トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉川英梨

吉川英梨

吉川英梨さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉川英梨(よしかわえり、1977年9月6日 - )は、日本の推理作家、恋愛小説家である。埼玉県出身。
大妻女子大学短期大学部日本文学科を卒業。テンプル大学日本校教養学部政治学科を中退。
出版社勤務の傍ら、シナリオ・センターにて脚本を学び、テレビ・映画などの企画に参加する。
2008年に『私の結婚に関する予言38』で、第3回日本ラブストーリー大賞エンタテインメント特別賞を受賞する。

吉川英梨新刊

  • 発売日
    2018年8月10日
  • 書名
    海底の道化師 新東京水上警察 (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年7月18日
  • 書名
    十三階の神
  • 発売日
    2018年5月25日
  • 書名
    偽弾の墓 警視庁53教場 (角川文庫)

受賞歴

吉川英梨関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

吉川英梨関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Masataka_0829『海底の道化師/吉川英梨』読了。東京湾海底から回収された運転免許証三枚は、全て失踪中の若い女性のものだった。船員とおぼしき水死体も発見され碇拓真率いる五港臨時署強行犯係は騒然となる―
cakes_PRデビュー以来40年、第一線で執筆を続け、警察小説の開拓者的存在の今野敏さん、警察小説の新旗手として注目を集める吉川英梨さんの対談。今回は、おふたりのデビューからプロットの作り方やキャラクターの描き方など、現役作家ならではのエピソー… https://t.co/9ptBafmsA8
rtogai私は白ワイン2杯飲んで、お世話になっている編集者さんたち、この夏に吉川英梨さんとの対談を引き受けて下さった今野敏先生にご挨拶して、ムスメさんのお迎えへと退散。春樹社長の映画監督宣言があったりなど、勢いのある会でした。いずれにしても『童の神』が楽しみ! #角川春樹小説賞
shirochisa吉川英梨さん「エリカ 女性秘匿捜査官・原麻希」前作のちょっと停滞した感じを吹き飛ばすような怒涛の展開!楽しい!でもついていくのが大変(笑)!麻希ちゃんもよく生きてるなってレベルだよ。次で一応女性秘匿捜査官は完結。気になる…。特に夫が謎すぎて…。
honzuki_jp「国家」のために、そこまでするんかい! 『十三階の神/吉川英梨/双葉社』 https://t.co/UbPS7DvxcO #本が好き
12842987吉川英梨『海底の道化師』(講談社文庫)読了。「新東京水上警察」シリーズの第四弾で、相変わらず読ませる。碇拓真、有馬礼子といった登場人物にもだいぶなじんできた。ラストが秀逸で、続編が読みたくなった。#吉川英梨 #講談社文庫 #新東京水上警察
kmr_1227@tos「十三階の神」吉川英梨「怪しくて妖しくて」阿刀田高「鏡じかけの夢」秋吉理香子「噛み合わない会話と、とある過去について」辻村深月読了#こまりさまの読書記録
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉川英梨さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)