トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 遠田潤子

遠田潤子

遠田潤子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

遠田 潤子(とおだ じゅんこ、1966年1月6日 - )は、日本の小説家。大阪府生まれ。大阪府在住。関西大学文学部独逸文学科卒業。
2009年、専業主婦を続ける傍ら執筆した『月桃夜』で第21回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビューする(小田雅久仁「増大派に告ぐ」と同時受賞)。選考委員の椎名誠に「これだけ緻密に奄美を描いた小説は初めて」と評される。ドストエフスキーや森鴎外の作品世界の「理不尽な何か」に惹かれ、創作活動をはじめた。2012年、『アンチェルの蝶』で第15回大藪春彦賞候補。
=
*『月桃夜』(2009年11月 新潮社 / 2015年12月 新潮文庫nex イラスト:佳嶋)
*『アンチェルの蝶』(2011年12月 光文社 / 2014年1月 光文社文庫)
*『鳴いて血を吐く』(2012年9月 角川書店)
*『雪の鉄樹 The Cycad in snow』(2014年3月 光文社)
*『お葬式』(2015年2月 角川春樹事務所)
*『蓮の数式』中央公論新社、2016年 

受賞歴

遠田潤子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.11.15 【今週はこれを読め! エンタメ編】深い傷と再生の物語〜遠田潤子『オブリヴィオン』

    本の雑誌社の炎の営業・杉江由次さんによると、「2017年は『オブリヴィオン』を読むためにあった年」とのことである。私も今年当コーナーでご紹介してきた数々の本のことを思うとそう簡単に断言してよいのかとためらう気持ちがないではないが、認めよう。2017年は『オブリヴィオン』を読むためにあった。なんなら歴史の年表に書いてもいい。

  • 2017.7.19 作家の読書道 第185回:遠田潤子さん - 作家の読書道

    奄美の民話をベースにした深遠なファンタジー『月桃夜』で日本ファンタジー小説大賞を受賞してデビューした遠田潤子さん。その後は人間心理を丁寧に描くミステリー作品を発表、最近は文庫化した『雪の鉄樹』がヒットして話題に。非常に幅広く本を読んできた様子の遠田さん、なかでもお気に入りの作品とは?

遠田潤子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

chiyokoraito遠田潤子の愛憎もりもりの話もすきだが、小川洋子の静謐な狂気も好きだ……。
kawaitomoko54『冬雷』に続いて読んだ遠田潤子作品は、『アンチェルの蝶』(光文社、2011年)。愛情に恵まれずに育った人間がどう生きていくのか。遠田作品の一貫したテーマで、わずかながら希望の光が見える結末が読者を中毒患者にさせているかも。こんな作… https://t.co/fYjIZSzFFj
amanyoccy【月桃夜/遠田 潤子】お気に入りさんにオススメいただいた本。ファンタジーノベル大賞受賞作だそうですが、一言でファンタジーと括ってしまえない日本(奄美)の債務奴隷の歴史が綴られています。兄と妹とし… → https://t.co/MKjQurWO4g #bookmeter
Kasaki003全人類遠田潤子先生の小説読んでほしい
cilaudicha移動中に積み本消化。途中ドロドロでめっちゃ胸糞悪いのに、最後の僅かな救いで浄化される遠田潤子さん作品のすっかり中毒。ミステリ要素も少なからずあって気持ちいいー
gosui__madoromi@Ossssakkkki 大崎さんは遠田潤子さんの作品は読んだ事ありますか?オススメはアンチェルの蝶です!最初はぼかされている凄惨な過去が詳らかになっていく様に、息を飲みました熱量を沢山消費しますよ₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
遠田潤子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)