トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 佐賀潜

佐賀潜

佐賀潜さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

佐賀 潜(さが せん、1914年3月21日 - 1970年8月31日)は、日本の小説家、推理作家、検察官、弁護士。本名松下幸徳。
東京生まれ。筆名の由来は、父親を含め先祖代々佐賀鍋島藩の出身であることと、「探せん」の意味を懸けたもの。
中央大学法学部在学中、司法試験に合格。大学を卒業し司法修習を終え、各地の地方検察庁で検事を務める(1946年11月までの約10年間)。なお、著書である『刑法入門』の中で、検事時代の1944年に長崎刑務所浦上支所で死刑が執行された際に、担当でもないのに興味本位で立ち会った体験を明かしている。
その後は弁護士事務所を開業。日本推理作家協会の顧問弁護士となる。
保全経済会事件では伊藤斗福の弁護を担当し、また、横井英樹による東洋精糖株買い占めに際しては、東洋精糖の顧問弁護士として、保全経済会事件で知り合った児玉誉士夫に会社防衛を依頼している。
作家の小山いと子は、娘と交流のあった佐賀から取材し、検事を辞めて弁護士になった男を主人公とする短編「執行猶予」を1950年に発表した。これが第23回直木賞を受賞したことがきっかけとなって、佐賀に執筆意欲が生まれ、作家活動を始めた。1959年に短編を集めた『ある殺意』を刊行し、さらに長編小説『第三の殺人』や『むらさきの女』を執筆。作家としての地歩を固める。
1962年、弁護士経験を生かして書いた推理サスペンス『華やかな死体』で第8回江戸川乱歩賞を戸川昌子とともに受賞。受賞後は弁護士を主人公とした推理小説等を発表し人気作家となる。とりわけ、光文社のカッパビジネスシリーズから刊行された法律入門書は大ヒットとなり、『民法入門』『刑法入門』『商法入門』『労働法入門』『道路交通法入門』等は
1968年(昭和43年)の全国書籍販売「年間ベストセラー」の上位を独占。翌1969年には『六法やぶれクン』としてテレビアニメ化されている。また『女の学校』(NETテレビ)には法律コンサルタントとして出演。
三島由紀夫の『葉隠入門』(光文社 カッパブックス 1967年)には、佐賀関係者ということで表紙カバーに推薦の辞を寄せている。
多岐川恭、佐野洋、星新一、水上勉、結城昌治らが結成した推理作家(探偵作家)の親睦団体「他殺クラブ」では幹事をつとめた。
1970年、胃癌のため死去。
子に慶應義塾大学理工学部教授の松下温がいる。弟の松下喜久雄も「佐賀蒼」の筆名で推理小説を書いていた。

受賞歴

佐賀潜関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

佐賀潜関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ebaranakanobu81原口一博さん森ゆうこさん、あなたがたが言いたいことがだいたい分かりました。つまりあなた方はこう言いたいのですね。「ワインは出すな!」by 『ねじ式』の佐賀潜
qmaLSbot75、次のうち、本名を長谷川海太郎という作家がペンネームとして用いた名前を1つ選びなさい○ 林不忘、牧逸馬、谷譲次× 黒沼健、香山滋、城昌幸、団精二、佐賀潜
chat___noirこうした中間小説雑誌だった。中間小説誌の人気作家の多くは現代ではすでにあまり読まれなくなっており梶山季之、佐賀潜、戸川昌子など名前は知っていても作品を読んだことのない場合がほとんどだ。黒岩重吾、笹沢左保などの作品は現代のミステリー界隈で触れられることもほとんど無い。
meihuku1970年に逝去され、今日で50回目の命日を迎える作家・弁護士、佐賀潜さんのご冥福をお祈りします。
kohnosachi法学というものは、判例説・通説・有力説・多数説もしくは折衷説などから、どの説が妥当な解釈かを論じる学問であった印象がある。よって、わたしは実生活で役に立ちそうな法律など殆ど知らない。情けないことであるこの佐賀潜氏の法律入門シリー… https://t.co/mOJAGKAAkE
miwachan_info労使交渉でビルに缶詰にされた経営陣が空腹で、近所のカツ丼屋かなにかに出前を頼んで、窓から縄で引き上げようとしていたところ、労組が気づいて縄をハサミで切ったというエピソードを読んだ記憶も。佐賀潜さんの『労働法入門』だったかな?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
佐賀潜さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)