トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 太田靖久

太田靖久

太田靖久さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

太田 靖久(おおた やすひさ、1975年10月 - )は、日本の小説家。神奈川県秦野市出身、早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。神奈川県厚木市在住。2010年、第42回新潮新人賞を「ののの」で受賞しデビュー。
=
ののの(『新潮』2010年11月号)
お神さん(『新潮』2011年10月号)
いない(『すばる』2012年5月号)
コモンセンス(『新潮』2013年10月号)
ボディーズ(『早稲田文学』2014年冬号)
はじける(『すばる』2015年6月号)
かぜまち(『文學界』2015年8月号)
ヘイトフル(『早稲田文学』2015年秋号)
ろんど(『新潮』2016年6月号)
ノラルンバ(『ランバーロール』2017年0号)
リバーサイド(『群像』2017年5月号)
サマートリップ(『すばる』2017年6月号)
うみまち(『すばる』2018年8月号)

受賞歴

太田靖久関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

太田靖久関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

cHaNiGa8201太田靖久さんの『うみまち』読んだ…舞台設定が魅力的でどんな話になっていくのか楽しみに読み始めたが、《俺》の馬鹿っぷりが笑撃
yshibi太田靖久「うみまち」(すばる)。突如として海中から現れた「新しい街」。こういう「空間」を主題にした作品は個人的に好みなのだが、それゆえ勝手な注文になるが、「うみまち」を「街」として使い切れなかったことが残念。#新人小説月評
gunzo_henshubu【群像9月号】創作合評は、安藤礼二さん、蜂飼 耳さん、小澤英実さんに「うみまち」(太田靖久)、「永遠のあとに来る最初の一日」(福嶋伸洋)、「波に幾月」(藤代泉)を評していただきました。
TakashiKatayama共同通信の文芸時評「あなたの生活に文学を」の7月分が配信されました。阿部公彦さんが取り上げられたのは、北条裕子さん「美しい顔」(「群像」)、太田靖久さん「うみまち」(「すばる」)、辻原登さん「月も隈なきは」(「文芸」)、木村祐さん… https://t.co/Dtqjeh0gfm
orionaveugle・四方田犬彦「鳥を放つ」(「新潮」)・杉本裕孝「将来の夢」(「文學界」)・太田靖久「うみまち」(「すばる」)・福嶋伸洋「永遠のあとに来る最初の一日」(「すばる」)
akaouroko#あなたがツイッター上で家族を作ったら配偶者:太田 清伸父:永石匠母:タイソン大屋(Tyson Ohya)兄:塚本拓弥姉:加藤靖久弟:ゆし妹:はぎのりな(はぎのり)ペット:大里 雅史姉と母のキャスティングが特に… https://t.co/YqLw4oZpEG
subaru_henshubu太田靖久「うみまち」。妻が結婚指輪を残して家を出た。ポストには離婚届が。俺の心は折れ、崩壊寸前だった。ある日、ゴミだらけの部屋のテレビに緊急速報が流れた。誰も見たことのない街が海辺に忽然と姿を現したという。そのニュースは俺の酒漬けの脳に射し込む一条の光となった……。#すばる8月号
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
太田靖久さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)