トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 温又柔

温又柔

温又柔さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

温 又柔(おん ゆうじゅう、Wen Yourou、1980年5月14日- )は台湾籍の日本の小説家。
台北市に生まれ、3歳より日本に住む。両親はともに台湾人。東京都立飛鳥高等学校、法政大学国際文化学部卒業、同大学院国際文化専攻修士課程修了。学部では川村湊、大学院ではリービ英雄のゼミに所属。2009年、「好去好来歌」で第33回すばる文学賞佳作を受賞し、作家デビュー。
日本語、台湾語、中国語の飛び交う家庭に育ち、創作は日本語で行う。自身は、日本語は外国語ではないが母国語とも言い切れないと述べている。
2013年には管啓次郎、小野正嗣、木村友祐とともに高山明演出の演劇プロジェクト「東京ヘテロトピア」に参加し、東京のアジア系住民の物語を執筆した。
2016年、『台湾生まれ 日本語育ち』で第64回日本エッセイストクラブ賞受賞。2017年、「真ん中の子どもたち」で第157回芥川龍之介賞候補。
好きなものは、ドラえもん、THE YELLOW MONKEY、水餃子。

温又柔新刊

  • 発売日
    2017年11月27日
  • 書名
    ユリイカ 2017年12月号 特集=カズオ・イシグロの世界
  • 発売日
    2017年7月26日
  • 書名
    真ん中の子どもたち

受賞歴

温又柔関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.6.20 芥川・直木賞候補決まる=今村、柚木、宮内さんら

    第157回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が20日付で発表された。

  • 2016.3.31 直木賞作家、東山彰良氏が台湾で講演

    台湾が舞台の小説「流」で2015年上半期の直木賞を受賞した作家の東山彰良さんが31日、台北市の台湾大で講演し、台湾で中国大陸出身の両親の下に生まれ、日本で育った背景を念頭に「アイデンティティーの問題は最後は笑い飛ばすのがいい」と話した。

  • 2011.5.1 インタビュー 作家「温又柔」

    今年一月に刊行された温又柔氏の『来福の家』(集英社刊)には、表題作とともに「第33回すばる文学賞」の佳作として発表された「好去好来歌」が収められている。彼女のデビューを飾ったこの作品は、たしかに新しい日本語文学の到来を予感させるものだった。

温又柔関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kuriokami@ajian1108 温又柔さんの『真ん中の子どもたち』のようなテーマで、中国語が飛び交っている小説の、児童向けのものが読みたいです。
tortuga_conejo「私は日本人であり、台湾人でもある」真ん中で生きるということ——芥川賞候補作家・温又柔の告白 https://t.co/AxHjOZ0ROr
Iwata_yukoぱらぱらっと立ち読みした温又柔さんの『真ん中の子どもたち』にも、「ガイジン」と呼ぶことについてのやり取りの場面があったな。
furumai_yoshiko日本語で書かれた小説だからといって、必ずしも日本人が活躍する必要はない。中華圏のヒエラルキーを感じられる良書。【読んでみました中国本】「対岸の火事」と思う人こそ読むべきお話:温又柔「真ん中の子どもたち」|ふるまいよしこ|note https://t.co/gYEmfuDnwD
ha_kkoh「私は日本人であり、台湾人でもある」真ん中で生きるということ——芥川賞候補作家・温又柔の告白 https://t.co/AlT0EPIcjG
saraCkiyo温又柔の作品の問題と何が違うというのだろう。カズオ・イシグロ作品ではメインテーマではないというのに。
kodomo_nihongo作家の温又柔さまからも、あたたかな応援メッセージをいただきました!「日本で暮らす移民の子どもたちが、かれやかのじょの心の杖となるニホン語をすくすく育んでゆけるようにといつも願ってます!」#こどものにほんご言葉の壁を、乗り… https://t.co/MwzZ7PaIJj
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
温又柔さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)