トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 上遠野浩平

上遠野浩平

上遠野浩平さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

上遠野 浩平(かどの こうへい、1968年12月12日 - )は、日本の小説家。代表作品は『ブギーポップは笑わない』、『ぼくらは虚空に夜を視る』、『殺竜事件-a case of dragonslayer』など。
1968年千葉県生まれ、神奈川県育ち。神奈川県立野庭高等学校、法政大学第二経済学部商業学科卒業。大学卒業後にビル整備会社へ勤めたものの、すぐに退社。作家としてデビューする以前には、日本ファンタジーノベル大賞、コバルト・ノベル大賞などの公募新人賞へ投稿を続けると同時にモデラーとしての活動も行っていた。
1991年、「朱金色の死神」で第3回ファンタジア長編小説大賞で最終候補作に選ばれず落選、1996年に「スーパーマジック・ハイパーマシン」が第1回ソノラマ文庫大賞最終候補作となり、翌年の1997年には『ブギーポップは笑わない』で第4回電撃ゲーム小説大賞を受賞。1998年に同作にてデビューした。同作は発売から数年間、電撃文庫で最高の発行部数を誇る作品となり、アニメ化・実写映画化などもされ、ライトノベル界に影響を与えた。ライトノベル作家である西尾維新や奈須きのこが「上遠野浩平の作品に影響された」と語っているほか、佐藤友哉も影響を受けた事が明かされている。
デビュー後しばらくは電撃文庫でライトノベルを主に執筆し、90年代後半に始まったライトノベルブームの礎を築いた重要人物の一人であるとされる。その後、講談社や徳間書店、祥伝社、富士見書房など多くの出版社やレーベルでも作品を発表するようになり、ライトノベルに限定されない活躍を見せている。

上遠野浩平新刊

  • 発売日
    2019年6月9日
  • 書名
    ブギーポップ・オールマイティ ディジーがリジーを想うとき (電撃文庫)
  • イラストレーター
    緒方 剛志
  • 発売日
    2019年5月10日
  • 書名
    ブギーポップ・オールマイティ ディジーがリジーを想うとき (電撃文庫)
  • イラストレーター
    緒方 剛志
  • 発売日
    2019年3月28日
  • 書名
    ユリイカ 2019年4月号 特集=上遠野浩平 ―『ブギーポップは笑わない』『ぼくらは虚空に夜を視る』『殺竜事件』.....真夜中に踊る小説のダンス

受賞歴

上遠野浩平関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

上遠野浩平関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

seiichitsuchiya『ユリイカ』2019年4月号(特集:上遠野浩平)を読む。
nyanyashi2上遠野浩平さんの戦地調停士シリーズ入れ忘れた!!!三毛猫より上だー!
akaeinouoところで酸素といえば上遠野浩平が『酸素は鏡に映らない』というスピンオフを発行してたのを思い出したんですけど、今読んだらどんな感想が出るんでしょうね。ちょこちょこブギーポップ本編に関わる重要な情報が出てた気がするけど、読んだの12年前だからな……
Fellen_Syawi#読んだ小説も人間性に影響するらしいのであなたの人生のベスト10を教えて【総合編】ブレイブ・ストーリー(宮部みゆき)太陽の石(乾石智子)獣の奏者(上橋菜穂子)アリス・リローデッド(茜屋まつり)ブギーポップは笑わない(上… https://t.co/y1v3qyhnxy
YreFlameこれは多分やっぱり上遠野浩平の影響がでかいと思うんだけど、「別に向こう側なんてない」「でもまあ無いんだろうなと思いながら歩いていくよね」みたいな感覚があるので
arcnight101上遠野浩平作品だったら黒髪ロングってろくな目に遭わない気しかしないんだけど
hyperboleonハイスピードSFといえば上遠野浩平の『ぼくらは虚空に夜を視る』を挙げてみる程度のトナカイ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
上遠野浩平さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)