トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 麻見和史

麻見和史

麻見和史さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

麻見 和史(あさみ かずし、1965年 - )は、日本の小説家、推理作家。2006年、『ヴェサリウスの柩』で第16回鮎川哲也賞を受賞し、小説家デビュー。2015年に『石の繭』が、2016年に『特捜7 銃弾』『水晶の鼓動』がテレビドラマ化された。
千葉県生まれ。立教大学文学部日本文学科卒業。警視庁捜査一課十一係シリーズは累計40万部を突破している。日本文藝家協会会員、本格ミステリ作家クラブ会員。

麻見和史新刊

  • 発売日
    2017年10月6日
  • 書名
    沈黙する女たち (幻冬舎文庫)
  • 発売日
    2017年8月27日
  • 書名
    水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)
  • 発売日
    2017年7月14日
  • 書名
    蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)

受賞歴

麻見和史関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

麻見和史関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

My_bookshelf_「本は、どういう意味です?」「人間が蓄えた知識も、死の前では無力、ということですね。どれほど優れた学問も、墓場までは持って行けません」(蟻の階段 麻見和史 馬渕)
gentosha_dc【今日のオススメ】廃屋に展示されるように残されていた女性の全裸死体。それを撮影したものが会員サイト「死体美術館」にアップされる。廃屋で発見される女性の全裸死体。犯人の正体と目的とは?/麻見和史『沈黙する女たち』https://t.co/Nd4vLyvZS2
kinokuniyasale永久囚人 警視庁文書捜査官 角川書店単行本 (麻見和史) が、紀伊國屋電子書籍で特価で810円引きの810円、7ポイント還元になりました。https://t.co/5uMdbEFYzg
Masataka_0829最近、チーム雪平より姫川班(誉田哲也)そして相棒にしたいのは如月塔子(麻見和史)ですけど。*´ ³`)ノ←女刑事好き
shima0055今日買ったのは麻見和史さんの重犯罪取材班早乙女綾香屑の刃。塔子ちゃん以外のシリーズは初。麻見さんの本、ほとんどがサイン本なので、今回もサイン本を求めてここに来ました。読むの楽しみだなー♫
nekonoizumi@講談社ノベルス12月。 麻見和史『鷹の砦 警視庁捜査一課十一係』 古野まほろ『天帝のみはるかす桜火』 柄刀一『月食館の朝と夜 奇蹟審問官アーサー』
BaddieBeagle"多くの特殊犯罪を解決に導いてきた捜査一課十一係――殺人分析班の捜査と推理が光る、人気警察ミステリシリーズ最新作":麻見和史『鷹の砦 警視庁捜査一課十一係』 https://t.co/QHJQQNtk7b
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
麻見和史さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)