トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 長嶋有

長嶋有

長嶋有さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

長嶋 有(ながしま ゆう、男性、1972年9月30日 - )は日本の小説家、漫画家、同人作家である。
登場人物が何気ない日常を送る姿を描いた小説が多く、実在の固有名詞を作中に散りばめるなど細部にこだわる作風が特徴。漫画やテレビゲームに造詣が深く、ブルボン小林名義で漫画・ゲームの批評も行っている。サブカルチャーの教養をベースにした純文学作家と評される。
=
埼玉県草加市生まれ。幼少期に両親が別れ、母の故郷である北海道へと移り、登別市や室蘭市で育つ。登別市立幌別西小学校、室蘭市立港南中学校、北海道室蘭清水丘高等学校普通科を経て、東洋大学2部文学部国文学科を卒業。
少年時代には漫画やライトノベルを好んで読んでいたが、図書局に所属していた高校時代に高橋源一郎『ジョン・レノン対火星人』を読んで文学の自由さを知る。また色川武大の短編「連笑」(短編集『百』所収)を読んで、「要約できないものを書くのが文学だ」と気付かされる。
1990年代半ばからASAHIネットのパソコン通信に出入りし、「パスカル短篇文学新人賞」に応募するなどしていた。1997年にシヤチハタに就職し、結婚(のちに離婚)。ネットで知り合った仲間と俳句の同人に参加するようになり、その中の一人には川上弘美がいた。1998年に「ブルボン小林のインテリ大作戦」というウェブサイトを立ち上げる。投稿作品が予選通過や佳作を取るようになったため1999年に会社を辞め、作品執筆に専念する。2000年にASAHIネット時代からの友人が立ち上げたメールマガジンにコラムを連載し、フリーライターとして活動を開始。

長嶋有新刊

  • 発売日
    2019年4月24日
  • 書名
    掌篇歳時記 春夏
  • 発売日
    2018年12月18日
  • 書名
    私に付け足されるもの (文芸書)

受賞歴

長嶋有関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

長嶋有関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ich_ichroman読了『タンノイのエジンバラ (文春文庫 (な47-2))』 長嶋有 #ブクログ https://t.co/2r4Rda93kt
ko__to___baこんなところで俺はなにをやっているのだろう、というようなことでもなくて、歩いていたらいつの間にか森だった、みたいに風呂に浸かっていたらいつのまにか悲しいのだった。-長嶋有『ジャージの二人』
qma_geiren_bot監督は中村義洋/原作者は長嶋有/軽井沢の山荘が舞台/主演は堺雅人と鮎川誠→ジャージの二人
an_gobun_bot平成19年に第一回大江健三郎賞を受賞した、小説”サイドカーに犬”や”猛スピードで母は”で知られる小説家は誰? 長嶋有
hikarockログインが必要ではあるけれど。ブルボン小林a.k.a.長嶋有さんのインタビュー記事読めるようになっていた。読めます。赤が似合うなあ。☟漫画やゲームを評論するブルボン小林と、小説を書く長嶋有。 |… https://t.co/kNTWaFCCDp
nagashimajoho長嶋有のコラムも掲載されてます。 https://t.co/OQljRhAhAI
hit4boy長嶋有『夕子ちゃんの近道』アンティークショップに住み込みで働く男性と彼を取り巻く人々との6ヶ月が描かれた連作短編集。描写されている細やかなひとつひとつの事物がすっと頭に入りやすいですね。著者らしいほのぼのゆるゆる系で和んでしまいま… https://t.co/kpnPlwLHMF
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
長嶋有さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)