トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 積木鏡介

積木鏡介

積木鏡介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

積木 鏡介(つみき きょうすけ、1955年9月1日 - )は小説家。東京都出身。和光大学経済学部卒業。
1998年2月、第6回メフィスト賞を受賞した『歪んだ創世記』で、乾くるみ(第4回受賞)、浦賀和宏(第5回受賞)とともに同時デビュー。
独特の装飾過多で奇矯な文体と、古典的なメタフィクショナルな手法を異様に肥大化させた作風が持ち味。フレドリック・ブラウンを偏愛しており、そのことは第二作『魔物どもの聖餐』のネタやカバー見返しの「作者のことば」からも窺い知れる。
清涼院流水の『秘密屋文庫 知ってる怪』(講談社文庫、2004年8月)に解説文「清涼院流水は現代の“ほらふき男爵”なのである!!」を寄せて以降は活動が見られなかったが、2012年、清涼院流水が立ち上げたプロジェクト「The BBB」(Breakthrough Bandwagon Books)に参加。2013年4月より新作「都市伝説刑事」シリーズを電子書籍で発表している。このシリーズは清涼院流水による英訳版も販売されている。
=
すべて講談社ノベルス
『歪んだ創世記』(1998年2月)
『魔物どもの聖餐(ミサ)』(1998年6月)
『誰かの見た悪夢』(1999年8月)
『芙路魅(ふじみ)』(2002年4月) - 講談社ノベルス創刊20周年記念「密室本」

受賞歴

積木鏡介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

積木鏡介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tumikikyousuke積木鏡介は性格からして千葉県民っぽいです#あなたはどこ県民っぽいか #shindanmakerhttps://t.co/hrUWVCwBdf☓☓大学出身者として、せめて「神奈川県民」でありたかった。
tatsumi_cover積木鏡介「歪んだ創世記」(1998)講談社ノベルス https://t.co/77GeEjvM13
hit4boy積木鏡介『歪んだ創世記』絶海の孤島で繰り広げられる奇妙奇天烈な物語。起承転結の“結”から始まり、“起”へと巻き戻りながらストーリーは展開します。メタ・フィクションを逆手にとったような本作品は、大胆な意欲作?それとも奇をてらった一発芸?https://t.co/mMLGmvrIVB
owl5101【歪んだ創世記 (講談社ノベルス)/積木 鏡介】を読みたい本に追加 → https://t.co/2mrGoKGXwh #bookmeter
mys_sus_bot【線結び】次の作家とそのメフィスト賞受賞作の正しい組み合わせを選びなさい石黒耀→死都日本石崎幸二→日曜日の沈黙積木鏡介→歪んだ創世記
raitaohishi@uribajp ゼロ年代作家の代表格でしたね~壮大な脱力系ミステリーで、今読めば逆に楽しめるかも。当時はメフィスト賞作家だと、積木鏡介や殊能将之に夢中でした(*^^*)
8823_blue3.積木鏡介『誰かの見た悪夢』大学生の男女が、醜怪な幽霊病院で猟奇的で狂騒的な連続首斬り殺人に巻き込まれる。現在進行形の首斬り事件と、病院関係者たちの過去とが絡み合う盛りだくさんな展開がまずは楽しい。また、怪奇探偵小説らしいなんとも異様な雰囲気も良いです。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
積木鏡介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)