トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小林恭二

小林恭二

小林恭二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小林 恭二(こばやし きょうじ、1957年11月9日 - )は、日本の小説家、俳人。専修大学文学部教授。メタ・フィクション的なユーモアに富んだ作風で知られる。
兵庫県西宮市生まれ。父親は神戸製鋼専務取締役を務めた小林俊夫。父は奇矯な人物で、第一高等学校在学時代に橋川文三と親友になり、1970年三島由紀夫が自殺した際、橋川が父のところへ来たという。
東京大学文学部美学芸術学専修課程卒業。同学科に宮城聰がいた。東京大学在学中には東大学生俳句会に所属し、のちに『俳句という遊び』『短歌パラダイス』といった著作で、「句会」「歌会」の楽しさを一般に紹介する。
1984年に『電話男』第3回海燕新人文学賞を受賞してデビュー。1985年には『小説伝』が第94回芥川賞候補となった。
1998年、第11回三島由紀夫賞を『カブキの日』で受賞。その前には作家廃業を考え、筒井康隆に相談して慰留されたという。
2004年専修大学教授となる。
筒井康隆、堀晃、薄井ゆうじ、佐藤亜紀との5名で、「JALInet」(JAPAN LITERATURE net)を創設。

小林恭二新刊

  • 発売日
    2019年8月31日
  • 書名
    小説集 明智光秀

受賞歴

小林恭二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

小林恭二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kobe_urako短歌パラダイス 小林恭二 歌人の豊かな表現力に圧倒される https://t.co/PXAhkOII9J
yumicomachi #冨川折本 新刊がBOOK☆WALKER でリリースされました。短歌は私が18才のとき月刊MOEの文藝欄に掲載され選者の小林恭二さんに「北のロマンティシズムを感じます」と講評していただいたものです。物語と短歌の距離感が心地よい一冊… https://t.co/NGYdOuJ7gQ
KijimaTaizo承前)小林恭二氏のオビ文を引いておきます――「新興俳句運動を可視的な時代性と対比検証することで文学史上の位置測定を試みた。野心的かつ緻密で詩的な評論集だ」←著者は新興俳句の系譜を継ぐ俳人さんなので賛辞に「詩的な」が入る。俳句史… https://t.co/Wj37ofCb33
mukmukclub@kubotakashi6074 んなわけないでしょ。NHKの銅版画教室で、ゲストの小林恭二が余りにもドンくさいので山本が大笑いしたら、小林がキレてて面白かった。
tamentaikun明智光秀 小説集(作品社)を読みました。「謎に満ちた前半生。なぜ謀叛を起こしたのか。本能寺の変後は。豪華作家陣(菊池寛、八切止夫、新田次郎、岡本綺堂、滝口康彦、篠田達明、南條範夫、柴田錬三郎、小林恭二、正宗白鳥、山田風太郎、山岡… https://t.co/CaBb44voni
yossy_dr【定期】好きな作家 志賀直哉/夏目漱石/谷崎潤一郎/三島由紀夫/大江健三郎/中上健次/星新一/村上春樹/谷川俊太郎/筒井康隆/高橋源一郎/島田雅彦/小林恭二/橋本治/川上弘美/江國香織
_czk4aミヤギサトシや、、小林恭二の一人芝居やってた頃とあんまり変わっていない驚き
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小林恭二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)