トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 上遠野浩平

上遠野浩平

上遠野浩平さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

上遠野 浩平(かどの こうへい、1968年12月12日 - )は、日本の小説家。代表作品は『ブギーポップは笑わない』、『ぼくらは虚空に夜を視る』、『殺竜事件-a case of dragonslayer』など。
1968年千葉県生まれ、神奈川県育ち。神奈川県立野庭高等学校、法政大学第二経済学部商業学科卒業。大学卒業後にビル整備会社へ勤めたものの、すぐに退社。作家としてデビューする以前には、日本ファンタジーノベル大賞、コバルト・ノベル大賞などの公募新人賞へ投稿を続けると同時にモデラーとしての活動も行っていた。落語家の古今亭ぎん志は従兄弟にあたる。
1991年、「朱金色の死神」で第3回ファンタジア長編小説大賞で最終候補作に選ばれず落選。1996年に「スーパーマジック・ハイパーマシン」が第1回ソノラマ文庫大賞最終候補作となる。1997年、『ブギーポップは笑わない』で第4回電撃ゲーム小説大賞を受賞し、同作で1998年にデビューした。同作は発売から数年間、電撃文庫で最高の発行部数を誇る作品となり、アニメ化・実写映画化などもされ、西尾維新や奈須きのこが「上遠野浩平の作品に影響された」と語っているほか、佐藤友哉も影響を受けた事を明かしているなど、後進の作家たちに大きな影響を与えている。
デビュー後しばらくは電撃文庫でライトノベルを執筆し、90年代後半に始まったライトノベルブームの礎を築いた重要人物の一人であるとされる。その後、講談社や徳間書店、祥伝社、富士見書房など多くの出版社やレーベルでも作品を発表するようになり、ライトノベル以外でも活躍を見せている。2019年からは、バンダイのデジタルカードゲーム『ゼノンザード』で原案と世界観設定を担当。

受賞歴

上遠野浩平関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

上遠野浩平関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hana__kota上遠野浩平作品を可能な限り刊行順に沿って読んでいくチャレンジ。遂にというかようやっとこそ『ソウルドロップシリーズ』に着手。表紙の銀髪の美青年が主人公と思いきや、まさか貴方が◯◯◯でしたか・・・(今までに登場した2体とは明らかに異質で驚いている)。
QMA_LN_bot【並べ替え】上遠野浩平の小説「ソウルドロップ」シリーズで、「生命と同等の価値有あるものを盗む」という予告状を送る謎の怪盗は?→ペイパーカット |・x・)<エフェクトで上遠野浩平→かどのこうへい。
0OKfQjE8SVytC86@jonn_rock 両方あるのが当たり前で、どちらかに傾倒しすぎてはいけないという話ですよね上遠野浩平氏によるとhttps://t.co/hxajlSpJDVそんなものらしいですし
tsubaki_kロスト・メビウス読破!ジンクス・ショップへようこそ読破からだいぶ経ってしまったのはあつ森6月の虫と魚のせいです。ロストメビウス面白かったー、上遠野浩平節が全開で何度読んでも全貌が茫洋としてる難解感、イイ!言葉を弄んでいるんだろうな、本気で。冷酷になりきれない蒼衣くん実に美味しい。
soyjoy9今どき上遠野浩平作品がここまで揃ってる書店も珍しいな
daba_niku@bottikurihu 案3、上遠野浩平先生の小説で同名の作品があるから混ざっちゃうかもですね
rrrokio回転する塔のトリック、上遠野浩平っぽいなあ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
上遠野浩平さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)