トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中上紀

中上紀

中上紀さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中上 紀(なかがみ のり、女性、1971年1月29日 - )は、日本の小説家。
中上健次・紀和鏡夫妻の子として東京都国分寺市に生まれる。高校、大学時代の10年間をカリフォルニアとハワイで過ごす。ハワイ大学芸術学部卒、東洋美術を学ぶ。アジア各地を旅行し、1999年、ビルマ紀行を上梓し、「彼女のプレンカ」ですばる文学賞受賞、以後、作家、紀行文作家として活躍する。
*イラワジの赤い花 ミャンマーの旅 (集英社、1999年)
*彼女のプレンカ (集英社、2000年 のち文庫)
*パラダイス (恒文社21、2001年)
*悪霊 (毎日新聞社、2002年)(アジア・ノワール)
*いつか物語になるまで (晶文社、2004年)
*夢の船旅 父中上健次と熊野 (河出書房新社、2004年)
*再びのソウル「記憶」 (荒木経惟と共著 アートン、2004年10月)
*アジア熱 (太田出版、2004年)
*シャーマンが歌う夜 (作品社、2005年)
*リオ 旅に出た川 (黒田征太郎絵 ニーナ・コルニエッツ訳 アートン、2005年)
*水の宴 (集英社、2005年)
*蒼の風景 (アートン、2006年)
*月花の旅人 (毎日新聞社、2007年)
*海の宮 (新潮社、2009年)
*熊野物語 (平凡社、2009年)

受賞歴

中上紀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.10.3 中上と春夫、作家の足跡に迫る…和歌山

    和歌山県新宮市出身で、戦後生まれとして初めて芥川賞作家となった中上健次の没後20年企画展「佐藤春夫から中上健次へ―熊野と『近代文学』百年」が11月、同市立佐藤春夫記念館で催される。

  • 2012.8.17 「熊野大学」講演、中上3部作と幸徳秋水

    『岬』など骨の太い小説で知られる作家の中上健次(1946~92年)が故郷の和歌山・新宮で始め、現在も続いている夏の文化講座「熊野大学」が3日から5日までの日程で開かれた。没後20年の今回は、盟友だった批評家の柄谷行人、浅田彰、渡部直己、高澤秀次、市川真人、作家の奥泉光、いとうせいこう、娘で作家の中上紀の各氏らが顔をそろえた。知的な文学論に、故人への愛情のにじむ会となった。

中上紀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

eigadaikirai「836コネ新人賞受賞という点で言えばかつてはすばる文学賞がひどい、みたいな話もあったな 中上健次の娘だから、ってだけの理由だろうみたいな感じで中上紀が受賞したり」
bungakukan夏の文学教室、8/1(水)13時からは作家、中上紀先生がご登壇。父・中上健次氏の『鳳仙花』から『熊野集』の頃について、またルポルタージュ作品「紀州 木の国・根の国物語」にも触れるとのこと。前売券販売中、講演関連書籍は文学教室ブッ… https://t.co/02Xy7qqael
komatti21時間ほどと思ってた市民図書館で思わず3時間も居てしまった。中上紀のエッセイにかじりつき。父親ゆずりの文章の妙味 https://t.co/OGDRqiXl0s
aki_u_ench「日本近代文学館」の、夏の文学教室のポスター。8月1日、中上紀さんの話を聞きに行こうとよく見たら、その翌日、8月2日はなぜこの並びなのかと。 https://t.co/5HJjC9aJu0
InfoJunktionエステルハージ・ペーテル『女がいる』(加藤由実子+ヴィクトリア・エシュバッハ=サボー訳、白水社、2014)中上紀『海の宮』(新潮社、2009)橋本治『リア家の人々』(新潮社、2010)水村美苗『母の遺産ーー新聞小説』(中央公論新社、2012)
issaku14中上健次が偉大だからといって、娘の中上紀まで持ち上げるのは絶対に間違っているよな。酔っ払ってるから本音をつぶやいちゃうな。
WikiBot_SmaPho中上健次 https://t.co/uEgZPi7rMJ 中上健次(なかがみけんじ、本名同じ、結婚前までは「なかうえ」、1946年8月2日-1992年8月12日)は、和歌山県新宮市生まれの小説家。和歌山県立新宮高等学校卒業。妻は作家の紀和鏡、長女は作家の中上紀、次女は陶芸家...
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中上紀さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)