トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 東山彰良

東山彰良

東山彰良さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

東山 彰良(ひがしやま あきら、本名:王 震緒、1968年9月11日 - )は、台湾出身の日本の小説家。福岡県小郡市在住。
1968年、中国人の両親のもと台湾で生まれ、5歳まで台北市で過ごした後、広島の大学院で修学していた両親に引き取られ広島に移住。父親の王孝廉は1949年に台湾に移り教師となり、1973年に日本に移り住んだ。
筆名の「東山」は祖父の出身地である中国山東省から、「彰良」は父親が暮らした地であり、母親の出身地でもある台湾の彰化に由来する。西南学院中学校・高等学校、西南学院大学経済学部経済学科卒業。1995年に西南学院大学大学院経済学研究科修士課程を修了し、吉林大学経済管理学院博士課程に進むが中退。
2002年、「タード・オン・ザ・ラン」で第1回『このミステリーがすごい!』大賞の銀賞および読者賞を受賞。同作は『逃亡作法 - TURD ON THE RUN』と改題して出版され、20万部突破のベストセラーとなった。現在は非常勤講師として西南学院大学など複数の大学で中国語を教えている。また、福岡県警にて中国人容疑者の通訳を務めていた経験もある。
酒好きで特にテキーラを好み、テキーラ・マエストロの資格をもつ。

受賞歴

東山彰良関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

東山彰良関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Haru_Hira58あと東山彰良の『僕が殺した人と僕を殺した人』。文体が惑わせるように書いてあるから、誰かな?こいつかな?って考えながら読むのが楽しかった。サスペンスなんだろうけど、鉄さびの匂いがついたサイダーみたいな薄汚れた爽やかな青春や友情が一番の見どころだったと思う
wassyooo_i【小説 野性時代 第178号 2018年9月号 (KADOKAWA文芸MOOK 180)】時代設定に必然性を感じられなかったし東山彰良さん初の幕末時代小説は不発だった。 → https://t.co/IdghHVsDFu #bookmeter
non_poli_impo@baizu812 東山彰良ちょうおもしろいぜ。
Namimagazineエルモア・レナード著/村上春樹訳『オンブレ』(新潮文庫)の評者は東山彰良さん!/ジョン・ラッセルは無口な奴(波2018年2月号)https://t.co/6rDrHzwFJF
rkbrock「東山彰良 イッツオンリーロックンロール」リスナーの皆さまに支えられ、まもなく番組スタートから100回目を迎えます。Thank You To All Our Listeners And Supporters. 希望・要望もお待ちしています。
milk_ninja_bot小説を書き進めていて平和を守ってくれるとはまるでFFゲームスタート時に解散するお茶会でいい。ただ「ご冥福」をとった東山彰良の『光圀伝』を読むためにぼくは肉を食う。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
東山彰良さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)