トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 温又柔

温又柔

温又柔さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

温 又柔(おん ゆうじゅう、Wen Yourou、1980年5月14日- )は台湾籍の日本の小説家。
台北市に生まれ、3歳より日本に住む。両親はともに台湾人。東京都立飛鳥高等学校、法政大学国際文化学部卒業、同大学院国際文化専攻修士課程修了。学部では川村湊、大学院ではリービ英雄のゼミに所属。2009年、「好去好来歌」で第33回すばる文学賞佳作を受賞し、作家デビュー。
日本語、台湾語、中国語の飛び交う家庭に育ち、創作は日本語で行う。自身は、日本語は外国語ではないが母国語とも言い切れないと述べている。
2013年には管啓次郎、小野正嗣、木村友祐とともに高山明演出の演劇プロジェクト「東京ヘテロトピア」に参加し、東京のアジア系住民の物語を執筆した。
2016年、『台湾生まれ 日本語育ち』で第64回日本エッセイストクラブ賞受賞。2017年、「真ん中の子どもたち」で第157回芥川龍之介賞候補。2019年、文化庁長官表彰。
好きなものは、ドラえもん、THE YELLOW MONKEY、水餃子。

温又柔新刊

  • 発売日
    2019年5月23日
  • 書名
    本にまつわる世界のことば
  • イラストレーター
    長崎 訓子
  • 発売日
    2019年5月15日
  • 書名
    「国語」から旅立って (よりみちパン! セ)

受賞歴

温又柔関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.6.20 芥川・直木賞候補決まる=今村、柚木、宮内さんら

    第157回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が20日付で発表された。

  • 2016.3.31 直木賞作家、東山彰良氏が台湾で講演

    台湾が舞台の小説「流」で2015年上半期の直木賞を受賞した作家の東山彰良さんが31日、台北市の台湾大で講演し、台湾で中国大陸出身の両親の下に生まれ、日本で育った背景を念頭に「アイデンティティーの問題は最後は笑い飛ばすのがいい」と話した。

  • 2011.5.1 インタビュー 作家「温又柔」

    今年一月に刊行された温又柔氏の『来福の家』(集英社刊)には、表題作とともに「第33回すばる文学賞」の佳作として発表された「好去好来歌」が収められている。彼女のデビューを飾ったこの作品は、たしかに新しい日本語文学の到来を予感させるものだった。

温又柔関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

honzuki_jp幼児の頃に最初に覚えた言語が「母語」だとしたら・・・ 『台湾生まれ 日本語育ち/温又柔/白水社』 https://t.co/517mOwHu5X #本が好き
aalun0118台湾行きたい。 台湾で夜廻猫と温又柔の本を買って、あと花蓮行きたい。
cimu_pocket温又柔「君の代と国々の歌」に救われて、岸先生&柴崎さんの「大阪」に手にいれることのできなかった/できないものと懐かしい風景を思い出す。涙が出る。
AIkomainu温又柔、はじめて読んでる。知らなかったことがたくさんあるなぁ。
kekakaka624516温又柔著『本にまつわる世界のことば』にレビューを書きました。#本にまつわる世界のことば #NetGalleyJP https://t.co/VGRtFPC75O
radotodo[新刊発見] 2019-05-15 「国語」から旅立って 温又柔 [単行本] https://t.co/hKc1YjGIHI #sinkan
BaddieBeagle"母国語とアイデンティティ、歴史と境界線。芥川賞候補、日本エッセイストクラブ賞受賞の台湾生まれで「中国語がへたくそ」な日本語作家のライフワークを、今この国に生きる若い人たちに。「日本語は日本人のためだけのものじゃない」":温又柔『… https://t.co/f899SKUD0L
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
温又柔さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)