トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 麻見和史

麻見和史

麻見和史さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

麻見 和史(あさみ かずし、1965年 - )は、日本の小説家、推理作家。
千葉県生まれ。立教大学文学部日本文学科卒業。2006年、『ヴェサリウスの柩』で東京創元社主催の第16回鮎川哲也賞を受賞、小説家デビューを果たす。『警視庁捜査一課十一係』シリーズ は累計40万部を突破している。日本文藝家協会会員、本格ミステリ作家クラブ会員。
『警視庁殺人分析班』シリーズが2015年からWOWOW「連続ドラマW」にて『殺人分析班』シリーズとしてテレビドラマ化、2016年に『特捜7 銃弾』がテレビドラマ化された。また2018年には『警視庁文書捜査官』が『未解決の女 警視庁文書捜査官』として地上波連続ドラマ化。

麻見和史新刊

  • 発売日
    2020年8月14日
  • 書名
    奈落の偶像 警視庁殺人分析班
  • 発売日
    2020年7月10日
  • 書名
    雨色の仔羊 警視庁殺人分析班
  • 発売日
    2020年6月12日
  • 書名
    蝶の力学 警視庁殺人分析班

受賞歴

麻見和史関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

麻見和史関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

wareta_tamago昨日から読み始めた麻見和史『警視庁文書捜査官 銀翼の死角』読み終わった。現場に残された文書や文字を手掛かりに捜査をする「文書解析班」というのが突飛なのに、今度の相手はハイジャック犯という更に突飛な物語だけど面白かった。次は内藤了『… https://t.co/B5Ci7WVlAB
Kohsg23[読了] 麻見和史「永久囚人 警視庁文書捜査官」(個人的評価B)新メンバーを含む3人は皆性格が違うので会話のやりとりを見てみてみても面白い。文書解析が前作より少なかったので塔子シリーズ寄りの内容だったかな。永久囚人の謎… https://t.co/cnpXirwxeU
SGRT_the_3rd編集終わりで楽しんでいた石の繭に続き、「蟻の階段」も読破。最後まで犯人予想できなかった。サスペンス好きにはオススメ。麻見和史 / 蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫) https://t.co/bjHT9tu1rp https://t.co/Ydiyb9KcNo
cha_ko27そして麻見和史さんの殺人分析班シリーズの文庫版も届いてたので、今出てるのはコンプリート。(ノベルスは別) https://t.co/OLwt4wcbim
My_bookshelf_「本は、どういう意味です?」「人間が蓄えた知識も、死の前では無力、ということですね。どれほど優れた学問も、墓場までは持って行けません」(蟻の階段 麻見和史 馬渕)
amiamiamiiii「死者の盟約 警視庁特捜7」(麻見和史)読了。
jT5bLTXpjUDba0b2020年6月 #読了水晶の鼓動/麻見和史福家警部補の追及/大倉崇裕
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
麻見和史さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)