トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 深水黎一郎

深水黎一郎

深水黎一郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

深水 黎一郎(ふかみ れいいちろう、1963年2月13日 - )は、日本の小説家・推理作家。山形県山形市生まれ。慶應義塾大学文学部卒、同大学院後期博士課程単位取得退学(仏文学専攻)。在学中に仏政府給費留学生としてフランスに留学。ブルゴーニュ大学修士号取得、パリ第12大学博士課程研究専門課程(DEA)修了。
2007年に『ウルチモ・トルッコ』で第36回メフィスト賞を受賞し作家デビュー。「ウルチモ・トルッコ」とはイタリア語(あるいはスペイン語)で「究極のトリック」を意味する言葉で、ミステリー界に最後に残った不可能トリックである「読者が犯人」に挑戦した意欲作であり、島田荘司は「この被害者を殺した犯人は、ぼくだった。(中略)誰もが気づかなかった方法。このジャンルの、文句なくナンバーワン」と激賞している 。
翌2008年に発表した『エコール・ド・パリ殺人事件』(講談社)は、その年の『本格ミステリベスト10』(原書房・以下本ミスと記述)で9位にランクインし、同年発表の3作目『トスカの接吻』(講談社)は、『2009本格ミステリーワールド』(南雲堂)の中の「読者に勧める黄金の本格」に選出された。
2009年発表の4作目『花窗玻璃 シャガールの黙示』(講談社)は、フランスのランス大聖堂を舞台としながら、その大部分を占める作中作の本文中で、カタカナを一切使用しなかった。ちなみに花窗玻璃とはステンドグラスのことであり、作中には紋中紋の技法も用いられている。本ミスでは、ワセダミステリクラブの投じた一位票が集計に間に合わず無効になるなどの影響もあって21位にとどまったが、読者投票では3位を獲得、第10回本格ミステリ大賞の最終候補作にもノミネートされた。同年の黄金の本格にも選出されている。
2010年は『五声のリチェルカーレ』(東京創元社)、『ジークフリートの剣』(講談社)と、音楽をモチーフにした二冊を発表、本ミスの作家別得票数で7位を獲得した。2011年に「人間の尊厳と八〇〇メートル」で第64回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。同年秋、受賞作を含む第一短篇集を発表した。
2016年刊の『ミステリー・アリーナ』(原書房)は「多重解決の極北」の売り文句に恥じず、一つの事件に対して15通りの解決を示した問題作で、同年の『本格ミステリベスト10』で1位を獲得、作家別得票ランキングでも第1位となった。
2017年はデビュー10周年を記念して、3月から5月にかけて3ヶ月連続新刊を刊行、それぞれ青春小説、野球小説、音楽ミステリー集と多種多様な作品だったため、大きな話題となった。
趣味はピアノ演奏、ドイツ歌曲の弾き語り。

深水黎一郎新刊

  • 発売日
    2017年5月17日
  • 書名
    ストラディヴァリウスを上手に盗む方法

受賞歴

深水黎一郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

深水黎一郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sekaishid深水黎一郎さんの『ウルチモ・トルッコ』読んでみたいな「ミステリー小説でこんな犯人があったら面白いな」と思って検索したら出てきた
Nenmaku_虹の歯ブラシの深水黎一郎の解説、内容よりも打ち消し線の多用を見てなぜだかとても哀しい気持ちになってしまった。
life_gro_bot(ラス)2007年に『ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ!』で第36回メフィスト賞を受賞しデビューしたミステリー作家は?→深水黎一郎
ura1020深水黎一郎、ミステリー・アリーナ。米澤穂信、さよなら妖精。ミステリ成分補給 https://t.co/pPnplKooXK
sanjaku3katsura【読書メモ17】深水黎一郎著『美人薄命』大学生と独居老婆の心温まる物語。人間は現実より虚構を大切にする。老婆がついた嘘はなにを意味するのか。何度もドンデン返しがあり、ユーモラスでもあり、本当に面白かった。お薦め。
oumyst【講演会告知】10月28日(土)に講演会の開催が決定しました!お呼びする講師の先生は深水黎一郎先生です。事前申し込みは不要で、どなたでもご自由に参加していただけます。また、入場料は1,000円です。詳細は随時告知していきます!
bluelinus_1127深水黎一郎さん著『花窗玻璃』読了しました。ゴシック建築に色々な様式があること自体初めて知ったんですが(汗)、成程確かにこのトリックにはこの様式だよなあと納得でした。それとカタカナを全て漢字にあてはめる表記方法、最初はギョッとするのに読んでるうちに結構クセになります。漢字は美しい。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
深水黎一郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)