トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 岡崎隼人

岡崎隼人

岡崎隼人さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

岡崎隼人(おかざき はやと、1985年12月22日 - )は日本の小説家。岡山県出身。
2006年、『少女は踊る暗い腹の中踊る』で第34回メフィスト賞を受賞し、デビューした。帯につけられたコピーは「子供たちのダークサイドを抉る青春ノワールの進化形」。マーク・Z・ダニエレブスキーの『紙葉の家』を机代わりに、2か月ほどで書き上げた作品だという(下記エッセイ参照)。
『メフィスト』2007年5月増刊号に掲載された「ノベルス あとがきのあとがき」で、2作目として「『welcome to my……』に対する感謝・対策」という仮タイトルを予告したが、未刊行である。
少女は踊る暗い腹の中踊る (講談社ノベルス、2006年6月6日発行)

受賞歴

岡崎隼人関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

岡崎隼人関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kiyoshima_yaizuメフィスト賞と言えば岡崎隼人の『少女は踊る暗い腹の中踊る』が疾走感たっぷりで次回作に期待したけど、あれも結局出なかったな。あと古泉迦十。『崑崙奴』読みたかった。
novelist_debut●岡崎隼人 『少女は踊る暗い腹の中踊る』 (2006年6月)
Dragibuuuuusオススメしたいクソ小説岡崎隼人「少女は踊る暗い腹の中踊る」露悪趣味って毒舌と同じくらい難しいジャンルだと思う平山夢明の胸糞感は読後、澱の様に心の底に沈殿する後味の悪さがあるけどこの小説は全編通して「はァ?」って感じなので… https://t.co/52c0UZjKus
shika1111555岡崎隼人「少女は踊る暗い腹の中踊る」読んだ。猟奇的な殺人鬼が複数うろつく街の片隅でボーイミーツガール(嘘ではないはず)。物語の中心は事件の中心と必ずしも一致しない。語り手の彼の物語ではあるけれど、彼は事件の中心にいない。これ犯人たち視点で読んでみたい
namingsentenceしかし岡崎隼人はあんな眉目秀麗なアレなのに今何をやっているんだ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
岡崎隼人さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)