トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 長岡弘樹

長岡弘樹

長岡弘樹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

長岡 弘樹(ながおか ひろき、1969年 - )は、日本の小説家、推理作家。山形県山形市出身。
団体職員を経て、2003年「真夏の車輪」で第25回小説推理新人賞を受賞。2005年『陽だまりの偽り』で単行本デビューする。2011年に発売された『傍聞き』の双葉文庫版が、本の雑誌社が刊行する『おすすめ文庫王国2012』の国内ミステリー部門で第1位に選ばれると、ロングセラーとなり39万部を超えるヒットとなる。2013年に刊行した『教場』は警察学校を舞台にした新しいタイプの警察小説で、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」で第2位、第11回本屋大賞で6位に選ばれた。

長岡弘樹新刊

  • 発売日
    2020年1月31日
  • 書名
    風間教場: (小学館)
  • 発売日
    2019年12月24日
  • 書名
    教場0: (小学館)
  • 発売日
    2019年11月6日
  • 書名
    教場0 刑事指導官・風間公親 (小学館文庫)

受賞歴

長岡弘樹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

長岡弘樹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

BunkoBestSaleAM27位『教場 (小学館文庫)』(長岡弘樹/小学館) https://t.co/wmbIJf5m0o 君には、警察学校をやめてもらう。90以上のメディアに取り上げられた既視感ゼロの警察小説! https://t.co/2NAMsOheAK
hit4boy長岡弘樹『教場』読了。いつかは読まねばと思いつつキムタクドラマを見て手に取る。リアルさを求めるとアレだけど、このテーマではオンリーワンとして評価できる。ドラマにならなかった短篇も愉しい。2も読もう、と、ありきたりな事を思う。#読了 https://t.co/Ll7tCWfgFv
hit4_sapporo長岡弘樹『教場』読了。いつかは読まねばと思いつつキムタクドラマを見て手に取る。リアルさを求めるとアレだけど、このテーマではオンリーワンとして評価できる。ドラマにならなかった短篇も愉しい。2も読もう、と、ありきたりな事を思う。#読了 https://t.co/sQSxLaLRGa
motomotomotoo【本棚登録】『風間教場』 長岡弘樹 https://t.co/FSBNNnNXbS #booklog
masakazuhenmi長岡弘樹『時が見下ろす町』読了。発表年バラバラの短編集。読み進めると「ん?消費税3%?こっちは5%?」とどうやら時間軸が違う話らしいことがわかる。そして「この登場人物前に出てきたな、あ、昔の話か!」ってなって最後ですごいオチになるという。面白かったです。
amaebooknew緋色の残響 (長岡弘樹) が、Kindleストアで予約開始されました。3/18(水)配信。https://t.co/aJfUCFCv4p
tamaki0401sora #教場 長岡弘樹#読了ドラマが面白かったので読んでみたかったやつ。これは面白い、知らぬ間に風間公親が私の恩師になっていた。初めて本読んでて付箋を貼りました。 https://t.co/rz2UcM0mUB
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
長岡弘樹さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)