トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉川英梨

吉川英梨

吉川英梨さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉川英梨(よしかわえり、1977年9月6日 - )は、日本の推理作家、恋愛小説家である。埼玉県出身。
大妻女子大学短期大学部日本文学科を卒業。テンプル大学日本校教養学部政治学科を中退。
出版社勤務の傍ら、シナリオ・センターにて脚本を学び、テレビ・映画などの企画に参加する。
2008年に『私の結婚に関する予言38』で、第3回日本ラブストーリー大賞エンタテインメント特別賞を受賞する。

吉川英梨新刊

  • 発売日
    2019年2月13日
  • 書名
    十三階の女 (双葉文庫)
  • 発売日
    2018年11月22日
  • 書名
    聖母の共犯者 警視庁53教場 (角川文庫)

受賞歴

吉川英梨関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

吉川英梨関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kodanshabunko【本日 #東京港開港記念日】吉川英梨著『海底の道化師 新東京水上警察』東京湾海底から回収された免許証は全て失踪中の若い女性のものだった。水死体も発見され五港臨時署強行犯係はにわかに騒然となる。そんな中、単独で救難に向かった有馬礼子… https://t.co/TXX7f68fvz
ZX14RKawasaki吉川英梨さん、「朽海の城」読了。このシリーズは、碇刑事のブルースウィルス並みに大活躍します。バツ2。とてもモテモテ! https://t.co/ViQIhWC4Xo
blle_f十三階の女/吉川英梨 #読了男性社会の中で生きていく女性の覚悟と、任務を重ねる度に本当の自分を見失っていく儚さが感じられる作品。公安を辞めずに彼女が幸せになる未来はあるのか。早く続きが読みたいです。
sakuramau2017警視庁53教場/吉川英梨女性ながらに骨太な警察学校物語。あの「教場」に肩を並べると言っていいくらい、力強い。兎も角五味という男が魅力的で、一視点として追いかけやすい。警察ものとしても、警察学校ものとしても、入り口に相応しそ… https://t.co/Z3oSmopIC1
tadaageba5月17日(金)、本を出したい人のための出版講座 開催。最近、弊社でプロデュースした書籍をご紹介。『東大作文』西岡壱誠(東洋経済新報社)7万部『魔法の「メス力」』神崎メリ (KADOKAWA)5万部『十三階の女』吉川英梨(… https://t.co/5eYEIudyzd
masakatu44アメブロを更新しました。 『吉川英梨『偽弾の墓 警視庁53教場』読了』 #読了 #前作https://t.co/7RPbRK8KAm
nekokako_75久し振りに吉川英梨先生のハラマキシリーズを読んでいるけど、予想外のスピーディーな展開が次から次へと… 引き込む力が凄過ぎてなかなか読むのをやめられない…(~_~;) https://t.co/PtsjDI0aTc
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉川英梨さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)