トップページ > 作家名一覧 > どから始まる作家名一覧 > 土橋真二郎

土橋真二郎

土橋真二郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

土橋真二郎(どばししんじろう)は、日本の小説家である。東京都府中市在住。水瓶座のB型。
東京都調布市出身。調布中学校、都立三鷹高校。
第13回電撃ゲーム小説大賞金賞を受賞し、受賞作の『扉の外』(受賞時のタイトルは『もしも人工知能が世界を支配していた場合のシミュレーションケース1』)でデビュー。
『生贄のジレンマ』は金子修介監督のもと実写映画化している。

=
扉の外(全3巻、イラスト:白身魚)
# 2007年2月25日発行、ISBN 978-4-8402-3717-8
# 2007年5月25日発行、ISBN 978-4-8402-3849-6
# 2007年9月25日発行、ISBN 978-4-8402-3980-6
ツァラトゥストラへの階段(全3巻、イラスト:白身魚)
# 2007年11月25日発行、ISBN 978-4-8402-4072-7
# 2008年2月10日発行、ISBN 978-4-8402-4171-7
# 2008年9月10日発行、ISBN 978-4-0486-7223-8
ラプンツェルの翼(全4巻、イラスト:植田亮)
# 2009年2月10日発行、ISBN 978-4-0486-7527-7
# 2009年5月10日発行、ISBN 978-4-0486-7817-9
# 2009年9月10日発行、ISBN 978-4-0486-8018-9
# 2010年2月10日発行、ISBN 978-4-0486-8330-2
アトリウムの恋人(全3巻、イラスト:植田亮)
# 2011年5月10日発行、ISBN 978-4-04-870543-1
# 2011年9月10日発行、ISBN 978-4-04-870811-1
# 2012年2月10日発行、ISBN 978-4-04-886345-2
楽園島からの脱出(全2巻、イラスト:ふゆの春秋)
# 2012年5月10日発行、ISBN 978-4-04-886597-5
# 2012年8月10日発行、ISBN 978-4-04-886809-9
OP-TICKET GAME(全2巻、イラスト:植田亮)
# 2013年4月10日発行、ISBN 978-4-04-891531-1
# 2014年2月8日発行、ISBN 978-4-04-866354-0
コロシアム(全3巻、イラスト:白身魚)
# 2015年4月10日発行、ISBN 978-4-04-865054-0
# 2015年10月10日発行、ISBN 978-4-04-865445-6
# 2016年2月10日発行、ISBN 978-4-04-865754-9
女の子が完全なる恋愛にときめかない3つの理由(イラスト:白身魚)
*2016年7月9日発行、ISBN 978-4-04-892186-2
このセカイで私だけが歌ってる(イラスト:白身魚)
*2016年12月10日発行、ISBN 978-4-04-892468-9
処刑タロット(イラスト:植田亮)
*2017年11月10日発行、ISBN 978-4-04-893462-6
*2018年5月10日発行、ISBN 978-4-04-893795-5

土橋真二郎新刊

  • 発売日
    2018年6月9日
  • 書名
    処刑タロット2 (電撃文庫)
  • イラストレーター
    植田 亮
  • 発売日
    2018年5月10日
  • 書名
    処刑タロット2 (電撃文庫)
  • イラストレーター
    植田 亮
  • 発売日
    2018年1月25日
  • 書名
    普通に生きるのって意外と難しくないですか? (MF文庫J)
  • イラストレーター
    しめじ

受賞歴

土橋真二郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

土橋真二郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yutori1129土橋真二郎の処刑タロット、自分と同じ苗字出てきてなんかやだ
QMA_LN_bot【4択・分岐無】土橋真二郎のライトノベル「扉の外」に登場する「ゲーム」のルール進行を行う人工知能の名前は?→ソフィア
guruguru__【人質のジレンマ (上) (メディアワークス文庫)/土橋真二郎】を読んだ本に追加 → https://t.co/S1wG5K5QZE #bookmeter
marimo1108@aqrru 最近のものは先程のツイートを見てると思うので昔の作品で。土橋真二郎ときう作家が書いてる「扉の外」「ツァラトゥストラへの階段」が頭脳バトル系ではオススメです。学園系だと庵田定夏の「ココロコネクト」、杉井光の「さよならピアノソナタ」ですかね。在庫切れてたらすいません。
reiithi土橋真二郎先生の、「扉の外」はもっと有名になっててもいいと思うくらい出来た話だったしなんなら映画になんないかなくらい思ってた
vr707土橋真二郎 処刑タロット2 アニメイト特典の書き下ろし小説ペーパー。土橋作品で特典小説って珍しいと思うのだが 、肝心の話は…これまでの土橋氏のあとがきを読んでれば何となく察するが完全に趣味に走ったことだけは分かった。ある意味貴重なんだろうが…
inosisisi02#名刺代わりの小説10選文学少女シリーズ/野村美月嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん/入間人間扉の外/土橋真二郎キノの旅/時雨沢恵一とある飛空士への追憶/犬村小六狼と香辛料/支倉凍砂黄昏色の詠使い/細音啓長編や連… https://t.co/ctEyFzMkmB
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
土橋真二郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)