トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 東山彰良

東山彰良

東山彰良さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

東山 彰良(ひがしやま あきら、本名:王 震緒、1968年9月11日 - )は、台湾出身の日本の小説家。福岡県小郡市在住。
1968年、中国人の両親のもと台湾で生まれ、5歳まで台北市で過ごした後、広島の大学院で修学していた両親に引き取られ広島に移住。父親の王孝廉は1949年に台湾に移り教師となり、1973年に日本に移り住んだ。
筆名の「東山」は祖父の出身地である中国山東省から、「彰良」は父親が暮らした地であり、母親の出身地でもある台湾の彰化に由来する。西南学院中学校・高等学校、西南学院大学経済学部経済学科卒業。1995年に西南学院大学大学院経済学研究科修士課程を修了し、吉林大学経済管理学院博士課程に進むが中退。
2002年、「タード・オン・ザ・ラン」で第1回『このミステリーがすごい!』大賞の銀賞および読者賞を受賞。同作は『逃亡作法 - TURD ON THE RUN』と改題して出版され、20万部突破のベストセラーとなった。現在は非常勤講師として西南学院大学など複数の大学で中国語を教えている。また、福岡県警にて中国人容疑者の通訳を務めていた経験もある。
酒好きで特にテキーラを好み、テキーラ・マエストロの資格をもつ。

東山彰良新刊

  • 発売日
    2018年1月11日
  • 書名
    さようなら、ギャングランド (光文社文庫)

受賞歴

東山彰良関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

東山彰良関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nippon_ja新刊『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』で問い直す戦後日本と台湾(ジャーナリスト・野嶋剛)。蓮舫さん、東山彰良さん、ジュディ・オングさんなど、台湾出身で日本在住の多様な「タイワニーズ」の来歴や足跡を辿る。https://t.co/4MvCINYXDe
meminisseiuvabtだれかの絶望はいつだってだれかの希望なの『路傍』東山 彰良
bunshun_senden【6月24日10:00~10:30】TOKYO FMの番組パナソニックメロディアスライブラリーで、作家の小川洋子さんに 東山彰良『僕が殺した人と僕を殺した人』をご紹介いただきます。作品からイメージされる音楽も一緒にお楽しみください… https://t.co/vESQ78qc3E
idepopver6ブコウスキーのファンってだけで好きになるんだが、東山彰良が脚本書いてるNARUTOの映画も見たいなーと思いました
QMA_Mys_Bot2[エフェ]2009年に『路傍』で大藪春彦賞を受賞した作家「東山 彰良」→ ひがしやまあきら
fumakiller3456『そんなことくらいで魂は汚れたりしない』東山彰良 罪の終わり
vasco_1970ノワールといっても軽量級、中量級、重量級からあるしね。東山彰良先生の初期作は軽量級だったけど、その背景としてきちんと犯罪をせにゃならん理由、日々の生活の抑圧やそこから生じる犯罪者の怒りはきちんと捉えてて、その上でアホでもあるんで喜劇的な展開になってしまう、というのがあった。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
東山彰良さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)