トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小林恭二

小林恭二

小林恭二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小林 恭二(こばやし きょうじ、1957年11月9日 - )は、日本の小説家、俳人。専修大学文学部教授。メタ・フィクション的なユーモアに富んだ作風で知られる。
兵庫県西宮市生まれ。父親は神戸製鋼専務取締役を務めた小林俊夫。父は奇矯な人物で、第一高等学校在学時代に橋川文三と親友になり、1970年三島由紀夫が自殺した際、橋川が父のところへ来たという。
東京大学文学部美学芸術学専修課程卒業。同学科に宮城聰がいた。東京大学在学中には東大学生俳句会に所属し、のちに『俳句という遊び』『短歌パラダイス』といった著作で、「句会」「歌会」の楽しさを一般に紹介する。
1984年に『電話男』第3回海燕新人文学賞を受賞してデビュー。1985年には『小説伝』が第94回芥川賞候補となった。
1998年、第11回三島由紀夫賞を『カブキの日』で受賞。その前には作家廃業を考え、筒井康隆に相談して慰留されたという。
2004年専修大学教授となる。
筒井康隆、堀晃、薄井ゆうじ、佐藤亜紀との5名で、「JALInet」(JAPAN LITERATURE net)を創設。

受賞歴

小林恭二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

小林恭二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

smizunumanそういえば(笹井→新鋭→東の流れで)ヴァーサスの創刊号で枡野さんが各歌人にしてたコメントのとりわけ東さんへのがおもしろかった。『春原さん』小林恭二に気を使いすぎじゃね?と思っていたので
kamawanujp@ponteripon 小林恭二「ゼウスガーデン衰亡史」という突然変異について。
jyu_yon_sai小林恭二『ゼウスガーデン衰亡史』めちゃくちゃ面白そうなんだが
tuyuki888【小説伝;純愛伝/小林 恭二】を読んだ本に追加 → https://t.co/RWPKRxJC4y #bookmeter
Trichoplacidae『角川俳句ライブラリー これが名句だ!』小林恭二(著)『杉田久女、橋本多佳子、寺山修司など16名の個性派俳人の名句を読み解く。名句はなにゆえ名句なのか。俳人の内側にまで迫る確かな筆致で広がる名句の世界。はっと驚き、すとんと納得。… https://t.co/JyTzeDZFWM
Rigen112#名刺代わりの小説10選円城塔:良い夢を持っている,Self‐Reference ENGINE森博嗣:女王の百年密室小林恭二:カブキの日牧野修:月世界小説京極夏彦:魍魎の匣殊能将之:鏡の中は日曜日 麻耶雄嵩:メルカト… https://t.co/ZNDbWDINxs
H0eru『死に急ぐ鯨たち』収録のインタビューに聞き手として小林恭二が突如登場してきて思わず「ファッ!?」と声を出してしまった
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小林恭二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)