トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 乾くるみ

乾くるみ

乾くるみさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

乾 くるみ(いぬい くるみ、1963年10月30日 - )は、日本の小説家・推理作家。静岡県静岡市出身。静岡大学理学部数学科卒業。男性。別名義である市川 尚吾(いちかわ しょうご)名義では評論活動を行っている。
小学生の頃からミステリーが好きで、中学の頃には横溝正史や江戸川乱歩賞受賞作を読み漁る。高校生になるとジョン・ディクスン・カーなどの海外ミステリーにも興味を広げ、同時に自らも執筆活動を始める。大学在学中には江戸川乱歩賞に初応募するが、一次選考にも残らなかった。大学卒業後はIT企業に就職し、ソフトの開発業に従事する。
1998年に『Jの神話』で第4回メフィスト賞を受賞し、34歳で作家デビュー。続く2作目の『匣の中』では、四大奇書と呼ばれる竹本健治の『匣の中の失楽』にオマージュをささげた。三作目の『塔の断章』では断章のタイトルどおり、各エピソードが時間軸ばらばらに並べられている実験的な作品だった。2004年に刊行した『イニシエーション・ラブ』はその年の「このミステリーがすごい」で第12位、「本格ミステリベスト10」で第6位と高く評価される。2005年に同作で第58回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)候補作となる。2007年に同作が文庫化されると、雑誌やテレビ番組などでたびたび紹介されロングヒットとなり、2014年4月に100万部に達した。

乾くるみ新刊

  • 発売日
    2019年4月23日
  • 書名
    平成ストライク
  • 発売日
    2019年3月20日
  • 書名
    ジグソーパズル48

受賞歴

乾くるみ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

乾くるみ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Kengo___bot恋愛経験の浅い人ほど、乾くるみの作品への印象は強いものと自分は思う。主人公に感情移入が強くなるほどラストで滅多打ちにされて、苦しいと言うよりも納得で溜め息がこぼれる
shikicoc今まで読んだ中で他人に勧めたい本・乾くるみ『イニシエーションラブ』・サイモンシン『フェルマーの最終定理』・北方謙三『三国志』面白いけどオススメしにくい本・我孫子武丸『殺戮に至る病』読んで内容が全部分かったという人がいたら正気を疑う本・夢野久作『ドグラ・マグラ』
jamyokomizomaya2019年度面白かった短編6~10位 6 加速してゆく 青崎有吾 7 半分オトナ 千澤のり子 8 ラビットボールの切断 白井智之 9 それは単なる偶然 七尾与史 10 消費税狂騒曲 乾くるみ
mayayutakabot「人狼作家」(原書房)麻耶先生が人狼ゲームに青崎有吾、我孫子武丸、天祢涼、乾くるみ、北山猛邦、千澤のり子、深水黎一郎、汀こるもの、遊井かなめの9氏とともに挑戦!人狼が誰かという推理とともに麻耶先生がどの役柄を演じているかもぜひ推理してみて下さい!麻耶ファンならすぐわかるかも?笑
kiryu_reader乾くるみすごいわ……セカンドラブ読んでて鳥肌たった…
mys_sus_bot【線結び】次の作家・乾くるみの作品とモチーフとなっているタロットカードの図柄の正しい組み合わせを選びなさい嫉妬事件→女帝セカンド・ラブ→女教皇イニシエーション・ラブ→恋人
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
乾くるみさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)