トップページ > 作家名一覧 > そから始まる作家名一覧 > 曽根圭介

曽根圭介

曽根圭介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

曽根 圭介(そね けいすけ、1967年 - )は、日本の小説家。
静岡県生まれ。静岡県沼津市内の高校に通った後、1浪して早稲田大学商学部へ入るが、1週間程授業に出ただけで中退。25歳になった時にいよいよまずいと思い始め、池袋のホテルに正社員として就職。36歳で無職になるが、貯金があったため毎日図書館で本を読むという生活を1年続ける。しかし読むだけの日々にも飽きがきたため、一度書いてみるかと執筆を決意。完成に5か月かかった初めての作品「蟷螂之斧」を江戸川乱歩賞に応募したところ、1次審査を通過する。
その後「沈底魚」を執筆し、完成するもストーリー展開が気に入らず鬱々とした日々を過ごす。気分転換にと別の短編作品「鼻」を書いたところ、2007年の第14回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞、同年、第53回江戸川乱歩賞を受賞した。受賞時のペンネームは曽根狷介(けんすけ)。2009年、「熱帯夜」で第62回日本推理作家協会賞短編賞を受賞。
趣味は山登り。

受賞歴

曽根圭介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

曽根圭介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

masumoto0614曽根圭介の短編集『鼻』。面白かった〜。個人的には、2つ目の『受難』が好きでしたね。
hit4boy曽根圭介『沈底魚』国会議員に紛れ込んだ中国のスパイを炙り出そうとする公安の刑事を描いた謀略小説。二転三転するためしっかりと読み進めるべきですが、そのわりに見返りが少ないのが残念。登場人物の魅力が乏しくてさらに残念です。【乱歩賞】https://t.co/ClTaqrjpRD
whi_enj曽根圭介『鼻』暴落、受難、鼻の三編。人間たちは、テングとブタに二分されている。鼻を持つテングはブタに迫害され殺害され続けている。1回読んだだけじゃ分からなくて、解説を読んでから読み直して理解した。どうしても語り手が正常だと思っちゃうから騙される。見事な叙述トリック。
006lene曽根圭介の鼻、中古だけどやっと手に入った
heizi_san@snit_531 字ばっかりで目が疲れんねん…あっでも曽根圭介の鼻っちゅう作品は面白そうやなぁって思ってるわ。また読んだこと無いんけどな
nanalune76有川浩「植物図鑑」我孫子武丸「殺戮にいたる病」歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」服部まゆみ「この闇と光」貴志祐介「青い炎」黒史郎「夜は一緒に散歩しよ」加納朋子「コッペリア」曽根圭介「鼻」殊能将之「ハサミ男」… https://t.co/Qh974flamv
ougiya_kiichi小説ドラゴンクエストⅣ 久美沙織七瀬ふたたび 筒井康隆羅生門 芥川龍之介家守綺譚 梨木香歩天使の囀り 貴志祐介芋虫 江戸川乱歩花物語 吉屋信子夢の棲む街 山尾悠子千年樹 荻原浩鼻 曽根圭介#名刺がわりの小説10選 これかな!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
曽根圭介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)