トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青木淳悟

青木淳悟

青木淳悟さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

青木 淳悟(あおき じゅんご、1979年5月9日 - )は、日本の小説家。埼玉県狭山市出身。早稲田大学第二文学部表現・芸術系専修卒業。
早稲田大学在学中の2003年、「四十日と四十夜のメルヘン」で第35回新潮新人賞を受賞しデビュー。2005年、「クレーターのほとりで」が第18回三島由紀夫賞候補。同年に上記2作を収めた作品集『四十日と四十夜のメルヘン』で第27回野間文芸新人賞受賞。2009年、『このあいだ東京でね』で第22回三島由紀夫賞候補。2012年、『わたしのいない高校』で第25回三島由紀夫賞受賞。

受賞歴

青木淳悟関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

青木淳悟関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Namimagazine青木淳悟著『学校の近くの家』の評者は滝口悠生さん!/文章の渦中にしかない興奮と悦び(波2016年1月号)https://t.co/QUvvoCipKH
kurotuki_2こうこう (高校)私がいない高校 青木淳悟 三島由紀夫賞 https://t.co/e7dLw0Gcmy
InfoJunktion青木淳悟『四十日と四十夜のメルヘン』(新潮社、2005)青木玉『小石川の家』(講談社、1994)阿川弘之『春風落月』(講談社、2002)浅倉卓弥『雪の夜話』(中央公論新社、2005)朝吹真理子『きことわ』(新潮社、2011)
sukinabunshouこのあたりの事情について作家本人は、「パンを得るべく」「広い意味での文筆家になった」などと書いているが、その通過儀礼だとでもいうように、名前の方も平成元年付で「はいじま みのる」と改めている。青木淳悟「四十日と四十夜のメルヘン」
bikasebu(連想)1新潮新人賞を受賞しデビュー 2早稲田大学第二文学部出身 3、2012年の三島由紀夫賞受賞者 4『私のいない高校』 A青木淳悟/(連想)1兄・宗典も小説家 2早稲田大学第二文学部出身 3、2012年の山本周五郎賞受賞者 4『楽園のカンヴァス』 A原田マハ
Horopc9379新刊で買ってから九年近く積んであった青木淳悟の『四十日と四十夜のメルヘン』の文庫版を読み始めたんだけど、十何年か前に単行本で何が何だか分かんなくて、やっとで通読した時よりは読めるようになってるようである
kata__urataki吉田修一について書かれた文章見つかった! 去年の文學界4月号酒井信の吉田修一論だった! でもこれ前篇って書いてあるんですよ、多分5月号につづきが載ってるんですよ、でも私これ青木淳悟の短編目当てで買っただけだから5月号は持ってないんですよ……。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
青木淳悟さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)