トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 乙川優三郎

乙川優三郎

乙川優三郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

乙川 優三郎(おとかわ ゆうざぶろう、1953年2月17日。
東京都生まれ。生後すぐに千葉県に移る。千葉県立国府台高等学校卒。
ホテル・観光業の専門学校卒業後、国内外のホテルに勤務。会社経営や機械翻訳の下請を経て、作家になる。この間に、酔った勢いで書いた小説が最終選考に残ったことから小説を書き始めた、という逸話がある。
時代小説を数多く書き、『脊梁山脈』では初の現代小説を書く。好きな作家に山本周五郎を挙げている。2001年にその周五郎の名を冠した山本周五郎賞を『五年の梅』で受賞し、翌年に周五郎が辞退した直木三十五賞を『生きる』で受賞した。

乙川優三郎新刊

  • 発売日
    2019年8月8日
  • 書名
    地先 (文芸書)
  • 発売日
    2019年6月1日
  • 書名
    さざなみ情話〈上〉 (大活字本シリーズ)
  • 発売日
    2019年6月1日
  • 書名
    さざなみ情話〈下〉 (大活字本シリーズ)

受賞歴

乙川優三郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

乙川優三郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Tokuma_Bungei三省堂書店有楽町店さんで、『地先』(乙川優三郎著)を展開中です!日本経済新聞夕刊で縄田一男さんが『破格の一巻』と五つ星獲得の瑞々しい6つの物語。「真の小説と出会った感動にほかならない」とまで称賛のお言葉をいただきました。(サ… https://t.co/ZGuyX8QIiq
nishi_books9月21日(土)の西日本新聞朝刊の書評面「読書館」【書評】乙川優三郎著『地先』(徳間書店)を原口真智子さんが取り上げます。房総を舞台に、男女の機微やすれ違いを描いた短編集。地先とは、その土地から先へつながっている場所のこと。人生… https://t.co/8B6maTTZHi
yoshi_yoshian備忘録 乙川優三郎著 「地先」 徳間書店様々な人生の分岐点描く
AnswerxAnswer[語]直木賞の受賞者で、名前を「三郎」という作家の名字は城山ですが、名前を「優三郎」という作家の名字は何? 乙川(おとかわ) *追腹を禁じられ、恥を忍び生き続けねばならない武士の悲哀を描いた『生きる』で第127回直木賞を受賞
Namimagazine乙川優三郎著『トワイライト・シャッフル』刊行記念インタビュー!/挑戦、習作、現代、房総――(波2014年7月号)https://t.co/85uUviwDAe
4AvoLZKxCpF0Q7z今読書は<乙川優三郎>に凝っています。良い本です。
book__review【書評】『この地上において私たちを満足させるもの』乙川優三郎著 - 産経ニュース #書評 #読書https://t.co/yzOjfwY4ct
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
乙川優三郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)