トップページ > 作家名一覧 > ろから始まる作家名一覧 > ろくごまるに

ろくごまるに

ろくごまるにさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

ろくごまるには、日本の小説家。ライトノベルを中心に書いており、主に富士見ファンタジア文庫で作品を出版している。

大阪府出身。1992年、「喪中の戦士」で第四回ファンタジア長編小説大賞(現ファンタジア大賞)の審査員特別賞を受賞する。同作品が表に出ることはなかったが、翌1993年に自身のデビュー作となる短編「食前絶後!!」を月刊ドラゴンマガジン誌上に発表する。翌1994年には、長編に書き下ろされた同作が富士見ファンタジア文庫より発売された。
1995年、長編書き下ろしの「封仙娘娘追宝録 天を騒がす落とし物」を刊行する。この作品はシリーズ化し、以後、長編を文庫本用に書き下ろしながら、短編を不定期に月刊ドラゴンマガジンに掲載していく。短編は「奮闘編」として、文庫本にまとめられた。このシリーズは2009年2月に完結するまで、長編11、短編集5の文庫本が刊行された。
2009年以降は、出版社をそれまでの富士見ファンタジア文庫から他出版社に移しはじめる。
2010年9月に「桐咲キセキのキセキ」を書き下ろしをGA文庫から刊行した。この作品は続編が出る予定である。
また同年9月、新紀元社で短編のノベライズ作品「犬とサンダルと銃」を書き下ろした。

受賞歴

ろくごまるに関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

ろくごまるに関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

manga_qma_bot【キュ】 小説『封仙娘娘追宝録』で知られる小説家→ろくごまるに
MuTant_Japan12月も前半が終わり、明日から後半となる年末ですが。…ろくごまるに先生はご存命なのだろうか。西日本に色々あったので、近況報告が全く無いと心配で仕方が無いです
kgerouその昔、ろくごまるに先生の「封仙娘娘追放録」ってラノベで主人公の相棒の男(棍の宝貝)が男の子を脅すのに「くくく、血も肉も皮も一緒にして餃子の中身のようにしてくれる!!」ってセリフめっちゃ好きだったから、今週のゾイドワイルドの予告はそれ思い出してなんか嬉しかった
Keuzer掃除中にろくごまるに読み始めてしまったんだけど最終巻の記憶がないし最終巻自体もない これはもしかして買ってないのでは
Ankhloreあ、思いだした。ろくごまるにさんの「天仙娘娘追宝禄」だ!>過失スタート
Leon1212Freedom封娘知ってる人に出会ったことないけど好きだったなぁ…キャラもみんな好きだし、タイトルの秀逸さも、お話の作り込みも尋常じゃなかった。ホントろくごまるに先生すごい。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
ろくごまるにさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)