トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 伽古屋圭市

伽古屋圭市

伽古屋圭市さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伽古屋圭市 (かこや けいいち、1972年4月25日 - )は日本の推理作家、パチプロ、元公務員。
date=2013年3月|section=1
*『パチンコと暗号の追跡ゲーム』で宝島社主催の第8回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞を受賞。
*大阪府出身、東京都在住。
*2000年の3月末に9年間勤めた役所を退職。その後、神戸、神奈川、福岡と全国を放浪し、現在はパチプロとして生計を立てている。
*2010年7月、NDS用ソフト『ゴーストトリック』ディレクター巧舟との対談を行う。
*2010年7月、これまで住んでいた愛知県名古屋市から東京都へ移住した。
*同じ第8回このミス大賞出身の太朗想史郎、中山七里、七尾与史、第9回このミス大賞出身の佐藤青南とはプライベートでも仲がよく、高橋由太とはツイッター仲間である。

伽古屋圭市新刊

  • 発売日
    2017年8月23日
  • 書名
    散り行く花

受賞歴

伽古屋圭市関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

伽古屋圭市関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tomoyukintoki芸術はときにモラルや法律と対立する。ミステリー界の俊英・伽古屋圭市が放つ最新作『散り行く花』(伽古屋圭市/講談社)は、殺人を犯した4人のヒロインの危うい美しさを正面から扱い、読者の良識をぐらぐらと揺さぶる時代ミステリー作品だ。
AshizawaYou今日は同業の方では、伽古屋圭市さん、谷津矢車さんが遊びに来てくださいました。ありがとうございました。伽古屋さんの『散り行く花』(講談社)谷津さんの『某には策があり申す 島左近の野望』(角川春樹事務所)もぜひ!
yatsuyagurumaそしてたまたま会場にお越しであった伽古屋圭市先生から評判の新刊「散り行く花」(講談社)をご恵贈。伽古屋先生、ありがとうございました!
blue_airship伽古屋圭市『散り行く花』を読み終えた。とにかく第三話「柚ノ手」の出来が良く、集中最もきれいに話をまとめた上でサプライズも成功させているように思う。ある登場人物の造形が雑ではあるまいかと考えていたら、結末で見事にひっくり返された気分になりました。集中四編いずれも気合が籠もっていて、
shosen_bt[1F/サイン本]伽古屋圭市先生に御来店頂き、新刊『散り行く花』(講談社)のサイン本を作って頂きました!先生、講談社様ありがとうございます!1Fにて販売開始です! https://t.co/1Dz1ixu6kM
Izumi_Aizawa待ちに待った伽古屋圭市さんの新刊。ブクログレビュー一番乗り!(笑)時は大正。主役は人を殺した女性...『散り行く花』伽古屋 圭市 https://t.co/l5ZH7WdMQ2
ikehon_sanseido伽古屋圭市さんにご来店いただき『散り行く花』のサイン本をおつくりいただきました!大正時代を舞台に、罪を犯す抑圧された女性と、推理によって彼女たちを解放する探偵。しかもその探偵は美人画で有名なあの絵師とのこと…!伽古屋さん、ありがと… https://t.co/Z5RgGrMWL1
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伽古屋圭市さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)