トップページ > 作家名一覧 > せから始まる作家名一覧 > 瀬戸良枝

瀬戸良枝

瀬戸良枝さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

瀬戸 良枝(せと よしえ、1978年5月14日。法政大学文学部卒業。2006年、「幻をなぐる」(「新しい歌」を改題)で第30回すばる文学賞を受賞する。
幻をなぐる(2007年1月10日、集英社、ISBN 9784087748437)
*幻をなぐる(『すばる』2006年11月号)
*鸚鵡(『すばる』2007年1月号)

受賞歴

すばる文学賞

第30回2006年

受賞

瀬戸良枝関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2006.11.1 第30回すばる文学賞・受賞者インタビュー 「瀬戸良枝」

    全編を通して、不機嫌な身体がのたうち、吠えている。受賞作『幻をなぐる』は、その不機嫌さや煩悶が読み手に皮膚感覚で伝播してくるような物語である。「太くて短い手足と、ぱんぱんに膨らんだ胴体しか持たない」滑稽で醜い身体の主人公「中川」。子供の頃から不器用で、天の邪鬼で、自ら壁を作り、誰とも親密に心を通わすことができない。

瀬戸良枝関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

InfoJunktion須永朝彦『世紀末少年誌』(ペヨトル工房、1989)瀬川深『チューバはうたうーーmit Tuba』(筑摩書房、2008)瀬川深『ミサキラヂオ』(早川書房、2009)瀬川深『我らが祖母は歌う』(朝日新聞出版、2010)瀬戸良枝… https://t.co/8OQEK8GQNp
allreviewsjp【新着】【第30回(2006年)すばる文学賞】「愚行を乗り越えようとする人物の話で、その姿は荒野で苦しむ修行者のようで、それを書けばこうなってしまい。」『幻をなぐる』(集英社) - 著者:瀬戸 良枝 - 町田 康… https://t.co/bUCBgPULcO
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
瀬戸良枝さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)