トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 麻見和史

麻見和史

麻見和史さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

麻見 和史(あさみ かずし、1965年 - )は、日本の小説家、推理作家。
千葉県生まれ。立教大学文学部日本文学科卒業。2006年、『ヴェサリウスの柩』で東京創元社主催の第16回鮎川哲也賞を受賞、小説家デビューを果たす。警視庁捜査一課十一係シリーズは累計40万部を突破している。日本文藝家協会会員、本格ミステリ作家クラブ会員。
2015年に『石の繭』が、2016年に『特捜7 銃弾』『水晶の鼓動』がテレビドラマ化された。また2018年には『警視庁文書捜査官』が『未解決の女 警視庁文書捜査官』として地上波連続ドラマ化。

麻見和史新刊

  • 発売日
    2019年1月16日
  • 書名
    雨色の仔羊 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年11月22日
  • 書名
    灰の轍 警視庁文書捜査官 (角川文庫)
  • 発売日
    2018年10月5日
  • 書名
    凪の残響 警視庁捜査一課十一係 (講談社ノベルス)

受賞歴

麻見和史関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

麻見和史関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

cyoiwaru_daddy麻見和史著「警視庁文書捜査官 灰の轍」読了。文書捜査班の活躍が徐々に認められつつも、反感を持つ敵役がハッキリ見えてきてシリーズ化好調の様相!班長としてリーダーシップを発揮しはじめた鳴海理沙、性格的には似合わない変わりようだと思… https://t.co/uzaeLnbuAE
sa_ya_19_39凪の残響@麻見和史 読み途中
My_bookshelf_「本は、どういう意味です?」「人間が蓄えた知識も、死の前では無力、ということですね。どれほど優れた学問も、墓場までは持って行けません」(蟻の階段 麻見和史 馬渕)
eigasuki3アメブロを更新しました。 『麻見和史 灰の轍 警視庁文書捜査官(KADOKAWA・電子書籍)』 #麻見和史 #灰の轍https://t.co/JIXfPSKpWM
azuki_masa57麻見和史さんの「深紅の断片」読みました。読み始めたらぞわぞわするから止められなくて、4時間ぶっ通しで読みふけってました笑途中臨場感が凄くて、怖くて、1行1行隣の行を見ないように読んだりとか。それがまた癖になるんですよね。
nikki_fuchan『虚空の糸』麻見和史を読了。毎回読者を楽しませてくれるシリーズです。今作もとても面白かったです。 https://t.co/DZPKDrzimv
Namimagazine麻見和史著『死者の盟約 特捜7』の評者は村上貴史さん!/殺人事件と誘拐事件の二重奏(波2016年4月号)https://t.co/rNe75bgl9Q
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
麻見和史さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)