トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 笙野頼子

笙野頼子

笙野頼子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

笙野 頼子(しょうの よりこ、1956年3月16日 - )は日本の小説家。本姓・市川。三重県出身、立命館大学法学部卒。
自称「神道左翼」の立場からラディカルな政治性を打ち出し、私小説と幻想小説を周到なメタフィクションやポリフォニーを用いて過激に混成させた作風で、「闘う作家」「メタの女王」などと呼ばれる。
2011年度より立教大学特任教授(文学研究科・比較文明学専攻博士課程前期課程)。
自らアヴァン・ポップ作家と称し、藤枝静男や内向の世代などの影響を受けた独自の私小説を得意とする。概説的には世界への違和感を社会的な視座に見据えつつ、不穏な幻想とスラップスティックなユーモアによって批評的に描くスタイルと言え、この傾向は90年代後半、「論争」を経てからより顕著になった。
初期の作品は緊密な文体で鬱屈した観念・心理表現と澄明な幻想描写の融和を試行した難解なものが多く、発表できても反応はほとんどなかったが、1990年代に賞を立て続けに獲得したことで一気に評価が高まった。デビュー自体は村上春樹や高橋源一郎などのポップ文学の書き手と近い時期であるが、あまりに対蹠的な作風とその転換・再評価の時期に鑑みて、阿部和重らのように理論性と娯楽性を併せ持った、いわゆるJ文学作家の一人と言われることもある(本人はエッセイにおいてこのカテゴライズに疑念を表明している)。
研究者とも言える支持者には長編評論『笙野頼子 虚空の戦士』を著した清水良典がおり、笙野のさまざまな作品に積極的な評価を与えている。

受賞歴

笙野頼子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

笙野頼子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou「海芝浦」とはどこか、噴出する妄想の旅がはじまる。芥川賞受賞作『タイムスリップ・コンビナート』笙野頼子
tsusahara海行って、釣りして、焚火して、笙野頼子と山尾悠子ずっと読む
sukinabunshou――すいません蟹鴨根小学校ですけど。明日の給食の材料取りに来ました。冷凍車で来ましたっ。笙野頼子「二百回忌」
n_a_o_r_zフェミナチ帝国の悪夢を描いた地獄のような「女性国家」のお話。笙野頼子の容赦なさは全方位に向かっている。改めて読み直したら、また違う意味が読み取れそうな気がしてる。 https://t.co/Zcm6tJBRfa
qwbidmpフェミニズム(というかジェンダー)文学は日本では松浦理英子と笙野頼子しか知らない。千葉雅也さんの『デッドライン』も含まれると思う。ニーチェが『アンチキリスト』に於いて反哲学者であったように『デッドライン』も反小説というよりジェンダー小説なのだろうか。
hoshino_yume077→スペンサーシリーズ→「甘い蜜の部屋」(15歳)→栗本薫/中島梓→「少女地獄」(17歳)→松浦理英子→江國香織→鈴木いづみ→笙野頼子→今に至る。スペンサーとポルノと乱歩、正史、夢野、以外の男性作家の作品がほとんど無理だったです。あとはバタイユと澁澤龍彦くらいかなー
tokoroten510住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa sumidatomohisa 『思想としての〈新型コロナウイルス禍〉』2020/5 大澤真幸・仲野徹・長沼毅・宮沢孝幸・椹木野衣・与那覇潤・笙野頼子・酒井隆史・小川さやか・木澤佐… https://t.co/Ut6lFcHEaS
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
笙野頼子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)