トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 笙野頼子

笙野頼子

笙野頼子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

笙野 頼子(しょうの よりこ、1956年3月16日 - )は日本の小説家。本姓・市川。三重県出身、立命館大学法学部卒。
自称「神道左翼」の立場からラディカルな政治性を打ち出し、私小説と幻想小説を周到なメタフィクションやポリフォニーを用いて過激に混成させた作風で、「闘う作家」「メタの女王」などと呼ばれる。
2011年度より立教大学特任教授(文学研究科・比較文明学専攻博士課程前期課程)。
自らアヴァン・ポップ作家と称し、藤枝静男や内向の世代などの影響を受けた独自の私小説を得意とする。概説的には世界への違和感を社会的な視座に見据えつつ、不穏な幻想とスラップスティックなユーモアによって批評的に描くスタイルと言え、この傾向は90年代後半、「論争」を経てからより顕著になった。
初期の作品は緊密な文体で鬱屈した観念・心理表現と澄明な幻想描写の融和を試行した難解なものが多く、発表できても反応はほとんどなかったが、1990年代に賞を立て続けに獲得したことで一気に評価が高まった。デビュー自体は村上春樹や高橋源一郎などのポップ文学の書き手と近い時期であるが、あまりに対蹠的な作風とその転換・再評価の時期に鑑みて、阿部和重らのように理論性と娯楽性を併せ持った、いわゆるJ文学作家の一人と言われることもある(本人はエッセイにおいてこのカテゴライズに疑念を表明している)。
研究者とも言える支持者には長編評論『笙野頼子 虚空の戦士』を著した清水良典がおり、笙野のさまざまな作品に積極的な評価を与えている。

受賞歴

笙野頼子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

笙野頼子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

karinonako今日は珍しく外で人に会う予定がない。家で猫と一緒に昼過ぎまで寝ていた。しあわせすぎるのに罪悪感をかんじるよ。笙野頼子「なにもしてない」を思い出す。さてお仕事するかあー。
rinkaan4以前ドトールに入ったら『コンビニ人間』を読んでいる女がいたが、もちろん声をかける気には全くならない。笙野頼子ならば興味を持つだろうが、やばい人かもしれないな。 https://t.co/3xb4OAoG8W
sukinabunshou――これみなさん、なんと珍しいっ、なんと、めでたいっ。これがフェミニストや。普段はこんなことありませんぞ。笙野頼子「二百回忌」
umeume1991@machidakoujoho 高校時代何も楽しいことなくて町田康先生や岸本左知子先生や笙野頼子先生ばっか読んでました。先生好きで犬や猫にピースフルに生きたいです。先生はいい奥さんいますが何したらホンマにいい女の子に出会えるかコツ教えてください‼
BIBLIOTHEQUEa【奴隷大国にっほんから独立した女人国ウラミズモが、S倉市を占領して8年。そして今、両国の興亡を決する壮絶な戦いが幕を開ける!】笙野頼子『ウラミズモ奴隷選挙』https://t.co/0QVggb35mr
cchiiaakii(そもそも純文学を読んでる絶対量が少ないんだよな(元々SFとミステリばかり読んでるし(みんな大好き村上春樹は、6冊位しか読んでないし(あと複数読んだのは、笙野頼子さん位…?後は単品(古典は幾つか(でも眩しくて見てられ… https://t.co/0RAfjy44z0
shirakawanomiya@sorea_rezo 笙野頼子さんの本。未読なのでまだどんな意味なのか謎…
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
笙野頼子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)