トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 笙野頼子

笙野頼子

笙野頼子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

笙野 頼子(しょうの よりこ、1956年3月16日 - )は日本の小説家。本姓・市川。三重県出身、立命館大学法学部卒。
自称「神道左翼」の立場からラディカルな政治性を打ち出し、私小説と幻想小説を周到なメタフィクションやポリフォニーを用いて過激に混成させた作風で、「闘う作家」「メタの女王」などと呼ばれる。
2011年度より立教大学特任教授(文学研究科・比較文明学専攻博士課程前期課程)。
自らアヴァン・ポップ作家と称し、藤枝静男や内向の世代などの影響を受けた独自の私小説を得意とする。概説的には世界への違和感を社会的な視座に見据えつつ、不穏な幻想とスラップスティックなユーモアによって批評的に描くスタイルと言え、この傾向は90年代後半、「論争」を経てからより顕著になった。
初期の作品は緊密な文体で鬱屈した観念・心理表現と澄明な幻想描写の融和を試行した難解なものが多く、発表できても反応はほとんどなかったが、1990年代に賞を立て続けに獲得したことで一気に評価が高まった。デビュー自体は村上春樹や高橋源一郎などのポップ文学の書き手と近い時期であるが、あまりに対蹠的な作風とその転換・再評価の時期に鑑みて、阿部和重らのように理論性と娯楽性を併せ持った、いわゆるJ文学作家の一人と言われることもある(本人はエッセイにおいてこのカテゴライズに疑念を表明している)。
研究者とも言える支持者には長編評論『笙野頼子 虚空の戦士』を著した清水良典がおり、笙野のさまざまな作品に積極的な評価を与えている。

笙野頼子新刊

  • 発売日
    2018年10月26日
  • 書名
    ウラミズモ奴隷選挙
  • 発売日
    2018年10月23日
  • 書名
    ウラミズモ奴隷選挙

受賞歴

笙野頼子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

笙野頼子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sukinabunshou――これみなさん、なんと珍しいっ、なんと、めでたいっ。これがフェミニストや。普段はこんなことありませんぞ。笙野頼子「二百回忌」
momochi8笙野頼子『猫キャンパス荒神』親の語ったルーツが嘘と判り、自らの成立ちが揺らぐ金毘羅は伴侶猫を亡くし心が白紙に。書く機械となった彼女に様々な声が降りてくる。多様なポリフォニーが描く喪失からの逃走線!旧作を荒神視点で語り直し、新たな… https://t.co/DwK5vVdcXg
kagikko『82年生まれ、キム・ジヨン』の原文精読苦行が終わったら、ちょっと笙野頼子の『金毘羅』読み直してみよう……。折にふれてこの本を振り返りたくなるな
orionaveugle「アホフェミ」と理不尽な罵倒をされている人は、今月、笙野頼子さんが「群像」に書いている小説「返信を、待っていた」を読みましょう。きっと勇気が出ると思います。私も、この件は怒っている。
akutagawa_syou「海芝浦」とはどこか、噴出する妄想の旅がはじまる。芥川賞受賞作『タイムスリップ・コンビナート』笙野頼子
aoi_katakana賞取ってるからいい作品作家というわけではないかもしれないけど、やっぱり新人三冠の作家は確固とした独自性としっかりとした文章があるから読んだ方がいい。笙野頼子さんはまだ読めてないけど多和田さん村田さん本谷さんは読んでるから確かにそう言える。
chopstick_o群像2019年1月号、笙野頼子さんの「返信を、待っていた」を読む。確かに笙野さん、モーアシビを読んでいるようだ。当職の駄文を読んでいるかどうかまではわからないが、いまさら緊張。=^・^=
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
笙野頼子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)