トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高田大介

高田大介

高田大介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高田 大介(たかだ だいすけ、1968年 - )は日本の言語学者、小説家である。
1968年、東京都生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。早稲田大学、東京芸術大学などで講師を務めたのち渡仏、現在はリモージュ大学|en|University of LimogesEDSHS EHICに籍を置き博士論文執筆中。専門分野は印欧語比較文法・対照言語学。2010年、『図書館の魔女』で第45回メフィスト賞を受賞し、デビュー。
メフィスト賞に応募したきっかけとして、「普通じゃない小説大賞」みたいなものを求めていたこと、枚数に上限がないことを挙げている。
影響を受けた作家はカート・ヴォネガット Jr. とトーベ・ヤンソン。また、「こうした小説を書きたいと常々仰ぎ見ている」作家として、ディケンズ、大デュマ、ドストエフスキーを挙げている。
講談社ノベルスで好きな作品は西尾維新の「戯言シリーズ」。

受賞歴

高田大介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

高田大介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mizutamagumo【読了】『図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)』高田 大介 https://t.co/mcQOBGJ27g #booklog
amaebooksale図書館の魔女 (1) (講談社文庫) (高田大介) が、Kindleストアで講談社 フェアのタイトルで220円引きの514円(30%OFF)になりました。https://t.co/fhTRsQbwKY
kinokuniyasale図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫) (高田大介) が、紀伊國屋電子書籍で特価で220円引きの514円(30%OFF)、4ポイント還元になりました。https://t.co/gqA6I5p6kB
amagayeal【図書館の魔女 烏の伝言 (上) (講談社文庫)/高田 大介】感想は下巻にて。前作とのつながりを考えるとカロイはヴァーシャか?伏線張りまくってるが全部回収されるのかしらん → https://t.co/4a4VIflw0W #bookmeter
memeko0610ようやく読み終えた!とにかく表現力がすごい。キリヒトは脳内スザクで読んでた。: "図書館の魔女 第四巻 (講談社文庫)"(高田大介 著)https://t.co/JHNGwFmADD https://t.co/HzJmIr8XbB
densyoou【30%OFF以上】講談社 「本にまつわる物語」小説フェア【Kindleセール】が始まっています!!(5/9まで) https://t.co/2AgDxqXbI4高田大介「図書館の魔女」、安藤祐介「本のエンドロール」、法月綸太… https://t.co/ulIr1KsCHB
Mikan_Reimu1118@potepote_paw2 高田大介さんだったと思います
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高田大介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)