トップページ > 作家名一覧 > ちから始まる作家名一覧 > 陳舜臣

陳舜臣

陳舜臣さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

陳 舜臣(ちん しゅんしん、1924年(大正13年)2月18日 - 2015年(平成27年)1月21日)は、推理小説、歴史小説作家、歴史著述家。代表作に『阿片戦争』『太平天国』『秘本三国志』『小説十八史略』など。『ルバイヤート』の翻訳でも知られる。神戸市出身。本籍は台湾台北だったが、1973年に中華人民共和国の国籍を取得し、その後、1989年の天安門事件への批判を機に、1990年に日本国籍を取得している。日本芸術院会員。長男は写真家の陳立人(1952年 - )。
神戸の元町に生まれる。第一神港商業(後の神戸市立神港高等学校)を経て1941年大阪外国語学校(現大阪大学外国語学部)印度語学科に入学、印度語(ヒンディー語)とペルシア語を専攻する。一学年下に司馬遼太郎(蒙古語科)、俳人の赤尾兜子(中国語科)がいる。1943年同校を繰り上げ卒業、同校に附設されていた西南亜細亜語研究所の助手となりインド語辞典の編纂作業などに従事する。終戦にともない日本国籍を喪失したことから、退職。家業の貿易業に従事した。東洋史学者宮崎市定の門弟に学んだため、宮崎の孫弟子にも当たる。1948年に一時台湾に帰国し、台北県新荘中学英語教師、翌年神戸に戻る。
1961年に神戸を舞台にした長編推理小説「枯草の根」で江戸川乱歩賞を受賞後、作家生活に入る。『宝石』『講談倶楽部』『小説中央公論』などで作品を発表。初期の作品はミステリーが多く、江戸川乱歩賞、直木賞、日本推理作家協会賞を受賞している。1967年『阿片戦争』などから中国の歴史を題材にした作品を多く書き、日本における「中国歴史小説」ジャンルを確立して、多くの読者を持っている。
陳舜臣アジア文藝館が2014年に神戸市中央区に開館している。
2015年1月21日午前5時46分、老衰のため、神戸市内の病院で死去した。1924|2|18|2015|01|21。没後に従四位を追叙された。

陳舜臣新刊

  • 発売日
    2018年2月18日
  • 書名
    クラシック リバイバル 日本名城紀行2

受賞歴

陳舜臣関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.7.16 芥川賞に羽田さんと又吉さん、直木賞は東山さん

    第153回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日夜、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は羽田圭介さん(29)の「スクラップ・アンド・ビルド」(文学界3月号)と又吉直樹さん(35)の「火花」(同2月号)、直木賞は東山彰良さん(46)の「流」(講談社)に決まった。

  • 2015.1.21 小説家の陳舜臣さん 死去

    中国を舞台にした歴史小説を数多く発表してきた小説家の陳舜臣さんが、21日朝、老衰のため神戸市内の病院で亡くなりました。90歳でした。

  • 2012.6.20 作家の読書道 第126回:須賀しのぶさん

    明治期に一人の少女が大陸に渡り、自らの人生を切り開いていく『芙蓉千里』シリーズがいよいよ完結を迎えた須賀しのぶさん。歴史の知識、アクションあり驚きありの冒険譚はどのようにして生まれるのか。幼い頃からの読書遍歴をうかがってそのあまりの"須賀さんらしさ"に膝を打ちます。作品に込めた熱い思いも語ってくださいました。

陳舜臣関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sahi_kemukujara@aki_sendai89 @eraabu リプありがとうございます!蒼天の劉備は演義とは真逆な感じで良いですね
KingShoKei琉球の風(一)怒濤の巻 (講談社文庫) 陳 舜臣 https://t.co/7OmB0Urd84 AmazonJPさんから 大河ドラマにもなった薩摩侵入事件だぜ。さすが陳舜臣!
ces2ea1yb2shwep#役名:啓泰 #俳優:東山紀之 #大河:琉球の風 (1993年) #原作:陳舜臣 #啓泰 #東山紀之
incicyu1後者、陳舜臣氏の秘本三国志っぽいですね。カリスマ合法ロリが出てくるやつでしたっけ…?もはや記憶があいまいすぎる…
lCbTjiPpxU65Jb9@chatabi2010 @bci_ 陳舜臣氏の著作は今でも時々読み返しますが素晴らしいものばかりです。特に「小説十八史略」など今でも熱烈なファンが多いんじゃないでしょうか。小説とは言え文献的にも非常によく調べられていて素人が中国史の概略を勉強するにはもってこいです。
mys_sus_bot【線結び】次の1960年代に江戸川乱歩賞を受賞した作品と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい枯草の根→陳舜臣高層の死角→森村誠一蟻の木の下で→西東登孤独なアスファルト→藤村正太
chatabi201030年も前に書かれた陳舜臣の『茶の話(茶事遍路)』を10年ぶりに読み返している!この本、小説家のエッセイだと昔は軽く読んでいたが、実はしっかり文献にあたり、かなり精緻に書かれていたことに今更ながら驚く、刺激を受ける!! https://t.co/8cw7TsoQGP
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
陳舜臣さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)