トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 東山彰良

東山彰良

東山彰良さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

東山 彰良(ひがしやま あきら、本名:王 震緒、1968年9月11日 - )は、台湾出身の日本の小説家。福岡県小郡市在住。
1968年、中国人の両親のもと台湾で生まれ、5歳まで台北市で過ごした後、広島の大学院で修学していた両親に引き取られ広島に移住。父親の王孝廉は1949年に台湾に移り教師となり、1973年に日本に移り住んだ。
筆名の「東山」は祖父の出身地である中国山東省から、「彰良」は父親が暮らした地であり、母親の出身地でもある台湾の彰化に由来する。西南学院中学校・高等学校、西南学院大学経済学部経済学科卒業。1995年に西南学院大学大学院経済学研究科修士課程を修了し、吉林大学経済管理学院博士課程に進むが中退。
2002年、「タード・オン・ザ・ラン」で第1回『このミステリーがすごい!』大賞の銀賞および読者賞を受賞。同作は『逃亡作法 - TURD ON THE RUN』と改題して出版され、20万部突破のベストセラーとなった。長らく非常勤講師として西南学院大学など複数の大学で中国語を教えていたが、2019年より専業作家となった。また、福岡県警にて中国人容疑者の通訳を務めていた経験もある。
酒好きで特にテキーラを好み、テキーラ・マエストロの資格をもつ。

東山彰良新刊

  • 発売日
    2019年7月26日
  • 書名
    越境
  • 発売日
    2019年3月8日
  • 書名
    ありきたりの痛み (文春文庫)
  • 発売日
    2019年3月8日
  • 書名
    ありきたりの痛み (文春文庫)

受賞歴

東山彰良関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

東山彰良関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sakaeru_sakai6月28日(金)、午前10時30分~正午、中央図書館(堺区大仙中町18)1階集会室で、「読書会」が開催されるよ
sakura_551登場人物も現れるかも 東山彰良さんと歩く 作品の舞台:朝日新聞デジタル https://t.co/Ws7VW4c8zX
okiraku_tw朝日新聞デジタル「「これぞ定番」 東山彰良さんと行く 台湾ソウルフード」 https://t.co/aTjjJpoM9x朝日新聞デジタル「登場人物も現れるかも 東山彰良さんと歩く 作品の舞台」 https://t.co/0HoMAKkEdz動画。
funkin4hk台湾の早餐なら甜豆漿と蛋餅派。さらにいえば油條は粥に入れる派だけど燒餅油條はあまり見かけなかったな。「これぞ定番」 東山彰良さんと行く 台湾ソウルフード:朝日新聞デジタル https://t.co/Bfnw2ARDpc
bs_yasagure登場人物も現れるかも 東山彰良さんと歩く 作品の舞台:朝日新聞デジタル https://t.co/D4KA7I1q5W
asahicom登場人物も現れるかも 東山彰良さんと歩く 作品の舞台https://t.co/lWNGpw0qAQ直木賞受賞作「流」で主人公と幼なじみの恋人がひとときを過ごす台北植物園、「僕が殺した人と僕を殺した人」で少年たちが神様におうか… https://t.co/OChH31OOD3
F__uw@12345 - 登場人物も現れるかも 東山彰良さんと歩く 作品の舞台 -
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
東山彰良さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)