トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中上紀

中上紀

中上紀さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中上 紀(なかがみ のり、女性、1971年1月29日 - )は、日本の小説家。
中上健次・紀和鏡夫妻の子として東京都国分寺市に生まれる。高校、大学時代の10年間をカリフォルニアとハワイで過ごす。ハワイ大学芸術学部卒、東洋美術を学ぶ。アジア各地を旅行し、1999年、ビルマ紀行を上梓し、「彼女のプレンカ」ですばる文学賞受賞、以後、作家、紀行文作家として活躍する。

受賞歴

中上紀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.10.3 中上と春夫、作家の足跡に迫る…和歌山

    和歌山県新宮市出身で、戦後生まれとして初めて芥川賞作家となった中上健次の没後20年企画展「佐藤春夫から中上健次へ―熊野と『近代文学』百年」が11月、同市立佐藤春夫記念館で催される。

  • 2012.8.17 「熊野大学」講演、中上3部作と幸徳秋水

    『岬』など骨の太い小説で知られる作家の中上健次(1946~92年)が故郷の和歌山・新宮で始め、現在も続いている夏の文化講座「熊野大学」が3日から5日までの日程で開かれた。没後20年の今回は、盟友だった批評家の柄谷行人、浅田彰、渡部直己、高澤秀次、市川真人、作家の奥泉光、いとうせいこう、娘で作家の中上紀の各氏らが顔をそろえた。知的な文学論に、故人への愛情のにじむ会となった。

中上紀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kkazz0920#文藝2022年夏季号宇佐見りんさんの熊野紀行、中上紀さんとの対談。中上健次作品を再読したくなる充実ぶりでした。熊野紀行によると明日は宇佐見りんさんの誕生日だそうで、おめでとうございます。と、明日ツイートすればいいのに。 https://t.co/7ecLuoBNBi
kumanodaigaku熊野大学公式サイトに2022熊野大学夏期特別セミナーにご登壇が決定しているゲスト講師を掲載しました。https://t.co/oUr8qlj7Tiいとうせいこう 宇多喜代子 奥泉光 紀和鏡 高澤秀次 辻本雄一 中上紀 松浦寿… https://t.co/TQ2vwZtmhQ
taro78901宇佐見りん氏の紀行文「熊野紀行 動物としての皮膚呼吸」 、中上紀氏と宇佐見りん氏の対談「響き合う『こもり』の文学」 を掲載。「文藝」2022年夏季号
noubeaw『29歳』アンソロジー作品/中上紀著、bookmarkの続き
l_elles昨晩は宇佐見りんさんと中上紀さんの対談を読んでいた。
menou_main文藝の特集。中上紀と宇佐見りんの対談。中上健次を通して浮かび上がる二人の共通点や知られざるエピソードなどもあり、実に興味深い。『岬』や『十九歳の地図』を読み返した上で、『かか』を再読してみたいと思わされる好企画。このタイミング… https://t.co/k025TMTbbD
hotitem4タクシーガール [ 梁石日 ] タクシー狂騒曲』『血と骨』の梁石日と気鋭の純文学作家・中上紀のコラボレーションによって紡がれる愛と勇気の物語。 [楽天] https://t.co/OnkTJqhgtH #rakuafl https://t.co/HyejxNyp0J
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中上紀さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)