トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石川智健

石川智健

石川智健さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石川 智健(いしかわ ともたけ、1985年 - )は、日本の小説家。神奈川県出身。兼業作家。
大学時代にアレクサンドル・デュマの作品と出会い作家を志す。2011年、『グレイメン』(応募時タイトル「gray to men」)で第2回ゴールデン・エレファント賞大賞を受賞。2012年、同作で小説家デビュー。
グレイメン(2012年2月 エイ出版社)
エウレカの確率シリーズ
*経済学捜査員 伏見真守(2014年3月 講談社 / 2016年5月 講談社文庫)
*経済学捜査員とナッシュ均衡の殺人(2015年2月 講談社)
**【改題】よくわかる殺人経済学入門(2016年9月 講談社文庫)
*経済学捜査員VS談合捜査(2016年9月 講談社)
もみ消しはスピーディーに(2014年9月 講談社)
60 tとfの境界線(2015年10月 講談社)
*【改題】60 誤判対策室(2018年3月 講談社文庫)
法廷外弁護士・相楽圭 はじまりはモヒートで(2016年5月 角川書店)
小鳥冬馬の心像(2017年6月 光文社)
*ため息に溺れる(2018年2月 中公文庫)

石川智健新刊

  • 発売日
    2019年2月7日
  • 書名
    キリングクラブ

受賞歴

石川智健関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石川智健関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nako33読み始めた「キリングクラブ」石川智健 が面白いぞ!
sengaiakiyuki発売中の「本の雑誌」4月号の書評欄で、周木律『大聖堂の殺人~The Books~』(講談社文庫)、重松清『木曜日の子ども』(KADOKAWA)、石川智健『キリングクラブ』(幻冬舎)、倉井眉介『怪物の木こり』(宝島社)、井上ねこ『盤上に死を描く』(宝島社文庫)を紹介しました。
NewsIshikawa「キリングクラブ」石川智健著|日刊ゲンダイDIGITAL - 日刊ゲンダイ https://t.co/RsjWb7MqRl石川関連のニュース https://t.co/SP1SmkFqVm #石川県
ifFM7g3CpbwxipM60/石川智健/講談社(池上冬樹)ラスト2章が特に面白い。 https://t.co/a0QGXxW9dZ
BooK_BooBoo『キリングクラブ』石川智健#読了社会的地位を持つサイコパスが集う秘密クラブ、そのゲストが次々に殺されていく。視点が変わる進み方で情報量も多いのにスッキリしてて読みやすい。ラストが特にサイコパス~って感じで面白かった。結構グ… https://t.co/IHDF41qBEx
H6M5_613『月光条例』作者:藤田和日郎。『からくりサーカス』を今頃やってるのだから、可能性は0ではない。「黒猫シリーズ」作者:森晶麿。男女バディものは実写しやすいよね! でも、美学講義はちょっと難しいか?『エウレカの確率』作者:石川智健。斬新な探偵さんは、実写に最適だと思うんですよ。
isago石川智健 @i_tomotake さんの読み切り読みたくてようやく購入! https://t.co/kupmATlJaH
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
石川智健さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)