トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石川智健

石川智健

石川智健さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石川 智健(いしかわ ともたけ、1985年 - )は、日本の小説家。神奈川県出身。兼業作家。
大学時代にアレクサンドル・デュマの作品と出会い作家を志す。2011年、『グレイメン』(応募時タイトル「gray to men」)で第2回ゴールデン・エレファント賞大賞を受賞。2012年、同作で小説家デビュー。
グレイメン(2012年2月 エイ出版社)
エウレカの確率シリーズ
*経済学捜査員 伏見真守(2014年3月 講談社 / 2016年5月 講談社文庫)
*経済学捜査員とナッシュ均衡の殺人(2015年2月 講談社)
**【改題】よくわかる殺人経済学入門(2016年9月 講談社文庫)
*経済学捜査員VS談合捜査(2016年9月 講談社)
もみ消しはスピーディーに(2014年9月 講談社)
60 tとfの境界線(2015年10月 講談社)
法廷外弁護士・相楽圭 はじまりはモヒートで(2016年5月 角川書店)
小鳥冬馬の心像(2017年6月 光文社)

石川智健新刊

  • 発売日
    2017年6月16日
  • 書名
    小鳥冬馬の心像

受賞歴

石川智健関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石川智健関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

namaketar0u「小鳥冬馬の心像」(石川智健)読了。プロローグと第一章は「宝石ザミステリーBlue」で既読でしたが、こんな展開になるとは思ってもみませんでした。真犯人がこのような凶行に及ばざるを得なかったのが残念です。冬馬の病状は心配ですが、「不… https://t.co/bep7Vu78C9
ka8maki久しぶりに読んだけど、このふたりのやり取り…というか、レイラさんの「町田氏(上司)の扱い」が終始笑えるので、本筋+そこも推したい。『もみ消しはスピーディーに』/石川智健( @i_tomotake )さん https://t.co/2NuTWVC26l
02kazumin25久しぶりに小説 3冊読んだ。なかでも 石川智健の小鳥冬馬の心像が なかなか面白かった!シリーズ化されそう(*^ω^*)
satsea77「小鳥冬馬の心像」 石川智健 ★★★★☆ https://t.co/DgDmcYp2XW
mikipuchi『もみ消しはスピーディーに 石川智健』覚え書き(メモ)&日記new|https://t.co/KZt179ibbZ
sociopath_poe石川智健「小鳥冬馬の心像」#読了自分の言動1つ取っても誰かを傷つけるんじゃないか、といつも不安になってしまう加害恐怖を患ってる小鳥冬馬が人を助けるために、自ら自身の心に負荷をかけてまで事件の解明に挑む姿に胸が締め付けられる想いで… https://t.co/c8n8cEEtFW
blackmoon528『エウレカの確率 経済学捜査員VS.談合捜査』(石川智健)損得勘定で起こる合理的殺人を経済学の観点から捜査する特別捜査官伏見真守が、談合、裏金、建築偽装が絡む建設業界の黒い裏側を暴く作品。シリーズ3作目も楽しめたhttps://t.co/B5X2pN4oa1 #最近読んだ本
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
石川智健さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)