トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 佐藤亜紀

佐藤亜紀

佐藤亜紀さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

佐藤 亜紀(さとう あき、1962年9月16日 - )は、日本の小説家。新潟県栃尾市(現長岡市)出身。
夫は、1993年に『イラハイ』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞した佐藤哲也。
栃尾市立栃尾中学校、新潟県立長岡大手高等学校を経て成城大学文芸学部卒業。同大学院文学研究科博士前期課程(修士課程)修了。専攻は18世紀美術批評。大学院修了後の1988年 - 1989年にはロータリー財団奨学金を得て、フランスに留学。
1991年、『バルタザールの遍歴』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞。以後『戦争の法』『鏡の影』などの作品を主に新潮社より発表するが、1999-2000年頃に『鏡の影』が絶版になると、著書の版権を引き上げ同社との関係を断つ(詳細は後述)。
2002年に5年ぶりの長編『天使』を上梓し、第53回芸術選奨新人賞(平成14年度)受賞。2004年にはその『天使』の姉妹編である『雲雀』、2006年には初の評論集となる『小説のストラテジー』を刊行した。2007年刊行の『ミノタウロス』は高い評価を受け、第29回吉川英治文学新人賞、2007年「本の雑誌が選ぶノンジャンルのベストテン」1位を受賞した。
1999年から2005年まで早稲田大学文学部文芸専修の講座において、小説の創作指導を担当(2002年4月以降は客員教授)。2007年4月より明治大学商学部特別招聘教授として「特別講義」を実施。2008年、2009年にも5月から5回の特別講義を実施した。

受賞歴

佐藤亜紀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

佐藤亜紀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tonton1965佐藤亜紀は純文学コンプレックスだから直木賞とか言われると実は嫌なんだが豊崎を敵にしたくないので言わずにいる
consaba「ファン・デールの子供たちはどちらも色の薄い、未晒しの亜麻糸のような髪をしていた。姉のヤネケはそれをお下げにし、弟のテオは短く刈り上げていた──ある日いきなり、一人で剃刀を使って剃り上げてしまってからは。」佐藤亜紀「喜べ、幸なる魂よ」https://t.co/GRGwDJ8Z5u
snowystreetParadiseルーカス・クラナッハ(父)《楽園》1530年ウィーン 美術史美術館https://t.co/dNbUE4cMaX佐藤亜紀『喜べ、幸いなる魂よ』第1回最後の印象はこれになった。もしくはこっちか?ルーカ… https://t.co/kIKZIXNYCp
hacienda24hour無事にクーポンを手に入れたけども、初回のみ70%オフってことは、100冊一気に購入しなければならない…どうしよう…急に選べと言われてもとりあえず小説も買えるっぽいので、皆川博子先生と佐藤亜紀先生の御本でまだ未読だったものをカー… https://t.co/rgNH45LaKA
4tSFiL6lM50gThLバルタザールの遍歴佐藤亜紀さんデビュー作ミノタウロスしか読破してませんが、なかなかこちらも面白く https://t.co/paWX2PFndB
shikizitsuそもそも史実に基づいていることは読んでる途中で知ったのだが、“黄金列車”にまつわるミステリー自体にも興味出てきますわな、これ。佐藤亜紀さんのおかげで、カタカナアレルギーもだいぶ消え失せてきた気がするし、さあ、この勢いで積ん読のガイブン読むか!
sai_torihttps://t.co/1LZCBHYGUJ 佐藤亜紀の新連載が始まってた
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    佐藤亜紀さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)