トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高山羽根子

高山羽根子

高山羽根子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高山 羽根子(たかやま はねこ、1975年。多摩美術大学美術学部絵画学科卒業。
2009年、「うどん キツネつきの」で第1回創元SF短編賞(選考委員:大森望・日下三蔵・山田正紀)佳作を受賞し、同作がアンソロジー『原色の想像力』(創元SF文庫)に収録されデビュー。
2014年、短編集『うどん キツネつきの』を刊行。
2015年、短編「おやすみラジオ」が第46回星雲賞(日本短編部門)参考候補作に選出される。同年、短編集『うどん キツネつきの』が第36回日本SF大賞最終候補に選出される。
2016年、「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞(選考委員:井上荒野・角田光代・川上未映子)大賞を受賞。

高山羽根子新刊

  • 発売日
    2018年8月7日
  • 書名
    オブジェクタム

受賞歴

高山羽根子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

高山羽根子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

575hc500行く。高山羽根子×小浜徹也×小川哲×大森望『Genesis』vs『NOVA』書き下ろしSFアンソロジー対決、勝つのはどっちだ - パスマーケット 2018/12/25(火) 20:00~ https://t.co/s8KYoRmpHh
TKR_15高山羽根子「オブジェクタム」面白かった。ってか、こりゃすげえわ。そこ表現するかねってテーマだし、小説じゃなきゃ書けないものを見事に書ききってる。これやられちゃうとぐうの音も出ないわ。
YoshitakaSakuma蓄膿症で頭部の上半分が使い物にならなず、まともに本を読めないが、この二日間湯船で綾辻行人『人形館の殺人』、湯上りに高山羽根子『オブジェクタム』読んだ。久しぶりに小説読んだらやはり面白かったので、少しずつでいいから読む機会増やそう。
kUtsunomiya高山羽根子『オブジェクタム』。夢のような幸福な読書体験だった!読み進めるうち徐々に立ち上がってくる、それまで見えてなかった世界が持っているクラクラするきらめき、その反転。小説でしか味わえない脳内映像の美しさに痺れた。素晴らしい!!
birdfromlocal高山羽根子「居た場所」楡周平「再生巨流」
for_thoma24文藝売ってないなー。高山羽根子「居た場所」読みたい。
urokogumo昨日のアトロク。池澤春菜さんの推薦図書紹介がめちゃくちゃ素晴らしくて、思わず高山羽根子『オブジェクタム』をamazonで買う。「美しい白昼夢を読んでるような気持ち」ってそれは絶対私好き・・・! #utamaru
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高山羽根子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)