トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 月原渉

月原渉

月原渉さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

月原 渉(つきはら わたる、1978年。日本推理作家協会会員。
2010年、月原少年名義で応募した『太陽が死んだ夜』で第20回鮎川哲也賞を受賞し小説家デビュー(安萬純一と同時受賞)。このデビュー作は『本格ミステリー・ワールド2011』でその年の「黄金の本格ミステリー」の1冊に選ばれた。
太陽が死んだ夜(2010年10月 東京創元社 / 2014年6月 創元推理文庫)
世界が終わる灯(2011年9月 東京創元社)
月光蝶 NCIS特別捜査官(2013年4月 新潮社)
黒翼鳥 NCIS特別捜査官(2014年4月 新潮社)
**【改題】オスプレイ殺人事件(2018年6月 新潮文庫)
火祭りの巫女(2015年8月 光文社)
使用人探偵シズカ -横濱異人館殺人事件-(2017年10月 新潮文庫nex)

受賞歴

月原渉関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

月原渉関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hirakawa305月原渉「使用人探偵シズカ 横濱異人館殺人事件」読了。絵画見立て殺人は、お父さんでした。
shizuko_memo月原渉さんの首無館の殺人、読了。静ちゃんチャレンジ中に偶然登場したよそのシズカちゃんはこちらの探偵でした。持って回った表現にじりじりしながら読んでましたが動機を明かす段になれば納得。なんとなくこうかな、とは思ってましたが真相でもう一段ひっくり返されました。面白かったです。
a_ranking_news(9/18) honto 本の通販ストアランキング > 文庫 > SF・ミステリー・ホラーランキング15位:月原渉 (著)『犬神館の殺人 (新潮文庫nex(ネックス))』https://t.co/OzirpG3r9z
goldkoji9月下旬に気になるミステリが相次いで出版される模様。月原渉さんの「犬神館の殺人」は使用人探偵シリーズかなぁ。
mrol93月原渉『首無館の殺人』読み終えた首の無い死体系の話で、何ゆえ首が切り落とされたかが複雑で混乱した語り手である主人公は冒頭から記憶を失っていて、それも重要な謎として絡んでくるセリフ中心で地の文は少なく、人物の印象が薄いオカル… https://t.co/ZdPsG8QWSc
tapensu首無館の殺人/月原渉。閉ざされた舞台の上、限られた登場人物によって繰り広げられる館ミステリー。展開される推理がいまひとつピンとこず、あまり面白みを感じることができなかった。が、事件の全体像から得られるカタルシスはなかなかよかった。首切り殺人ものでこういうのをやるのかあ、って。
akiijiko以前月原渉さんの書籍の装丁画をさせていただいております。新作のミステリー小説が今月末に出るそうです☺️>RT
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
月原渉さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)