーフェア】『エウレカの確率』『60 tとfの境界線』石川智健(著)などなど、対象作品が8/17(木)まで特別価格! #kinoppy #ebook https://t.co/tVdSCZbDjU https://t.co/PFVbihTe0m
tamentaikun小鳥冬馬の心像(石川智健著、光文社)を読みました。「甘美な罠、許されざる復讐。そして迎える慟哭のラスト」不安椅子探偵と刑事コンビの活躍を描く新感覚ミステリー。最後まで展開が読めないストーリー。読み終えて伏線に納得です。鬱病… https://t.co/F9c921aMOu
mhosoya2010『●石川智健 『小鳥冬馬の心像』 光文社』⇒ https://t.co/hwJdBfU0Gp #アメブロ @ameba_officialさんから ●この探偵さん。この先どうやって生きていくのでしょうか? 不安です。
MentalHealthPot「小鳥冬馬の心像」石川智健著 - 日刊ゲンダイ[02:03] https://t.co/YcfoPUpTdC
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
石川智健さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)