トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 伽古屋圭市

伽古屋圭市

伽古屋圭市さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伽古屋圭市 (かこや けいいち、1972年4月25日 - )は日本の推理作家、パチプロ、元公務員。
date=2013年3月|section=1
*『パチンコと暗号の追跡ゲーム』で宝島社主催の第8回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞を受賞。
*大阪府出身、東京都在住。
*2000年の3月末に9年間勤めた役所を退職。その後、神戸、神奈川、福岡と全国を放浪し、現在はパチプロとして生計を立てている。
*2010年7月、NDS用ソフト『ゴーストトリック』ディレクター巧舟との対談を行う。
*2010年7月、これまで住んでいた愛知県名古屋市から東京都へ移住した。
*同じ第8回このミス大賞出身の太朗想史郎、中山七里、七尾与史、第9回このミス大賞出身の佐藤青南とはプライベートでも仲がよく、高橋由太とはツイッター仲間である。

伽古屋圭市新刊

  • 発売日
    2017年8月23日
  • 書名
    散り行く花

受賞歴

伽古屋圭市関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

伽古屋圭市関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rumi_ssmkj11月6日『散り行く花』伽古屋圭市読了。サスペンス。罪を犯した女達を探偵が暴いていく。探偵は私でも分かった美人画で有名なあの人。容赦なく罪を暴く割に償わせる氣はない。隠していた罪から解放された姿を描ければ後はどうでもいいという。でもその探偵らしくないところに救いがある。
mysteryEQ【エロミス研ランキング】1:辻真先「義経号、北溟を疾る」/2:早坂吝「双蛇密室」/3:獅子宮敏彦「上海殺人人形(ドール)」/4:伽古屋圭市「散り行く花」/5:小林泰三「わざわざゾンビを殺す人間なんていない。」 #air_mys_ken
lonllywolf3日遅れだがやっておこう!10月に出逢えた良作たち。『阪堺電車177号の追憶』山本巧次。前作もそうだがとにかく小説として素晴らしい。また好きな作家さんが増えてしまった!『散り行く花』伽古屋圭市。本格味に溢れた秀作、本年度ベスト10には入れたい(^u^)『NO推理、NO探偵?』→
harousumisu1伽古屋圭市『散り行く花』読了。女達の背負う罪を美人画絵師が解く倒叙ミステリ。事情を見抜いた上でその先にある疑問を炙り出す1話。目前に下がる事実を勘付かせない2話。ミスリードがそのまま伏線と化しまんまと嵌る3話。別々に語られた2つの物語が重なり像を作る4話。今年度十指に入る本格。
rikaeru_0902伽古屋圭市「からくり探偵・百栗柿三郎」読了。面白かった~♪(^^)柿三郎と千代ちゃん…そういう展開⁉個人的には意外だった❗ https://t.co/Cwq19cNs7k
jawp_shiritori伽古屋圭市 かこや けいいち https://t.co/Cda69ffEK9 伽古屋圭市 (かこや けいいち、1972年4月25日 - )は日本の推理作家、パチプロ、元公務員。
usa_m『散り行く花』(伽古屋圭市/講談社)読了。大正時代、殺人を犯した女性の前に現れその絵を描くと同時に彼女らの罪や哀しみを明らかにしていく人気絵師、という連作倒叙ミステリー短編集。雰囲気や謎解きがなかなかよかったな~。一話目と二話目が特にいい。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伽古屋圭市さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)