トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石川智健

石川智健

石川智健さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石川 智健|いしかわ ともたけ|1985年 - は、日本の小説家。神奈川県出身。兼業作家。
大学時代にアレクサンドル・デュマの作品と出会い作家を志す。2011年、『グレイメン』(応募時タイトル「gray to men」)で第2回ゴールデン・エレファント賞大賞を受賞。2012年、同作で小説家デビュー。
=
*エウレカの確率 経済学捜査員 伏見真守(2014年3月 講談社 / 2016年5月 講談社文庫)
*エウレカの確率 経済学捜査員とナッシュ均衡の殺人(2015年2月 講談社)
**【改題】エウレカの確率 よくわかる殺人経済学入門(2016年9月 講談社文庫)
*エウレカの確率 経済学捜査員VS.談合捜査(2016年9月 講談社)

受賞歴

石川智健関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石川智健関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

makin3939広告の企画とかコピー、セールスプロモーションのアイディア、書籍のテーマ等を出すために脳味噌を雑巾のように絞る日々。そんな雑巾を潤してくれたのは小説だった。最近では、森晶麿さん、榎本憲夫さん、吉川英梨さん、石川智健さん、六道慧さん、喜多喜久さん、鳴神響一さん、黒崎視音さん、
VeZtNJHRvrWMg0v#りほの本棚ため息に溺れる 石川智健人の気持ちを読み取るのが難しい、本日part2。いくら日記が残っていてもそこに本当の気持ちが反映されているかはわからない。ということは実際の所は本人しか考えていることはわからない。読み終わった私もため息に溺れました。
gutetamadayo大体の事情が分かったので、これ以上は聞かなくても問題ない。つまり、鳥居はなにか『ため息に溺れる』 石川智健
ZX14RKawasaki石川智健さん「60 誤判対策室」読了。なりふり構わず冤罪を防ぐ老刑事。真犯人を暴くのではなく、被告人の無実を証明していく。 https://t.co/8anl545EGm
sun8now【断罪 悪は夏の底に】 石川智健 稲城検事の命で、警視庁の青山陽介が調査に向かった武蔵野東署では、行方不明者が続いている。美しき検案医・夏目塔子が関係するのか。 ⇒ https://t.co/iOSxBMNMyb
Fox22274小鳥冬馬の心像/石川智健自分が事件を解決しないことで誰かが被害に遭うことが怖くて仕方がない冬馬の推理劇。安楽椅子探偵ではあるものの、他の作品とは一線を画した探偵。視点は面白かったが、今ひとつ冬馬の人側が伝わらなかった点が惜しい… https://t.co/oyvVOpcAuX
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
石川智健さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)