トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉川永青

吉川永青

吉川永青さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉川 永青(よしかわ ながはる、1968年 - )は、日本の小説家。東京都生まれ。横浜国立大学経営学部卒業。2010年、『戯史三國志 我が糸は誰を操る』で第5回小説現代長編新人賞奨励賞を受賞。2012年、『戯史三國志 我が土は何を育む』で第33回吉川英治文学新人賞候補。2015年、『誉れの赤』で第36回吉川英治文学新人賞候補。2016年、『闘鬼 斎藤一』で第4回野村胡堂文学賞受賞。
*『戯史三國志 我が糸は誰を操る』講談社、2011 のち文庫 
*『戯史三國志 我が槍は覇道の翼』講談社、2011 のち文庫 
*『戯史三國志 我が土は何を育む』講談社、2012
*『時限の幻』幻冬舎、2012
*『義仲これにあり』講談社、2013
*『誉れの赤』講談社、2014
*『天下、なんぼや。』幻冬舎 2014 (鴻池新右衛門)
*『闘鬼 斎藤一』NHK出版、2015 
*『化け札』(真田昌幸)講談社、2015
*『治部の礎』(石田三成)講談社、2016
*『写楽とお喜瀬』(東洲斎写楽)NHK出版、2019

吉川永青新刊

  • 発売日
    2020年1月15日
  • 書名
    治部の礎 (講談社文庫)
  • 発売日
    2019年11月29日
  • 書名
    毒牙 義昭と光秀

受賞歴

吉川永青関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

吉川永青関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hit4boy吉川永青『時限の幻』会津蘆名氏の執政 金上盛備と奥州の覇者 伊達政宗の虚々実々の攻防を描いています。「交渉力」がキーワードなのですが、盛備がさほど魅力的な人物に見えません。ゆえに主人公の最期の瞬間、感慨にふけるごとができませんでした。https://t.co/yK5xFX7PO2
3Amud臨時 一日一策瑜程普おぢさんのファン必見。正史でも演義でもないオリジナル三国志。吉川永青先生『戯史三國志 わが槍は覇道の翼』 - 策瑜で三国志ブログ https://t.co/3An9eB9Evh
ksrg0悪名残すとも/吉川永青 - お芋畑 https://t.co/R4EkG67a6A 大内主従の最高解釈はこれなんですけどもね…最近のやつだけど…
tuwamonoNo1@NtOcIcV4lqBoaPK 吉川永青さんの「誉れの赤」って作品が好きでして。徳川が取り込んだ旧武田家の侍の話。そこに出てくる直政が好きなんですよ。直孝は大坂の陣でヘタこいたからなぁ(笑) でも井伊家を大きくした功績は、直政以上かもしれませんね。
owan_dnkb9→富樫倫太郎さん/司馬遼太郎先生/小野不由美さんとか。基本作者買いするので。他だと最近推しになったのは吉川永青さんっていう作家。文章が泥臭い人が好み…
rankingko最安値の「老侍 /講談社/吉川永青」の価格比較ランキングを更新しました。最安値は220円です。https://t.co/qA1GgmFNUm
shuf_shuf#ブックカバーチャレンジDay1龍の右目 / 吉川永青ルールは、本の内容には触れずに・7日間、とのことで。あと、個人的な裏テーマもあるのですが、わかる人にしかわからないと思うので、わかったらニヤリ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉川永青さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)