トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大村友貴美

大村友貴美

大村友貴美さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大村 友貴美(おおむら ゆきみ、1965年 - )は、日本の推理作家。岩手県岩手郡滝沢村(現・滝沢市)出身、在住。中央大学文学部西洋史学科卒業。
大の横溝正史好きで、20代半ば頃から横溝正史ミステリ大賞に一心に応募を続ける。2003年、第23回の同賞で最終候補に残るが、同回は受賞作なしで受賞には至らず、2007年、「首挽村の殺人」で第27回の同賞の大賞を受賞し作家デビューとなった(桂美人の「ロスト・チャイルド」と同時受賞)。受賞作は綾辻行人に絶賛され、「21世紀の横溝正史」などのキャッチコピーが付けられた。
『首挽村の殺人』、『死墓島の殺人』、『霧の塔の殺人』の3作は故郷の岩手県が舞台となっている。
首挽村の殺人(受賞時「血ヌル里、首挽村」)
*2007年6月29日発売、角川書店、ISBN 978-4-04-873784-5
*2009年9月25日発売、角川文庫、ISBN 978-4-04-394306-7
死墓島の殺人
*2008年8月28日発売、角川書店、ISBN 978-4-04-873878-1
*2010年9月25日発売、角川文庫、ISBN 978-4-04-394362-3
霧の塔の殺人
*2009年9月18日発売、角川書店、ISBN 978-4-04-873981-8
*2011年9月23日発売、角川文庫、ISBN 978-4-04-394473-6
共謀
*2010年9月25日発売、角川書店、ISBN 978-4-04-874118-7
*2013年1月25日発売、角川文庫、ISBN 978-4-04-100473-9 「犯罪に向かない男」に改題
存在しなかった男
*2011年9月22日発売、角川書店、ISBN 978-4-04-874254-2
*2013年9月25日発売、角川文庫、ISBN 978-4-04-100983-3
前世探偵カフェ・フロリアンの華麗な推理
*2012年12月25日発売、角川書店、ISBN 978-4-04-110361-6
*2014年4月25日発売、角川文庫、ISBN 978-4-04-101319-9
奇妙な遺産 村主准教授のミステリアスな講座
*2014年9月18日発売、光文社、ISBN 978-4-334-92969-5

受賞歴

横溝正史ミステリ大賞

第27回2007年

大賞

大村友貴美関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

大村友貴美関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kobunsha_promo以前、九州大学のキャンパスでの爆発事故(事件)のニュースを見たとき、『奇妙な遺産 村主教授のミステリアスな講座』(大村友貴美著、光文社文庫)のことを思い出したのでした。爆発はなかったのですけれど、遺体が発見された一編がありました。https://t.co/mh4lQR4Nxk
A_Zbookstore【中古】 首挽村の殺人 / 大村 友貴美 / 角川書店(角川グループパブリッシング) [... (店舗名:もったいない本舗 お急ぎ便店)https://t.co/YonD7QvgwU
Aoi_6cy大村友貴美『霧の塔の殺人』読了。峠と村と社会的問題と殺人シリーズ3作目。最初のほうのページで気になってた事はやっぱりな〜という感じ。森博嗣のVシリーズ?の何かを思い出した。ノーフューチャー暗いぜ。 https://t.co/Ymcd1FZ9H2
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
大村友貴美さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)