トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 笙野頼子

笙野頼子

笙野頼子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

笙野 頼子(しょうの よりこ、1956年3月16日 - )は日本の小説家。本姓・市川。三重県出身、立命館大学法学部卒。
自称「神道左翼」の立場からラディカルな政治性を打ち出し、私小説と幻想小説を周到なメタフィクションやポリフォニーを用いて過激に混成させた作風で、「闘う作家」「メタの女王」などと呼ばれる。
2011年度より立教大学特任教授(文学研究科・比較文明学専攻博士課程前期課程)。
自らアヴァン・ポップ作家と称し、藤枝静男や内向の世代などの影響を受けた独自の私小説を得意とする。概説的には世界への違和感を社会的な視座に見据えつつ、不穏な幻想とスラップスティックなユーモアによって批評的に描くスタイルと言え、この傾向は90年代後半、「論争」を経てからより顕著になった。
初期の作品は緊密な文体で鬱屈した観念・心理表現と澄明な幻想描写の融和を試行した難解なものが多く、発表できても反応はほとんどなかったが、1990年代に賞を立て続けに獲得したことで一気に評価が高まった。デビュー自体は村上春樹や高橋源一郎などのポップ文学の書き手と近い時期であるが、あまりに対蹠的な作風とその転換・再評価の時期に鑑みて、阿部和重らのように理論性と娯楽性を併せ持った、いわゆるJ文学作家の一人と言われることもある(本人はエッセイにおいてこのカテゴライズに疑念を表明している)。
研究者とも言える支持者には長編評論『笙野頼子 虚空の戦士』を著した清水良典がおり、笙野のさまざまな作品に積極的な評価を与えている。

受賞歴

笙野頼子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

笙野頼子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kuriryuofficial1/24に野宿・貧困問題に関わり文芸評評論家の生田武志さんに動物と人間/社会の関係をzoomで語って頂きます。最近トランスジェンダーに関する発言で物議を醸している笙野頼子氏についてこの本では言及されておりますが、笙野氏の発言の前にこの本は書かれ出版されたものです。→
sukinabunshou――これみなさん、なんと珍しいっ、なんと、めでたいっ。これがフェミニストや。普段はこんなことありませんぞ。笙野頼子「二百回忌」
local_small老いと病い。猫と一身に生きる 笙野頼子書き下ろし![初版限定]カラー猫写真帖「猫沼二十年」付き...【猫沼】ステュディオ・パラボリカサイトより https://t.co/FS4NVLQrid 1/21の新刊データから #笙野頼子 https://t.co/jE4VZ1jpxV
toaruhino_xピザーラの欲張りクォーターが食べたいのと等しく笙野頼子の初期幻視小説集が読みたい。これでいちいち生活の銭勘定なんて度外視の実家暮らしであれば即買いだが現在の私には"生活"というものがあり、それは観念や概念だけで成り立つものではなくむしろそれらが不必要過ぎて草でさえある行為。
54czmエトセトラに詰め寄る人たちは『笙野頼子はトランスフォビア煽動者』っていうレッテルを強めていきたいんでしょうね。JK Rowlingのときと同じ。
milumirumilu憲治さんへ4億円なら、いいのですか?笙野頼子は、男性はずるくてけちなので、お金持ちなのに、お金がない振りをするそうです。4億円は、払ってください。
shigechiko「エトセトラ」が刊行された時、面白そうだから日本から取り寄せて読んでみようかなと思ったりしたのだが、取り寄せなくて良かった。もし今手元にあったら、かなり虚しくなっていた筈。実はトランスフォビア発覚前に笙野頼子の本を一冊わざわざ輸入してしまった過去があり…どーすんだよこれ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
笙野頼子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)