トップページ > 作家名一覧 > ちから始まる作家名一覧 > 陳舜臣

陳舜臣

陳舜臣さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

陳 舜臣|ちん しゅんしん|1924年2月18日 - 2015年1月21日は、推理小説、歴史小説作家、歴史著述家。代表作に『阿片戦争』『太平天国』『秘本三国志』『小説十八史略』など。『ルバイヤート』の翻訳でも知られる。神戸市出身。本籍は台湾台北だったが、1973年に中華人民共和国の国籍を取得し、その後、1989年の天安門事件への批判を機に、1990年に日本国籍を取得している。日本芸術院会員。長男は写真家の陳立人(1952年 - )。
神戸の元町に生まれる。第一神港商業(後の神戸市立神港高等学校)を経て1941年大阪外国語学校(現大阪大学外国語学部)印度語学科に入学、印度語(ヒンディー語)とペルシア語を専攻。一学年下に司馬遼太郎(蒙古語科)、俳人の赤尾兜子(中国語科)がいる。1943年同校を繰り上げ卒業、同校に附設の西南亜細亜語研究所の助手となりインド語辞典の編纂作業などに従事する。終戦にともない日本国籍を喪失し、退職。家業の貿易業に従事。東洋史学者宮崎市定の門弟に師事、宮崎の孫弟子にも当たる。1948年に一時台湾に帰国し、台北県新荘中学英語教師、翌年神戸に戻る。
1961年に神戸が舞台の長編推理小説「枯草の根」で江戸川乱歩賞を受賞後、作家生活に入る。『宝石』『講談倶楽部』『小説中央公論』などで作品を発表。初期の作品はミステリーが多く、江戸川乱歩賞、直木賞、日本推理作家協会賞を受賞。1967年『阿片戦争』などから中国の歴史を題材にした作品を多く書き、日本における「中国歴史小説」ジャンルを確立し、多くの読者を持っている。
陳舜臣アジア文藝館が2014年に神戸市中央区に開館。
2015年1月21日午前5時46分、老衰のため、神戸市内の病院で死去。1924|2|18|2015|01|21。没後に従四位を追叙された。

受賞歴

陳舜臣関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.7.25 作家の読書道 第219回:今村翔吾さん

    2017年に『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』を刊行してデビュー、翌年『童神』(刊行時に『童の神』と改題)が角川春樹小説賞を受賞し、それが山田風太郎賞や直木賞の候補になり、そして2020年は『八本目の槍』で吉川英治文学新人賞を受賞と、快進撃を続ける今村翔吾さん。新たな時代小説の書き手として注目される今村さんは、いつ時代小説に魅せられ、何を読んできたのか? 軽快な語り口調でたっぷり語ってくださいました。

  • 2015.7.16 芥川賞に羽田さんと又吉さん、直木賞は東山さん

    第153回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日夜、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は羽田圭介さん(29)の「スクラップ・アンド・ビルド」(文学界3月号)と又吉直樹さん(35)の「火花」(同2月号)、直木賞は東山彰良さん(46)の「流」(講談社)に決まった。

  • 2015.1.21 小説家の陳舜臣さん 死去

    中国を舞台にした歴史小説を数多く発表してきた小説家の陳舜臣さんが、21日朝、老衰のため神戸市内の病院で亡くなりました。90歳でした。

陳舜臣関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hmhl_tama陳舜臣 著『実録 アヘン戦争』小説家が書いた歴史書であり、近代中国の歴史において大きな転換点となったアヘン戦争を知るには非常に分かりやすい書籍。清とイギリス双方の思惑、戦争前夜、戦後の変化を詳しく知ることができ、東アジアへの影響… https://t.co/apC5j04X8n
staygold1994032@datyukotyu 自分の年代はゲームからが多そうですね。今はどうでしょう?キングダム→中国歴史→三国志とかあるんでしょうか?陳舜臣さんの作品(特に十八史略)は何回も読み返してます
datyukotyuそれからの三国志おもしろそう! そして陳舜臣さんの諸葛孔明を読んでないことに気付く!
Ryoh_Hinata願わくば、史書ベースの三国志作品、もっと増えないですかね……演義ベースは演義ベースで大味で面白いけれど、陳舜臣先生の小説みたいなガチ三国志の重いビジュアルノベル寄り作品とか、少しはあっても良いと思うのだ……
inumaro7791聊斎志異考 陳舜臣先生 読了嗤う伊右衛門 京極夏彦先生 読了雨月奇譚を手に入れるも、初代PSが破損。断念
jiku_to_hou糜芳「関羽へは一粒も送ってはならぬぞ。なにごとだ、食糧なんぞ右から左へ送れるように思っているとは。すこしは思い知らせてやらねば癖になる」(秘本三国志 関羽敗れたり/陳舜臣 著)
mys_sus_bot【線結び】次の1960年代に江戸川乱歩賞を受賞した作品と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい枯草の根→陳舜臣高層の死角→森村誠一蟻の木の下で→西東登孤独なアスファルト→藤村正太
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
陳舜臣さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)