トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石川智健

石川智健

石川智健さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石川 智健(いしかわ ともたけ、1985年 - )は、日本の小説家。神奈川県出身。兼業作家。
大学時代にアレクサンドル・デュマの作品と出会い作家を志す。2011年、『グレイメン』(応募時タイトル「gray to men」)で第2回ゴールデン・エレファント賞大賞を受賞。2012年、同作で小説家デビュー。
=
エウレカの確率 経済学捜査員 伏見真守(2014年3月 講談社 / 2016年5月 講談社文庫)
エウレカの確率 経済学捜査員とナッシュ均衡の殺人(2015年2月 講談社)
*【改題】エウレカの確率 よくわかる殺人経済学入門(2016年9月 講談社文庫)
エウレカの確率 経済学捜査員VS.談合捜査(2016年9月 講談社)

石川智健新刊

  • 発売日
    2020年2月14日
  • 書名
    エウレカの確率 経済学捜査と殺人の効用 (講談社文庫)
  • 発売日
    2019年12月19日
  • 書名
    この色を閉じ込める (中公文庫)

受賞歴

石川智健関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石川智健関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Nosy_gmanこの色を閉じ込める/石川智健/中公文庫 ※ネタバレなし 離婚歴のある女刑事とオタク男刑事の掛け合いが面白い。内容はホラー色強めだけどオタク男のおかげでマイルドに進行する。このオタクみたいに生きられたら最高なのになぁ。#小説#ミステリー
bookwall経済学の理論で事件を解決していくという石川智健さんの「エウレカの確率」シリーズ第3弾「経済学捜査と殺人の効用」ミステリを楽しみながら、行動経済学にも触れられる。個性豊かな登場人物と美味しそうなおやつも魅力的。シリーズを… https://t.co/58HNxhQRYZ
lyricism1333「法廷外弁護士・相楽圭 はじまりはモヒートで」石川智健法廷外(裁判以外)で相談事を解決していくお話が三編。難しい単語が出てくることもなく、さらりと読めるものの…キャラ設定が私の好みとは合わず。それってどうなの?と思ってしまう… https://t.co/ivOVqPdJqU
hima_kaeru_kun昨日は久しぶりに『誤判対策室』ネムネムで
Theater_League▼5/8 21:00~1:50 シネフィルWOWOW 連続ドラマW「60 誤判対策室」(2018・全5話一挙放送)監督:熊切和嘉 脚本:高田亮 原作:石川智健出演:舘ひろし/古川雄輝/星野真里/村上淳/赤堀雅秋/ハマカワフミエ… https://t.co/FdjbTL89w2
novel_uta石川智健さん( @i_tomotake )の【#誤判対策室 20】#読了 しました〜★世良が去り、有馬と春名と新たなメンバー三人で動いている誤判対策室に、捜査本部から有馬に指名が入る。裁判官だった容疑者・紺野が有馬でないと… https://t.co/gCWeZIYXnU
KVZwxIXgvusWgP9読んだ文庫本 #読了石川智健さんの「第三者隠蔽機関」不祥事のもみ消しのスペシャリスト登場!#石川智健#講談社文庫 https://t.co/nt1Nad4ail
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
石川智健さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)