トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 遠田潤子

遠田潤子

遠田潤子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

遠田 潤子(とおだ じゅんこ、1966年1月6日 - )は、日本の小説家。大阪府生まれ。大阪府在住。関西大学文学部独逸文学科卒業。
2009年、専業主婦を続ける傍ら執筆した『月桃夜』で第21回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビューする(小田雅久仁「増大派に告ぐ」と同時受賞)。選考委員の椎名誠に「これだけ緻密に奄美を描いた小説は初めて」と評される。ドストエフスキーや森鴎外の作品世界の「理不尽な何か」に惹かれ、創作活動をはじめた。2012年、『アンチェルの蝶』で第15回大藪春彦賞候補。
=
*『月桃夜』(2009年11月 新潮社 / 2015年12月 新潮文庫nex イラスト:佳嶋)
*『アンチェルの蝶』(2011年12月 光文社 / 2014年1月 光文社文庫)
*『鳴いて血を吐く』(2012年9月 角川書店)
*『雪の鉄樹 The Cycad in snow』(2014年3月 光文社)
*『お葬式』(2015年2月 角川春樹事務所)
*『蓮の数式』中央公論新社、2016年 

遠田潤子新刊

  • 発売日
    2017年4月28日
  • 書名
    冬雷

受賞歴

遠田潤子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

遠田潤子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bun_kitano【本日発売】『冬雷』遠田潤子 東京創元社『雪の鉄樹』の濃密な世界!がすごかったですね。新刊は因習に縛られた古い港町が舞台です。名家を襲う失踪事件、人生を狂わされた青年は真相を求め過去と対峙する。 https://t.co/v2lqNGsLbF
taiseido【2F売場新刊】自分の身体に流れる血、自分の身体にまとわりつくその土地の風土。その世界は残酷であり溺れるほどの甘美を読者に与えてくれる。『冬雷』(遠田潤子/著 東京創元社 1800円+税)ぜひぜひ、ご一読を。(山本) https://t.co/BOUqSmlJgI
yacky0124【月桃夜 (新潮文庫nex)/遠田 潤子】を読んだ本に追加 →https://t.co/eNdz1hXosx #bookmeter
tokyosogensha[本日発売] 『冬雷』遠田潤子 (東京創元社/四六判仮フランス装) 因習に縛られた古い港町での悲劇。濃密な人間ドラマを描く長編。 https://t.co/yDRjeafbqJ
birdgraphics⑨『冬雷』遠田潤子https://t.co/eY4DZVBSwJ 因習に縛られた古い港町の名家に引き取られた孤児の代助。家族や恋人ができ、幸せに暮らしていたが幼い義弟の失踪が原因で町を出ていくことになった。12年後、義弟が遺体で発見されたという訃報が届き…。#本日発売 #お薦め本
shinkanshoseki冬雷 - 遠田潤子(著/文) | 東京創元社: 重版出来予定  書店発売日 2017年4月28日 冬雷 (東京創元社) 遠田潤子(編著)   [文芸] https://t.co/3eb8EnYOqr
chat___noir東京創元社の遠田潤子さん「冬雷」推しが半端ないったら。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
遠田潤子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)