トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 藤原伊織

藤原伊織

藤原伊織さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

藤原 伊織(ふじわら いおり、本名:藤原 利一(ふじわら としかず)、1948年2月17日 - 2007年5月17日)は、日本の男性作家。大阪府大阪市出身
大阪府立高津高等学校、東京大学文学部フランス文学科卒業。電通に勤務する。1977年、「踊りつかれて」で野性時代新人文学賞佳作を受賞(藤原利一名義)。
1985年、『ダックスフントのワープ』で第9回すばる文学賞受賞する。その後、原稿依頼を断っているうちに注文が来なくなり、発表が途絶える。1995年、ギャンブルでかさんだ借金の返済のため、賞金1000万円を目当てに『テロリストのパラソル』を江戸川乱歩賞に応募し、受賞する。翌年、同作で直木三十五賞も受賞した。それまでに乱歩賞受賞作が直木賞の候補になったことや、乱歩賞受賞作家が直木賞を受賞した例はあったが、同一の作品で二賞を受賞したのは史上初であった。
2002年、電通退社。
2007年5月17日、食道癌のため東京都品川区の病院で死去。2005年には癌に侵されていることを公表していた。享年59。

受賞歴

藤原伊織関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.11.23 作家の読書道 第212回:呉勝浩さん

    2015年に『道徳の時間』で江戸川乱歩賞を受賞、2018年には『白い衝動』で大藪春彦賞を受賞。そして新作『スワン』が話題となり、ますます注目度が高まる呉勝浩さん。小学生のうちにミステリーの面白さを知り、その後は映画の道を目指した青年が再び読書を始め、小説家を目指した経緯は? 気さくな口調を脳内で再現しながらお読みください。

  • 2012.9.17 「ともにがんばりましょう」作家 塩田武士さん

    ≪頭の中のもんを全部書ける うれしくてしようがない≫ 労働組合がエンタメになった-。将棋をテーマにした「盤上のアルファ」で鮮烈なデビューを飾った新聞記者出身の作家、塩田武士さん(33)。3作目となる新刊「ともにがんばりましょう」では、新聞社の労働組合を舞台に選んだ。会社員にとっては身近ながらも敬遠しがちな存在の労組だが、笑って泣ける人間ドラマに。ありそうでなかった"労組小説"の誕生だ。

  • 2012.3.1 「野性時代」の歩み回顧

    角川書店の小説誌「野性時代」3月号が2004年の「新創刊」から通算100号に達し、「記念特大号」として刊行された。

藤原伊織関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ZoeZoeZoe0926【テロリストのパラソル (講談社文庫)/藤原 伊織】ミステリーとしての、深まっていく謎を追いかける楽しさはもちろんある。しかしこの本の一番の魅力は、解説の関口氏が言うように、やはり主要人物たちに… → https://t.co/aujAYoPPEt #bookmeter
raisen_bot_qmaNo.385 次の文字列を組み合わせて作家・藤原伊織の作品のタイトルにしなさい⇒てのひらの―闇、ひまわりの―祝祭、シリウスの―道
kyodorumammy【テロリストのパラソル (講談社文庫)/藤原 伊織】を読んだ本に追加 → https://t.co/vP2moIWylI #bookmeter
otogyoそして、やはりこちらも裏切らない!高野和明作品❗️最近の三本柱は藤原伊織作品、高野和明作品、松岡圭祐作品でございます!って、紹介するまでもなく超有名(^o^;)ミーハーですいません。今日からは浅田次郎読みます。ミーハ… https://t.co/YYc8d48QcR
bSusbmMQEHBzD4U#2020年上半期の本ベスト約10冊太宰治 『女生徒』道尾秀介 『骸の爪』夏目漱石 『草枕』夏目漱石『夢十夜』浦賀和宏 『彼女の血が溶けていく』周木律 『眼球堂の殺人』藤原伊織 『テロリストのパラソル』殊能将之 『… https://t.co/0eLjmaS29t
woopinpin@after_the_pain 笑バレちゃったねお仕置きだぞ〜w(何だ何だw)贔屓の作家さんとかいますか?オレは、もうベタで申し訳ないんですが春樹さんと、白石一文さん、宮本輝さん、藤原伊織さん(故人)が好きです。
nohohon_yururu藤原伊織さんのエピソードで、ニヤニヤしてる
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
藤原伊織さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)