トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 乙川優三郎

乙川優三郎

乙川優三郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

乙川 優三郎(おとかわ ゆうざぶろう、1953年2月17日。
東京都生まれ。生後すぐに千葉県に移る。千葉県立国府台高等学校卒。
ホテル・観光業の専門学校卒業後、国内外のホテルに勤務。会社経営や機械翻訳の下請を経て、作家になる。この間に、酔った勢いで書いた小説が最終選考に残ったことから小説を書き始めた、という逸話がある。
時代小説を数多く書き、『脊梁山脈』では初の現代小説を書く。好きな作家に山本周五郎を挙げている。2001年にその周五郎の名を冠した山本周五郎賞を『五年の梅』で受賞し、翌年に周五郎が辞退した直木三十五賞を『生きる』で受賞した。

受賞歴

乙川優三郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

乙川優三郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rabenda0616乙川優三郎「芥火」短編江戸隅田の川縁に住むかつ江は八歳の頃から、下働き、娼婦、妾と食べて行くためには自分の力で頑張ってきた。そして新しい人生を切り開こうとしている。女性が一人で生きていく苦難を流麗な文章で描いていて、余韻が残る。 https://t.co/LBcxVFAShL
meganesaru707どう転んだところで終わることに変わりない人生の、終わり方を案じても始まらないし、安らかな死を求めて怯えるくらいなら、与えられた人生を楽しく生きた方がいい。虚船 乙川優三郎 https://t.co/QDYYgljQ4h
sunshine_1885脊梁山脈 乙川優三郎高橋和巳の『悲の器』以来、久々に感動した……物語に感動するというより、この「小説」に感動したんだ。ひと息入れてから、作者のほかの作品も読んでみたい。 https://t.co/LaHJDbSixe
sime_sava@honeypi49759258 @beatelesonly 返信に乗っかっているので、、、、、独り言を
ooru_yomimonoミムラさん、早瀬圭一さん、酒井若菜さん、橋本有紀さん、乙川優三郎さん、山根基世さん、小川糸さん、伊藤まさこさんが、向田邦子の魅力を綴ったエッセイを収録。諸田玲子さんには、「向田邦子さんの香りただよう10冊」を選んでいただきました。
AnswerxAnswer[語]直木賞の受賞者で、名前を「三郎」という作家の名字は城山ですが、名前を「優三郎」という作家の名字は何? 乙川(おとかわ) *追腹を禁じられ、恥を忍び生き続けねばならない武士の悲哀を描いた『生きる』で第127回直木賞を受賞
nyetarro乙川優三郎『ロゴスの市』(徳間書店、2015)翻訳家の男と同時通訳をする女の長く、紆余曲折を経た生き方のかたち。淡々とした語りが、かえって内心にこもる熱を少しずつ放射しているかのようだ。表題の謂いが、言葉を生業として選んだ人の、ものの見方を伝えている。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
乙川優三郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)