トップページ > 作家名一覧 > にから始まる作家名一覧 > 西崎憲

西崎憲

西崎憲さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

西崎 憲(にしざき けん、1955年 - )は、日本の小説家、翻訳家、作曲家。音楽レーベル「dog and me rocords」主宰。文学ムック『たべるのがおそい』(書肆侃侃房)編集長。
青森県つがる市生まれ。青森県立鰺ヶ沢高等学校卒業。ミュージシャンを目指して上京し、1985年にうしろゆびさされ組『女学生の決意』(秋元康作詞、アニメ『ハイスクール!奇面組』EDテーマ)で作曲家デビューを果たす。
英米の幻想文学や恐怖小説を愛読しており、それが高じて自ら翻訳を行うようになる。本格的に英語の勉強を始めたのは27歳の時で、当初は"thought"は"think"の過去形であることを知らなかったレベルだったというが、勉強の末に出版社に翻訳の企画を持ち込み認められるまでになる。ジェラルド・カーシュの作品を多く手がけている。
2002年『世界の果ての庭』で第14回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、小説家としてもデビュー。また、80年代から歌誌「かばん」に所属して歌人としても活動している。その関係から穂村弘と長い交友があり、彼のエッセイにしばしば登場する。堀江由衣や野中藍のアルバムにもアレンジャーとして携わっている。
2015年、第一回日本翻訳大賞を創設して、みずから選考委員に。歌人集団『かばん』購読会員として「フラワーしげる」名義で歌人としても活動。
=
*『世界の果ての庭 ショート・ストーリーズ』新潮社 2002
*『蕃東国年代記』新潮社 2010
*『ゆみに町ガイドブック』河出書房新社 2011
*『飛行士と東京の雨の森』筑摩書房 2012
**理想的な月の写真(初出:文學界2004年5月号)
*『ビットとデシベル』(歌集、フラワーしげる名義) 書肆侃侃房 2015

受賞歴

西崎憲関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

西崎憲関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sato_q_book「本と迷路がひとつのことを意味するとは誰も考えなかった」。西崎憲編集長が新たに訳したボルヘスの「あまたの叉路の庭」(〈八岐の園〉として知られる名作)の、その一文に『たべるのがおそい vol.6』の狙いが凝縮されている。私は迷路の一… https://t.co/3Mm2hcQPA5
sonenkofu『ゆみに町ガイドブック』西崎憲著を読むhttps://t.co/5LQKqVfr1h
AKB4824261522[アンソロジーx西崎憲] 怪奇小説の世紀 第01-03巻 https://t.co/Op5fjqmAx1 https://t.co/8YL535LIfd
SmS7gTOKYO BOOK PARKへ。青いカバさんのところより、西崎憲先生が度々名前を上げるので気になっていたフラナリー・オコナー全短編を。 https://t.co/9Ji0Q7xKvz
ramuramu【ハイキング (惑星と口笛ブックス)/相川英輔】作家・翻訳家の西崎憲による電子書籍レーベルから刊行された短編集。「雲を離れた月」が面白かったので、既刊の本書も読んでみた。日常の中にスルッと入り込… → https://t.co/8wbUHgwssr #bookmeter
noe_y_imagin【世界の果ての庭―ショート・ストーリーズ/西崎 憲】を読んだ本に追加 → https://t.co/Uwf2Vv13Gm #bookmeter
Aoyama_bookエッセイ・林由紀子さん 吉野仁さん 翻訳・メアリー・エリザベス・カウンセルマン 狩野一郎さん 訳 ホルへ・ルイス・ボルヘス 西崎憲さん 訳を収録。ぜひ。(山下)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
西崎憲さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)