トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高山羽根子

高山羽根子

高山羽根子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高山 羽根子(たかやま はねこ、1975年。多摩美術大学美術学部絵画学科卒業。
2009年、「うどん キツネつきの」で第1回創元SF短編賞(選考委員:大森望・日下三蔵・山田正紀)佳作を受賞し、同作がアンソロジー『原色の想像力』(創元SF文庫)に収録されデビュー。
2014年、短編集『うどん キツネつきの』を刊行。
2015年、短編「おやすみラジオ」が第46回星雲賞(日本短編部門)参考候補作に選出される。同年、短編集『うどん キツネつきの』が第36回日本SF大賞最終候補に選出される。
2016年、「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞(選考委員:井上荒野・角田光代・川上未映子)大賞を受賞。

受賞歴

高山羽根子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

高山羽根子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

RappaTeiちなみに私的妄想「今年こそ短篇集を出して欲しいぞ叢書」からは高山羽根子『オブジェクタム』がめでたく刊行となるようです。ぱちぱちぱち。今年もどんどん妄想するぞー。(←妄想関係無い)https://t.co/4mtyd8mRyr
katsu_tontaro『すばる8月号』のドストエフスキー特集に、なぜか高山羽根子がエッセイを寄せています。けっこうマジメに書いててしかも出来が良い(と思います)。高山ファンのみなさまどうぞよしなに。 https://t.co/Z3G6OqNdOt
archipelago1999感動しやすい割に、小説を読みながら涙が溢れたと云う経験はあまりなく、高山羽根子「巨きなものの還る場所」はその数少ない例のひとつ。
subaru_henshubu【特集:ドストエフスキー再考】エッセイ/番場俊「いま一つの「ゼロ年代のドストエフスキー」、入江悠「映画『ビジランテ』と「カラマーゾフの兄弟」」、高山羽根子「ドストエフスキー×コスモス「おかしな人間の夢」」。#すばる8月号
pefnk高山羽根子の「オブジェクタム」今更ながら読みたいけど掲載雑誌品切れだし重版はしないだろうな。二年前の「ホテルマニラの熱と髪」の時と同じ轍を踏んだ。近々出るとかいう噂の新作に両方載ってほしい。
moufu_pool久しぶりにゆっくり湯船に浸かって、高山羽根子「オブジェクタム」を読む 湯のなかで子と大人を行きつ戻りつするうち暑くなって出た 身体を拭きながらふいに、物語には終わりがある、いずれ終わるということにおもい至る 暑い サイダー飲みたい
sasakiatsushi芥川賞候補、高山羽根子「オブジェクタム」は入らなかったのか。新潮が一本もないのは珍しい。久々の松尾スズキは候補にしたかっただろうから、文學界は高橋弘希と二作になったわけだね。芥川賞は新人賞ということを考えると、今回もデビュー作の「美しい顔」が最有力だと思うけど、さてどうなるか。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高山羽根子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)