トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉川英梨

吉川英梨

吉川英梨さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉川英梨(よしかわえり、1977年9月6日 - )は、日本の推理作家、恋愛小説家である。埼玉県出身。
大妻女子大学短期大学部日本文学科を卒業。テンプル大学日本校教養学部政治学科を中退。
出版社勤務の傍ら、シナリオ・センターにて脚本を学び、テレビ・映画などの企画に参加する。
2008年に『私の結婚に関する予言38』で、第3回日本ラブストーリー大賞エンタテインメント特別賞を受賞する。

吉川英梨新刊

  • 発売日
    2018年8月10日
  • 書名
    海底の道化師 新東京水上警察 (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年7月18日
  • 書名
    十三階の神
  • 発売日
    2018年5月25日
  • 書名
    偽弾の墓 警視庁53教場 (角川文庫)

受賞歴

吉川英梨関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

吉川英梨関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rtogai泥沼どころか地獄だった脚本家修業時代|吉川英梨 @yoshikawaeri |コギャル(?)だった私が、警察小説家になるまで――「好きなこと」を仕事にする道 https://t.co/70BrVXBxNF
KOROPPY吉川英梨『十三階の女』公安の秘密諜報組織〈十三階〉を舞台にしたインテリジェンス小説。きついシーンもあるけれど、おもしろかった。任務で過酷な体験をかさねる、タフな女性警察官。男女の感情と任務が入り乱れながら、ノンストップで展開。任務でのタフさと、揺れる個人の心理。
masayuki1959『「海底の道化師 新東京水上警察」吉川英梨』#吉川英梨 https://t.co/E9MLoAfhFc
kinokuniyanew十三階の神 (吉川英梨) の、紀伊國屋電子書籍版が紙書籍の20%OFFで販売開始されました。https://t.co/FIrGuvgaAa
feilong“泥沼どころか地獄だった脚本家修業時代|コギャル(?)だった私が、警察小説家になるまで――「好きなこと」を仕事にする道|吉川英梨|cakes(ケイクス)” https://t.co/DwLjhF6J0Y
cakes_PR【新着】女性には珍しい警察小説の書き手として注目を集めている吉川英梨さん。彼女はいかにして小説家になったのか? その異色の経歴から、作家になる秘訣や好きなことをしながら生きるヒントを読み解きます。@yoshikawaerihttps://t.co/pb86KQUnK9
hngrylkthwlf吉川英梨『葬送学者R.I.P.』読了。まあまあ。民俗学の本一冊をヒットさせて以来パッとしない民俗学教授・福満に師事する大学院生・鬼木場あまねは自称「葬送学者」。全国の協賛者と葬式取材契約を結び、喪服を日常服として大学に通う日々。そんな彼女がなぜか遭遇する事件。(続
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉川英梨さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)