トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 麻見和史

麻見和史

麻見和史さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

麻見 和史(あさみ かずし、1965年 - )は、日本の小説家、推理作家。
千葉県生まれ。立教大学文学部日本文学科卒業。2006年、『ヴェサリウスの柩』で東京創元社主催の第16回鮎川哲也賞を受賞、小説家デビューを果たす。警視庁捜査一課十一係シリーズは累計40万部を突破している。日本文藝家協会会員、本格ミステリ作家クラブ会員。
2015年に『石の繭』が、2016年に『特捜7 銃弾』『水晶の鼓動』がテレビドラマ化された。また2018年には『警視庁文書捜査官』が『未解決の女 警視庁文書捜査官』として地上波連続ドラマ化。

麻見和史新刊

  • 発売日
    2018年8月21日
  • 書名
    骸の鍵
  • 発売日
    2018年6月14日
  • 書名
    深紅の断片 警防課救命チーム (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年4月25日
  • 書名
    永久囚人 警視庁文書捜査官 (角川文庫)

受賞歴

麻見和史関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

麻見和史関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

0su10425725463r2018年No.41麻見和史先生『石の繭〜警視庁殺人分析班〜』#読了初見の作家さんでしたが、凄く面白かったです!遠いと思っていた犯人が、意外にも身近にいたなんて驚きました!塔子の母がなぜ塔子が刑事になるのを反対していた… https://t.co/jGzuwsSCWv
GASK2@deedlit_ 麻見和史の「深紅の断片」だと思われます
My_bookshelf_「本は、どういう意味です?」「人間が蓄えた知識も、死の前では無力、ということですね。どれほど優れた学問も、墓場までは持って行けません」(蟻の階段 麻見和史 馬渕)
ddQDDQDD今年172冊目麻見和史さん蟻の階段読ませて頂きました!愛の形は人それぞれですね。そして復讐。地味な感じですがしっかりとした塔子さんの成長が今後楽しみ。 https://t.co/JSi7upnjnr
zugotta麻見和史の小説のドラマ化「石の繭」を見始めてあ?この人、小栗旬主演のボーダーと言うドマラでも刑事役でその時も気になっていた男優さん、ぐぐったら青木崇高という人でなんと!優香さんのご主人だった。あぁー!と思ったが優香、好きだから許すw
kitaisited深紅の断片 警防課救命チーム 麻見和史https://t.co/BLNC4wJPmo
BaddieBeagle"多くの特殊犯罪を解決に導いてきた捜査一課十一係――殺人分析班の捜査と推理が光る、人気警察ミステリシリーズ最新作":麻見和史『凪の残響 警視庁捜査一課十一係』 https://t.co/QDr9Z7ajre
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
麻見和史さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)