トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中路啓太

中路啓太

中路啓太さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中路 啓太(なかじ けいた、1968年7月1日- )は、日本の小説家・時代小説家。
東京都生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程を単位取得の上、退学。
2006年、「火ノ児の剣」(応募時のタイトルは「火ノ児の剣――新井白石斬奸録」)で第1回小説現代長編新人賞奨励賞を受賞しデビュー。2010年、『己惚れの砦』で第31回吉川英治文学新人賞の候補になる。2016年、『ロンドン狂瀾』で第7回山田風太郎賞候補。
*『火ノ児の剣』(2006年10月 講談社 / 2009年12月 講談社文庫)
*『裏切り涼山』(2007年12月 講談社 / 2010年12月 講談社文庫)
*『己惚れの記』(2009年8月 講談社 / 2012年9月 講談社文庫)
*『謎斬り右近』(2010年2月 新潮社)
*【改題】「豊国神宝」(2012年12月 新潮文庫)
*『傾国 もうひとつの楊貴妃伝』(2011年8月 講談社)
*『獅子は死せず』(2011年11月 講談社)のち中公文庫 (毛利勝永を描く)
*『うつけの采配』(2012年2月 中央公論新社)のち文庫 (吉川広家を描く)
*『恥も外聞もなく売名す』新潮社 2013 「三日月の花 渡り奉公人 渡辺勘兵衛」中公文庫(渡辺了を描く)
*『もののふ莫迦』中央公論新社 2014 (岡本越後守と加藤清正を描く)
*『ロンドン狂瀾』(2016年1月 光文社)(ロンドン軍縮会議を描く)

中路啓太新刊

  • 発売日
    2017年12月20日
  • 書名
    別冊文藝春秋 電子版17号 (文春e-book)

受賞歴

小説現代長編新人賞

第1回2006年

奨励賞

  • 題名
    火ノ児の剣
  • 応募時題名
    火ノ児の剣――新井白石斬奸録

中路啓太関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

中路啓太関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sugukonkon中路啓太さん「獅子は死せず」私が好きな戦国武将のうちの1人、毛利勝永が主人公です。大坂夏の陣において何故これほどまでに奮戦できたのか、後世に「真田を云て毛利を云わず」と言われた訳が説得力ある描写で描かれており面白かったです!! https://t.co/8Sxd0aw77s
bessatsubunshun【1月号本日発売】中路啓太さんの「ゴー・ホーム・クイックリー」。憲法改正論議は、いよいよ第九条にさしかかる。https://t.co/yTOG1G6dDF #別冊文藝春秋
Namimagazine中路啓太著『恥も外聞もなく売名す』の評者は池上冬樹さん!/槍の勘兵衛、これぞ“もののふ”(波2013年7月号)https://t.co/EFkQCgm7ko
nemnem151中路啓太「もののふ莫迦」を読んでいる。加藤清正が重要な役割を演じているということで興味を持った。裏表紙に天草四郎がいると思っていたが、時代が違いすぎるのでたぶんヒロインの「たけ」だろう。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中路啓太さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)