トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中嶋隆

中嶋隆

中嶋隆さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中嶋隆(なかじま たかし、1952年 - )は、日本の国文学者、小説家、早稲田大学教授。専門は日本近世文学、特に井原西鶴をはじめとした浮世草子。
長野県生まれ。1977年、早稲田大学文学部国文科卒、同大学院博士課程満期退学。1984年、第16回窪田空穂賞受賞。1985年、大谷女子大学専任講師に着任したのを皮切りに、横浜国立大学助教授を勤めた後、早稲田大学教育学部教授。1997年「初期浮世草子の研究」で文学博士。
NHK Eテレ「古典への招待」講師を務める他、2007年『廓の与右衛門控え帳』で第8回小学館文庫小説賞を受賞し、作家デビュー。

中嶋隆新刊

  • 発売日
    2020年1月24日
  • 書名
    補陀洛ばしり物語

受賞歴

小学館文庫小説賞

第8回2007年

小学館文庫小説賞

中嶋隆関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

中嶋隆関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rankingko最安値の「西鶴と元禄メディア その戦略と展開 新版/笠間書院/中嶋隆(国文学)」の価格比較ランキングを更新しました。最安値は57円です。https://t.co/GAyDcFchVd
20JPN18中嶋隆『補陀落ばしり物語』ぷねうま舎時は、元禄・宝永年間、富士山噴火、度重なる大地震の巷から船出した、みたびの渡海顚末。「犬」と餓鬼と破戒僧ーー人の世の底の底を舐めた者たちが、渡海の果てに見たものとは…(帯より)#読了 #中嶋隆 #自宅フヅクエ
toshoshimbun【目次③】◆主な書評・レビュー◆古川真人『背高泡立草』集英社(鈴村和成)、磯﨑憲一郎『金太郎飴』河出書房新社(乗代雄介)、中嶋隆『補陀落ばしり物語』ぷねうま舎(末國善己)、ロマン・ガリ『凧』共和国(國枝孝弘)、三毛『サハラの歳月』石風社(濱田麻矢)
pyrite_holic中嶋隆先生、こんなお顔でしたのね。初めて見たかも。#知恵泉
trngs_bot2上田くんのもう一人のクラスメイトの中嶋隆くん。設定だけはある。次に漫画として上げれたらなぁと。 https://t.co/o9yw0xpVmc
TVwis「今までの(西鶴までの)小説というのは作り手の方が上なんですね。啓蒙するという発想で書く小説がありますから。それを西鶴は水平関係に変えた。作り手と享受者が同じ対等な位置関係にした。そこが西鶴の目のつけたところ」早稲田大学教授・中嶋隆 #知恵泉『井原西鶴~“変人”の成功術~』
jnb2019補陀落ばしり物語 / 中嶋隆 著.東京 : ぷねうま舎, 2020.1.https://t.co/ediE6l7JSwhttps://t.co/2DamLcvucG
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中嶋隆さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)