トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 遠田潤子

遠田潤子

遠田潤子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

遠田 潤子(とおだ じゅんこ、1966年1月6日 - )は、日本の小説家。大阪府生まれ。大阪府在住。関西大学文学部独逸文学科卒業。
2009年、専業主婦を続ける傍ら執筆した『月桃夜』で第21回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビューする(小田雅久仁「増大派に告ぐ」と同時受賞)。選考委員の椎名誠に「これだけ緻密に奄美を描いた小説は初めて」と評される。ドストエフスキーや森鴎外の作品世界の「理不尽な何か」に惹かれ、創作活動をはじめた。2012年、『アンチェルの蝶』で第15回大藪春彦賞候補。 2016年、『雪の鉄樹』(光文社文庫)で本の雑誌増刊『おすすめ文庫王国2017』第1位。2017年、『冬雷』で「本の雑誌 2017年上半期エンターテインメント・ベスト10」第2位、第1回未来屋小説大賞 。『オブリヴィオン』で「本の雑誌 2017年度ノンジャンルのベスト10」第1位。2018年、『冬雷』で第71回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門候補。
=
*『月桃夜』(2009年11月 新潮社 / 2015年12月 新潮文庫nex イラスト:佳嶋)
*『アンチェルの蝶』(2011年12月 光文社 / 2014年1月 光文社文庫)
*『鳴いて血を吐く』(2012年9月 角川書店)
*『雪の鉄樹 The Cycad in snow』(光文社、2014年3月 / 光文社文庫、2016年4月)
*『お葬式』(角川春樹事務所、2015年2月)
*『蓮の数式』(中央公論新社、2016年 / 中公文庫、2018年)
*『冬雷』(東京創元社、2017年4月)
*『あの日のあなた』(ハルキ文庫、2017年5月)
*『オブリヴィオン』(光文社、2017年10月)
*『カラヴィンカ』(角川文庫、2017年10月)(『鳴いて血を吐く』改題)

遠田潤子新刊

  • 発売日
    2018年10月11日
  • 書名
    ドライブインまほろば

受賞歴

遠田潤子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.11.15 【今週はこれを読め! エンタメ編】深い傷と再生の物語〜遠田潤子『オブリヴィオン』

    本の雑誌社の炎の営業・杉江由次さんによると、「2017年は『オブリヴィオン』を読むためにあった年」とのことである。私も今年当コーナーでご紹介してきた数々の本のことを思うとそう簡単に断言してよいのかとためらう気持ちがないではないが、認めよう。2017年は『オブリヴィオン』を読むためにあった。なんなら歴史の年表に書いてもいい。

  • 2017.7.19 作家の読書道 第185回:遠田潤子さん - 作家の読書道

    奄美の民話をベースにした深遠なファンタジー『月桃夜』で日本ファンタジー小説大賞を受賞してデビューした遠田潤子さん。その後は人間心理を丁寧に描くミステリー作品を発表、最近は文庫化した『雪の鉄樹』がヒットして話題に。非常に幅広く本を読んできた様子の遠田さん、なかでもお気に入りの作品とは?

遠田潤子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

HarotaMirai今日届いた本は、夏目漱石「こころ」と遠田潤子「月桃夜」#読書 https://t.co/RTaqiRubpi
yamamurasakiオブリヴィオン [ 遠田潤子 ]←トム・クルーズ主演のオブリビオンではナイ https://t.co/KeQGVvwnY8 #r_blog
Mossan0719【ドライブインまほろば/遠田潤子】を読んだ本に追加 → https://t.co/ORyQq9yWPe #bookmeter
ventus0520@rurune_kiri 「ドアD」怖いけど面白いですよね(^-^)好みのジャンルが分からないから何とも言えないけど厚くてしっかりしたのが好きなら遠田潤子さんの「雪の鉄樹」とかさくっと読みたいなら藤まるさんの「時給三〇〇円の死神」とかオススメです。
KMF2_UVERworld遠田潤子『ドライブインまほろば』生まれ育った環境は選べないからこそ、光は、未来は、自分自身の眼で見つければいい。いろんな親や子がいる前に、いろんな人間がいる。救い上げたくなる人もいれば、救い出してくれる人もいる。親子じゃなくても、恋人じゃなくても、友人じゃなくても。
U39rec冬雷@遠田潤子。田舎の閉塞感、愛憎、主人公の生い立ちが絡んでページをめくる手が止まりませんでした。他の遠田さんの作品も読みたいです。#冬雷 #遠田潤子 https://t.co/JAkTJoZ4NS
mamemame6201遠田潤子 雪の鉄樹 再読どこまでも鬱々と重苦しい話なのだけれど一気に読ませる。人生を償う事に費やす主人公と、ある事件の被害者である少年。父の過ちを主人公はどこまで自我を殺して代わりに償おうとするのか。最後はハッピーエンドな… https://t.co/COHNULj4Tv
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
遠田潤子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)