トップページ > 作家名一覧 > ちから始まる作家名一覧 > 陳舜臣

陳舜臣

陳舜臣さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

陳 舜臣(ちん しゅんしん、1924年(大正13年)2月18日 - 2015年(平成27年)1月21日)は、推理小説、歴史小説作家、歴史著述家。代表作に『阿片戦争』『太平天国』『秘本三国志』『小説十八史略』など。『ルバイヤート』の翻訳でも知られる。神戸市出身。本籍は台湾台北だったが、1973年に中華人民共和国の国籍を取得し、その後、1989年の天安門事件への批判を機に、1990年に日本国籍を取得している。中国籍同時保有。日本芸術院会員。長男は写真家の陳立人(1952年 - )。
神戸の元町に生まれる。みずからの著書で語るところによれば、後漢の陳寔の末裔。魏の陳羣、陳泰らも祖先にあたることになる。陳家は、中国の河南省の潁川から福建省の泉州、さらに台湾に移住し、舜臣は陳家35代目である。||date=2015年1月
第一神港商業(後の神戸市立神港高等学校)を経て1941年大阪外国語学校(現大阪大学外国語学部)印度語学科に入学、印度語(ヒンディー語)とペルシア語を専攻する。一学年下に司馬遼太郎(蒙古語科)、俳人の赤尾兜子(中国語科)がいる。1943年同校を繰り上げ卒業、同校に附設されていた西南亜細亜語研究所の助手となりインド語辞典の編纂作業などに従事する。終戦にともない日本国籍を喪失したことから、退職。家業の貿易業に従事した。東洋史学者宮崎市定の門弟に学んだため、宮崎の孫弟子にも当たる。1948年に一時台湾に帰国し、台北県新荘中学英語教師、翌年神戸に戻る。
1961年に神戸を舞台にした長編推理小説「枯草の根」で江戸川乱歩賞を受賞後、作家生活に入る。『宝石』『講談倶楽部』『小説中央公論』などで作品を発表。初期の作品はミステリーが多く、江戸川乱歩賞、直木賞、日本推理作家協会賞を受賞している。また、当時の推理小説関係の大きな賞はその三つに限られたことから、「初の三冠王」とも評された。「枯草の根」の探偵役、神戸在住の華僑で中華料理店「桃源亭」び経営者陶展文は、「三色の家」「割れる」「虹の舞台」などでも活躍し、シリーズ作品となっている。
1967年『阿片戦争』などから中国の歴史を題材にした作品を多く書き、日本における「中国歴史小説」ジャンルを確立して、多くの読者を持っている。作風は常に中国の歴史書を元にしており、非常にマイナーな野史の類も参考にしている。三国志関連の小説・随筆等によって、『三国志演義』によって定着した悪役としての曹操の評価を変えたと言われている。日本と中国の交流や、中国における仏教、イスラム教、キリスト教なども取り上げている。
琉球史を扱った『琉球の風』は1993年NHK大河ドラマ原作となる。『中国任侠伝』『唐代伝奇』など、中国古典を翻案した物語作品も多い。また小説の他に、『中国の歴史』をはじめとする一般向けの中国史に関する書籍も多数執筆している。中国における仏教、イスラム教、キリスト教などにも言及したものになっている。
陳舜臣アジア文藝館が2014年に神戸市中央区に開館している。
2015年1月21日午前5時46分、老衰のため、神戸市内の病院で死去した。1924|2|18|2015|01|21。没後に従四位を追叙された。

陳舜臣新刊

  • 発売日
    2018年2月18日
  • 書名
    クラシック リバイバル 日本名城紀行2

受賞歴

陳舜臣関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.7.16 芥川賞に羽田さんと又吉さん、直木賞は東山さん

    第153回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日夜、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は羽田圭介さん(29)の「スクラップ・アンド・ビルド」(文学界3月号)と又吉直樹さん(35)の「火花」(同2月号)、直木賞は東山彰良さん(46)の「流」(講談社)に決まった。

  • 2015.1.21 小説家の陳舜臣さん 死去

    中国を舞台にした歴史小説を数多く発表してきた小説家の陳舜臣さんが、21日朝、老衰のため神戸市内の病院で亡くなりました。90歳でした。

  • 2012.6.20 作家の読書道 第126回:須賀しのぶさん

    明治期に一人の少女が大陸に渡り、自らの人生を切り開いていく『芙蓉千里』シリーズがいよいよ完結を迎えた須賀しのぶさん。歴史の知識、アクションあり驚きありの冒険譚はどのようにして生まれるのか。幼い頃からの読書遍歴をうかがってそのあまりの"須賀さんらしさ"に膝を打ちます。作品に込めた熱い思いも語ってくださいました。

陳舜臣関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

raisen_bot2_qmaNo.300 次の江戸川乱歩賞を受賞した推理小説と、それを書いた作家の正しい組み合わせを選びなさい⇒枯草の根―陳舜臣、仮面法廷―和久峻三、Tweleve Y.0.―福井晴敏
m_youyou陳舜臣『炎に絵を』:幼い頃亡くなった父は、託された革命資金を持ち逃げした犯人だった? 病気で余命幾ばくもないという年の離れた兄に頼まれて、葉村省吾は父の汚名をすすぐ調査を引き継ぎ、事件が起こった神戸に転勤した。しかし調査が進むにつれてきな臭い雰囲気が漂い始め、省吾は命を狙われる。
tao_genkyoカチャの芸名を陳舜臣先生が付けてくれたというだけでも推せる。秘本三国志と小説十八史略は人生のバイブルぞ……あと司馬先生の項羽と劉邦。引っ越す時も必ず持っていく。
mys_sus_bot【並べ替え】小説『枯草の根』で初めて登場した、作家・陳舜臣の推理小説で探偵役を務める料理人は?→陶展文
wsbef(陳舜臣をやべぇとしか表現できない語彙のほうがやべぇ……)
hound_suzuki陳舜臣の「影は崩れた」はないのかと思ったが、アレは徳間文庫だった。
mmiki_q3mys『方壺園』、読了陳舜臣、だーいすき全部密室という大盤振る舞いの本書で、陳舜臣はミステリ作家なんだよな、というのを再確認しました表題作の「方壺園」、「大南営」、「九雷渓」、「アルバム」なんかはまさに本格「梨の花」、「獣心図」はちょっと変化球な話だとは思ったけれど、面白い
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
陳舜臣さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)