トップページ > 作家名一覧 > そから始まる作家名一覧 > 蘇部健一

蘇部健一

蘇部健一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

蘇部 健一|そぶ けんいち|1961年 - は日本の小説家、推理作家。2012年、清涼院流水が立ち上げた「The BBB」に参加。
1961年、東京都に生まれる。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。1997年、保険調査員・小野由一を主人公とした連作集『六枚のとんかつ』にて第三回メフィスト賞を受賞、デビュー。上記作品は「ばかばかしくて読めない」「ゴミだ」「商品じゃない」「くだらない」などの強い批判や「支持する」などの絶賛の声が上がった。
ミステリー界の異才、異能作家などといわれる。デビュー作の系列に属するアイディア重視の推理短編とは別に、やや長めのセンチメンタルなSF作品があり、こちらのほうが評価が高いことを作者自身後書きで自認している。
初めて活字になった自作本格推理短編は『しおかぜ⑰号四十九分の壁』。1996年、鮎川哲也が編集した『本格推理(7)』に入選・収録されている。発表当時のペンネームは「我妻起成」。
メフィスト賞作家では黒田研二と仲がいい。『木乃伊男』の解説も黒田が担当している。黒田がかつて自身のホームページに記していたところによると、姪が蘇部健一のファンであるとのこと。
『動かぬ証拠』の後書きによれば、ミステリー界初の「音の出る推理小説」「飛び出す推理小説」を出版しようと、そのサンプルを講談社文庫の編集者に送ったが、蘇部の本は実のところあまり売れないために「そんなコストのかかるものはダメだ」と却下された。「音の出る推理小説」は「変化する証拠」というタイトルで、『動かぬ証拠』に(音は出ないが)収録されている。
『ふつうの学校』シリーズや『恋時雨』のように、青い鳥文庫やYA!ENTERTAINMENTのような、児童向けのレーベルにも小説を発表している。

受賞歴

メフィスト賞

第3回1997年

メフィスト賞

蘇部健一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

蘇部健一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

dokugura蘇部健一さん、最近は活動してらっしゃらないのかな。
QMA_4taku作品『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞した日本の推理作家は?→森博嗣/蘇部健一/新堂冬樹/清涼院流水
erNoYZ4IwDssLA42.トカレフとスタンウェイとダルエスサラーム 蘇部健一え、悲しい…と思いきやかなり後味の爽やかな話。『ふつうの学校』と同じ人なんだ。今だったらアウトになりそうなスレスレの児童書だった気がするけど結構楽しんで読んでた(?)絵もかなり好きだった。
kosyoyashiki折原一『クラスルーム』ほか赤川次郎/三姉妹探偵団シリーズほか全作蘇部健一『六枚のとんかつ』『木乃伊男』麻耶雄嵩/全部読めるよ!読も 対象かはわからなかったです倉知淳『星降り山荘の殺人』ほか下村敦史『闇に香る嘘』高野和明『13階段』法月綸太郎『頼子のために』『雪密室』
hit4boy蘇部健一『六枚のとんかつ』ふん!「バカミス」と投げ出してしまうような作品ではありません。確かに、連作短編のうちのいくつかは、「なんじゃこれ?」とうなだれてしまうのですが、本格ミステリの芳醇な香りを味わえるものはあります(いいすぎで… https://t.co/03aJSCKYre
qnonsenseフーコー『言葉と物』では彼が「狂気」の実例として挙げられている、代表作に『双生児ソーセージ』『白人生ハラミ、黒人生ハラワタ』『嬰児(みどりご)のシシカバブ』がある古代インド・マガダ国の詩人で、幸運にも我が国では蘇部健一によるハイセンスな和訳に恵まれたのは誰?
yutaaraikindleポイント還元50%中だったので未読だった蘇部健一『六枚のとんかつ』霧舎巧『ドッペルゲンガー宮 《あかずの扉》研究会流氷館へ』を買った。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    蘇部健一さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)