トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 宇佐美まこと

宇佐美まこと

宇佐美まことさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宇佐美 まこと(うさみ まこと、1957年嗜好 - )は、日本の小説家、ホラー作家、推理作家。
愛媛県松山市に生まれ育つトーハンコムズ篠原。松山商科大学人文学部卒業コムズ。2006年、「るんびにの子供」でメディアファクトリーが主催する第1回『幽』怪談文学賞〈短編部門〉大賞を受賞するトーハン。2007年、同作を含む短編集『るんびにの子供』がメディアファクトリー〈幽ブックス〉より刊行、小説家としてデビューするメディア。2017年、ミステリー小説『愚者の毒』で第70回日本推理作家協会賞〈長編および連作短編集部門〉を受賞する協会愛媛。いつもの風景の中に潜んでいる怪異を通じて、人の心の暗部を巧みに浮き彫りにする才能が高く評価されている『虹色の童話』|2008。
幻想小説や怪奇小説の世界に足を踏み入れるきっかけとなった作品として、エドガー・アラン・ポー「黒猫」を挙げている東。レイ・ブラッドベリやスティーヴン・キング、トマス・H・クックの作品からも影響を受けたとしている東。お気に入りの作品として、小池真理子『水無月の墓』、森見登美彦『きつねのはなし』、荻原浩『押入れのちよ』、三浦しをん『むかしのはなし』、道尾秀介『鬼の跫音』を挙げている東。『入らずの森』の文庫化に際しては、小説家の京極夏彦、文芸評論家の千街晶之や東雅夫から賞賛の言葉が寄せられたアマゾン。

宇佐美まこと新刊

  • 発売日
    2019年3月13日
  • 書名
    いきぢごく
  • 発売日
    2018年12月6日
  • 書名
    聖者が街にやって来た

受賞歴

宇佐美まこと関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

宇佐美まこと関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kyokohata13【いきぢごく/宇佐美まこと】戦前の女遍路の手記と自分を重ねる鞠子。男に執着し男を求めてしまう鞠子の性。欲望に正直で欲しいものは手に入れる女の物語かと思っていたら、最後は驚愕の真実とドロドロ人間模… → https://t.co/OyaPZly2Sn #bookmeter
keematsubokkuri宇佐美まことさんの[聖者が街にやってきた]急速に発展する街で起きた連続殺人。毎回死体の傍には花が置かれていた。誰が何のために。現代に渦巻く闇が集結しているような。危険ドラック、ネグレクト、捻れた親子関係。その闇の中に差す… https://t.co/fcmFdmypPY
prececreate聖者が街にやって来た [ 宇佐美まこと ]読みました https://t.co/a0JxtamYhK #r_blog
Rihoa_NeNe宇佐美まことさんが気になるのですがどの本がオススメでしょうか?
machamoco読了。いきぢごく/宇佐美まこと https://t.co/4BgPKwWzFn
madamu_rinko@woodland59 @kyon20723 そうなんかーい。最近、読んでる?この頃、おススメ本あまりないんだけど、ゾクゾクワクワクしたのが、宇佐美まことの『愚者の毒』ありちゃん、読んだかな?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宇佐美まことさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)