トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中沢けい

中沢けい

中沢けいさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中沢 けい(なかざわ けい、1959年10月6日 - )は、日本の小説家、法政大学教授。本名、本田恵美子。
千葉県館山市出身。千葉県立安房高等学校卒業。1978年明治大学政治経済学部経済学科に入学し、同年「海を感じる時」で第21回群像新人文学賞を受賞した。1982年明治大学卒業。1985年には『水平線上にて』で第7回野間文芸新人賞を受賞した。
21歳で出版社社員と結婚、二児を産んだが離婚。シングルマザーとして親子関係や子育てに関しての発言も多い。
西部邁主宰の雑誌『発言者』に、1999年から2000年「思考の原器」、2000年から2005年まで「器物愛玩」を連載した。
2005年法政大学文学部日本文学科教授に就任。「法政文芸」編集長も務める。BRC(放送と人権等権利に関する委員会)委員となっている。
2013年『楽隊のうさぎ』が鈴木卓爾監督で映画化された。中沢作品初の映画化となる。
有田芳生と仲がよく、のりこえねっと『ヘイトスピーチってなに? レイシズムってどんなこと? 』(のりこえブックス)2014年4月23日刊行で、中沢が日本のレイシズムの事例項目を担当している。
2015年8月3日のニコニコ動画で、「ヘイトスピーチをする人間は3歳児のようなものであり、反論するのではなく叱りつけるしかない。」と発言。またインターネット上の言論において「インターネットにおいて言論の管理をすることが必要」という発言を行ったこともある。
2016年東京都知事選挙では、野党共闘の統一候補として立候補した鳥越俊太郎への支持を表明していたが、鳥越が落選した後の8月13日にはツイッターで「こんなアホダラ候補でも『野党共闘が大事』でがんばれば130万票とれたってこと。良い候補が見つかれば300万票超えも夢ではありません。」と鳥越を揶揄した。

受賞歴

中沢けい関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

中沢けい関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

goudatuyoshi中沢けいって阿呆なんだなぁ#何か見た
09tI1uh9IeMIqbG@CatNewsAgency 中沢けいってどっかで見た名前だなと思ったら、大して面白くない三文小説書きか。しかもコヤツの小説、良く高校入試で出題されるからたち悪い。
Suisou_Tarou1吹奏楽を扱った作品紹介!小説編!その1! 「楽隊のうさぎ」(中沢けい)(2000年、新潮文庫) 「うさぎとトランペット」(中沢けい)(2004年、新潮社) 「アインザッツ」(山本寛)(2009年 - 2010年、学習研究社 月刊アニメディア連載)
booktitle_bot『楽隊のうさぎ』中沢けい
Cruisingtrain@charme7441ho つらつらと、おもいつくままに。山本太郎、ささきりょう、ラサール石井、松尾貴史、田中康夫、高橋源一郎、町山智弘、弁護士ドットコムニュース、立川談四楼、堀潤、オークダーキ、中沢けい、… https://t.co/dHbmKpM44i
Bohemian_love_t@m_uroko ですね…先日、あの界隈で名前だけ拝見する中沢けいさんの劣化ぶり衝撃を受けたところでした
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中沢けいさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)