トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 長岡弘樹

長岡弘樹

長岡弘樹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

長岡 弘樹(ながおか ひろき、1969年 - )は、日本の小説家、推理作家。山形県山形市出身。
団体職員を経て、2003年「真夏の車輪」で第25回小説推理新人賞を受賞。2005年『陽だまりの偽り』で単行本デビューする。2011年に発売された『傍聞き』の双葉文庫版が、本の雑誌社が刊行する『おすすめ文庫王国2012』の国内ミステリー部門で第1位に選ばれると、ロングセラーとなり39万部を超えるヒットとなる。2013年に刊行した『教場』は警察学校を舞台にした新しいタイプの警察小説で、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」で第2位、第11回本屋大賞で6位に選ばれた。

長岡弘樹新刊

  • 発売日
    2018年6月12日
  • 書名
    道具箱はささやく

受賞歴

長岡弘樹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

長岡弘樹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mellowmellow122ふっふっふ……長岡弘樹さんの教場シリーズの0をついに借りられた!風間先生すごく好きだから楽しみ……枯れ専の人もそうでない人もきっと風間先生にはめろめろになるよ……かっこいいんだもん…… https://t.co/xtKKhzJOgi
Tetsu_kuroshi@0666Kao ミステリが苦手じゃなければ、長岡弘樹さんの『陽だまりの偽り』オススメしたい
sougoaf2長岡弘樹 「教場」この教官に睨まれたら、終わりだ。誰も逃げられない。警察学校初任科第九十八期短期過程の生徒たちは、「落ち度があれば退校」という極限状態の中、異色の教官・風間公親に導かれ、覚醒してゆく。必要な人材を育てる前に、不要な人 #相互フォロー
mys_sus_bot【線結び】次の2014年に「本格ミステリ大賞」の候補になった作品と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい教場→長岡弘樹スノーホワイト→森川智喜ノックス・マシン→法月綸太郎
YotacoHまずひとつ。それは、ボケ防止の為に、自分の命綱を、ボケてるかもしれない(と思っている)相手に、丸っと任せてたのと同じことだと思うんですけど、お兄ちゃん。それをやるなら、長岡弘樹さんの『陽だまりの偽り』方式でやった方がいいと思うんですけど…。
sst_bot『教場』(小学館 長岡弘樹)張りめぐらされた伏線、予想をはるかに上回る結果、警察学校がこれ程までに過酷な所だったとは。警察官を見る目が変りました。(小説2013)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
長岡弘樹さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)