トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高山羽根子

高山羽根子

高山羽根子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高山 羽根子|たかやま はねこ|1975年5月9日。多摩美術大学美術学部絵画学科卒業。
2009年、「うどん キツネつきの」で第1回創元SF短編賞(選考委員:大森望・日下三蔵・山田正紀)佳作を受賞し、同作がアンソロジー『原色の想像力』(創元SF文庫)に収録されデビュー。
2014年、短編集『うどん キツネつきの』を刊行。
2015年、短編「おやすみラジオ」が第46回星雲賞(日本短編部門)参考候補作に選出される。同年、短編集『うどん キツネつきの』が第36回日本SF大賞最終候補に選出される。
2016年、「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞(選考委員:井上荒野・角田光代・川上未映子)大賞を受賞。
2019年、「居た場所」で第160回芥川龍之介賞候補、「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」で第161回芥川龍之介賞候補。
2020年、「首里の馬」で第163回芥川龍之介賞受賞、第33回三島由紀夫賞候補。

受賞歴

高山羽根子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.9.26 作家の読書道 第221回:高山羽根子さん

    この夏、『首里の里』で芥川賞を受賞した高山羽根子さん。これまでも一作ごとにファンを増やしてきた高山さん、多摩美術大学で日本画を専攻していたという経歴や、創元SF短編新人賞に佳作入選したことがデビューのきっかけであることも話題に。読んできた本のほか美術ほか影響を受けたものなど、高山さんの源泉について広くおうかがいします。

  • 2020.8.11 【今週はこれを読め! SF編】新たな壮途へ乗りだした年刊日本SF傑作選

    創元SF文庫で十二年つづいた《年刊日本SF傑作選》を後継するアンソロジー・シリーズ。版元を移した経緯や、編者が大森望・日下三蔵のタッグチームから大森ソロへ変わったことなど「序」で語られているが、支障なく友好的に運んだようだ。まずは欣快。

  • 2020.7.15 芥川賞に高山羽根子さんと遠野遥さん 直木賞に馳星周さん

    第163回芥川賞と直木賞の選考会が15日開かれ、芥川賞は高山羽根子さんの「首里の馬」と遠野遥さんの「破局」の2つの作品が選ばれました。また、直木賞は馳星周さんの「少年と犬」が選ばれました。

高山羽根子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kaiyonaha478第163回芥川賞の高山羽根子『首里の馬』を読んだ。中盤がちょっとつらまんが、良い作品とは思った。ただ『如何様』の方が面白い。
clnmnめちゃくちゃおもしろい。飛浩隆×高山羽根子「ディストピア小説の主人公とは誰か 嫌(いや)視点の作り方」闇の自己啓発会(江永泉・木澤佐登志・ひでシス・役所暁)「身体と精神改造のための闇のブックガイド」『文藝』2021年春季… https://t.co/loKR1CCSSc
15Tomsong高山羽根子『首里の馬』様々な出来事で断片的にされた沖縄のささいな文化の記憶たち。孤独な場所にいる知識たち。濃厚な人間関係ではなくて、孤独の交わりが、交わらなくても良いそれらが存在することを肯定する。#読了
toshichi_umaスポニチの梅崎記者が馬事文化賞を取った作品で書いてた馬で、高山羽根子「首里の馬」では馬名を拝借されている。前にみんはやの自作問として出しましたね。
endingendless「文藝」の飛浩隆×高山羽根子「ディストピア小説の主人公とは誰か」読む。対談サブタイトル「嫌視点の作り方」てのは、ディストピアものの要点を端的に言い表してる。
navetunes『暗闇にレンズ』。これまで読んできた高山羽根子の小説に比べ、今回は重厚さが前面に出てる感じ。戦中戦後の日本における史実考証をしっかり押さえた上で、もの凄い仕掛けを作り上げてた前作『如何様』の手法を更に推し進めてるよう。『太陽の側の島』といい、近代史を題材にして傑作を書く作風か。
sbhlaucehi飛浩隆×高山羽根子「ディストピア小説の主人公とは誰か 嫌(いや)視点の作り方」Marukido「いじめられっ子の初恋はチャHだった」水上文「成熟と喪失、あるいは背骨と綿棒について」どれも良い。【特集 夢のディストピア】は他も良さそう。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高山羽根子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)